『F-ZERO』や『ワイプアウト』に影響を受けたレースゲーム『Redout 2』新映像が公開。36種類のコースを実装し最大12人でのオンラインマルチプレイにも対応

 開発元の34BigThings srlは3月16日(水)、レースゲーム『Redout 2』のゲームプレイ映像を公開した。

 本作は2016年にPC(Steam)向けに発売されたレースゲーム『Redout』の続編であり、『ワイプアウト』『F-ZERO』などのタイトルに影響を受けた圧倒的なスピード感が印象的な作品だ。はるか未来の世界を舞台としているため、通常のレースでは考えられないようなジャンプやループなど、激しいアクションをともなうコースでレースを繰り広げる。

 シングルプレイキャンペーンのほか、最大12人のオンラインマルチプレイに対応することが明らかにされており、発売後にも追加コンテンツの配信やシーズン制の報酬システムなどを実装していくようだ。

 その疾走感あふれるゲーム性故か、今回公開された映像ではプレイヤーの腕前にあわせたアシスト機能を設定できることも紹介された。難易度のほか、アクセルやブレーキ、ステアリングなど細分化された項目を個別に調整し、プレイスキルに適したサポートを得られるという。

レースゲーム『Redout 2』新映像が公開。『F-ZERO』などに影響を受ける_001
(画像はSteam『Redout 2』販売ページより)

 前作『Redout』から登場するロケーションも大きく増加し、Steamストアページの紹介によれば36種類のコースが実装されるとのこと。レースやタイムアタック以外にも、アリーナレース、ラストマンスタンディング、スピード、ボスレースといった計6種類のモードから選択してプレイできる。

 12種類のシャーシから好みのものを選び、エンジンやウイング、スタビライザーなどのパーツを換装していくカスタマイズ要素も実装。フォトモードを使えばレースの最中のスピード感をそのままハイライトとして残し、共有することも可能だ。

レースゲーム『Redout 2』新映像が公開。『F-ZERO』などに影響を受ける_002
(画像はSteam『Redout 2』販売ページより)

 『Redout 2』は2022年中の発売を予定、対応プラットフォームはNintendo Switch、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam、Epic Games Store )となる。Steamのストアページはすでに公開されているので、興味を持たれた方はウィッシュリストに登録しておこう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ