『ドキドキ文芸部!』の「モニカ」が“ねんどろいど”になって登場。2月15日お昼ごろに予約受付を開始

 グッドスマイルカンパニーは、ビジュアルノベル『ドキドキ文芸部!』から「モニカ」の2.5頭身デフォルメフィギュア「ねんどろいど」を発売すると発表した。

 予約受付は2月15日(火)昼ごろに開始される予定だ。

 『ドキドキ文芸部!』(原題『Doki Doki Literature Club!』)は、2017年にPC向けにフリーゲームとしてリリースされたビジュアルノベル。また2021年には追加要素を加えたPC、家庭用ゲーム機向けタイトル『ドキドキ文芸部プラス!』も発売されている。

 作中ではとある学校の文芸部に入部した主人公が、女の子たちと交流しながら、詩と恋愛が織りなすほのぼのとしたストーリー、そして恐怖が描かれる。

『DDLC』モニカの「ねんどろいど」2月15日から予約を受付_001
(画像はTwitterより)
『DDLC』モニカの「ねんどろいど」2月15日から予約を受付_002
(画像はTwitterより)

 今回、“ねんどろいど”化されるモニカは文芸部の部長を務める女の子。次の文化祭に備えて準備をしており、入部したばかりの主人公を優しくリードしてくれる存在だ。

 製品化は昨年に発表されていたが、ついに完成形がお披露目となった形だ。

『DDLC』モニカの「ねんどろいど」2月15日から予約を受付_003
(画像はTwitterより)
『DDLC』モニカの「ねんどろいど」2月15日から予約を受付_004
(画像はTwitterより)
『DDLC』モニカの「ねんどろいど」2月15日から予約を受付_005
(画像はTwitterより)

 公開されたトレーラーでは可愛い雰囲気とともに、不気味さ交えたゲームを象徴する映像となっている。なお、価格やサイズなど商品の詳細は明かされていない。

 モニカのねんどろいどは2月15日(火)昼ごろに予約受付を開始する。興味があればお昼休みにねんどろいどの公式サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ