KADOKAWA、バンダイナムコHDの株価が急騰。『エルデンリング』効果か

 ついに2月25日に発売されたフロム・ソフトウェアの新作アクションRPG『エルデンリング』
 待望の最新作の発売に前後して、同社の親会社であるKADOKAWA、ならびに同作のパブリッシャーであるバンダイナムコエンターテインメントを子会社に持つバンダイナムコホールディングスの株価が急騰している。

『エルデンリング』効果? KADOKAWA、バンダイナムコの株価が急騰_001
(画像は2月26日時点)

 KADOKAWA<9468>の終値は2月22日から2月24日にかけて、2461円から2669円に上昇。一日にして+208(8.45%)の上げ幅を記録した。
 バンダイナムコホールディングス<7832>の終値も同期間にかけて7650円から8153円に上昇。こちらも上げ幅は+503(6.58%)と急上昇している。
 また発売当日の2月25日でもKADOKAWAは終値2753円(前日比+84、3.15%増)、バンダイナムコHDは終値8439円(前日比+286、3.51%増)と好調。

 発売が目前となった24日未明、各海外メディアによるレビューを集計し平均化した「メタスコア」の数値が100点満点中“97点”と発表されたこともあり、2月25日発売の『エルデンリング』への期待が高まったものと見られる。

編集
ローグライクやシミュレーションなど中毒性のあるゲーム、世界観の濃いゲームが好き。特に『風来のシレン2』と『Civlization IV』には1000時間超を費やしました。最も影響を受けたゲームは『夜明けの口笛吹き』。
Twitter:@ex1stent1a
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ