『ELDEN RING』(エルデンリング)、各海外メディアによるレビューを平均化した「メタスコア」でほぼ満点に近い“97点”を獲得。発売を前に傑作のお墨付き

 Metacriticは2月24日(木)、発売予定のアクションRPG『ELDEN RING』(エルデンリング)について、各海外メディアによるレビューを集計し平均化した「メタスコア」の数値を100点満点中97点”だと発表した。

『ELDEN RING』(エルデンリング)メタスコア97点を獲得_001
(画像はMetacritic『ELDEN RING』より)

 来る2月25日(金)の発売を前に海外の専門誌の視点による速報値が明らかとなったわけだが、執筆時点ではレビューを未公開のメディアも複数存在し、スコアが今後変動し得る可能性には触れておきたい。また本稿ではもっとも点数の高いPS5版の評価を採用しており、他のプラットフォームのバージョンでは点数が異なる旨も明記しておく。

 とはいえ“97点”という数値は同サイトにおいて、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『スーパーマリオ オデッセイ』『グランド・セフト・オートV』などと並ぶものであり、大きな支持を集めているのは間違いない。ちなみに最上位を占めているのは“99点”『ゼルダの伝説 時のオカリナ』だが、この記録にどこまで迫れるのかにも注目したいところだ。

『ELDEN RING』(エルデンリング)メタスコア97点を獲得_002
2010年から19年の間に発売されたメタスコア“97点”のゲーム(画像はMetacriticより)

 なお同作の開発元であるフロム・ソフトウェアの過去タイトルの評価については、Metacriticでは以下のようになっている(スコアはすべて最高値のプラットフォーム版による)。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(2019):90点/PS4
『ダークソウル3』(2016):89点/PS4
『ブラッドボーン』(2015):92点/PS4
『ダークソウル2』(2014):91点/Xbox 360
『ダークソウル』(2011):89点/PS3
『デモンズソウル』(2009):89点/PS3
(※PS5向けのリメイク版は92点)

 並べてみると、やはり『エルデンリング』に対するスコアの高さが際立つ。過去の名作を踏まえて開発された最新作が果たしてどの程度優れた作品であるのか、これらの点数も参考にしつつ自身の目で確かめていただければ幸いだ。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ