人気格闘ゲーム『鉄拳』Netflixでアニメ化決定、2022年中にも配信開始。「風間仁」に焦点をあてた予告編には「三島平八」ら原作でおなじみのキャラクターたちが登場

 Netflixは3月20日(日)、対戦格闘ゲーム『鉄拳』アニメ『Tekken: Bloodline』を2022年中に配信開始すると発表。あわせて、予告編映像を公開した。

 『鉄拳』シリーズはバンダイナムコグループが開発、販売を手がける3D形式の格闘ゲームシリーズ。第1作となる『鉄拳』が1994年にアーケードにて稼働を開始し、以後多くのタイトルがアーケードや家庭用ゲーム機などに向けて展開してきた。

 2019年より最新作『鉄拳7 FATED RETRIBUTION ROUND2』がアーケードにて稼働しており、PS4版『鉄拳7』は世界最大級の格闘ゲームの祭典「EVO 2022」の種目にも選ばれている。

Netflixにて『鉄拳』アニメ化が決定。2022年中に配信開始_001
(画像はSteam『鉄拳7』販売ページより)

 今回公開された映像は、『鉄拳3』にて登場した主要キャラクターのひとり「風間仁」にフォーカスしたもの。母親から「風間流古武術」を教わり育つも、人知を超えた力を持つ強敵の襲撃によりすべてを失い、祖父である「三島平八」に師事する様子が描かれている。

 映像の終盤には、一瞬ではあるがシリーズおなじみのキャラクターたちも登場。ゲーム本編とは大きく異なる絵柄で映像化されることが見て取れる。

Netflixにて『鉄拳』アニメ化が決定。2022年中に配信開始_002
(画像はYouTube「『Tekken: Bloodline』ティザー予告編 」より)

 『Tekken: Bloodline』は、Netflixにて2022年中の配信を予定。詳細な配信日や日本語音声の有無などについては、Netflixからの今後の発表に注目していきたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ