2Dアクションを原作とするNetflixアニメ『ザ・カップヘッド・ショウ!』の配信がスタート。カップヘッドとマグマンの吹き替えは花江夏樹さんと小野賢章さんが担当

 映像配信サービスを提供するNetflixは2月18日(金)、2Dアクションゲーム『Cuphead』を原作とするアニメシリーズ『ザ・カップヘッド・ショウ!(The Cuphead Show!)』配信を開始した。シーズン1は1話につき約15分の全12エピソードで構成されている。

Netflixアニメ『ザ・カップヘッド・ショウ!』の配信がスタート_001
(画像はTwitter「Netflix Japan Anime(@NetflixJP_Anime)」より)

 カナダの開発スタジオ「Studio MDHR」が制作した『Cuphead』は、1930年代のカートゥーンをイメージした手書きのグラフィックとジャズ・ブルース調で展開を彩る楽曲、そして高難度をのアクション特徴とした作品である。今回のアニメシリーズについては『ポパイ』『フラッシュ・ゴードン』などのカートゥーン作品で知られるKing Features Syndicateが制作を担当。ネットフリックスとStudio MDHRも制作に携わっている。

 Netflixのアニメ公式Twitterアカウント(@NetflixJP_Anime)によると、主人公の「カップヘッド」はアニメ『鬼滅の刃』で主人公役を演じている花江夏樹さんが務めているほか、弟の「マグマン」をアニメ『黒子のバスケ』や映画『ハリー・ポッター』シリーズで知られる小野賢章さんが担当。ほかにも堀内賢雄さん、中井和哉さん、宝亀克寿さん、佐倉綾音さんなど、映画・アニメで活躍する豪華キャストを起用しているようだ。

 アニメ『ザ・カップヘッド・ショウ!』は2月18日(金)からNetflixで公開中。サービスを契約している方やトライアルの権利が残っている方はこの機会にチェックしておくとよいだろう。

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ