マーベラスの代表取締役社長に佐藤澄宣氏が就任内定。かつてはフロム・ソフトウェアにも在籍し、マーベラス入社後はコンシューマ事業部長などの任を務めた人物

 マーベラスは5月12日(木)、佐藤澄宣氏が代表取締役社長に就任内定したことを明らかにした。

マーベラスの代表取締役社長の異動が発表。佐藤澄宣氏が就任内定1
佐藤澄宣氏(画像はマーベラス公式サイト 事業部インタビューより)

 これにともない、現代表取締役社長である許田周一氏は取締役会長に就任するとのこと。今回の異動については、6月21日(火)開催予定の株主総会および取締役会において正式に決議される予定である。

 マーベラスは、家庭用ゲームソフトやオンラインゲーム、アミューズメント筐体などの企画、開発、販売に取り組む日本の企業だ。『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』『デモンエクスマキナ』などの開発に携わり、『天穂のサクナヒメ』ではパブリッシングを担ったことで知られる。

マーベラスの代表取締役社長の異動が発表。佐藤澄宣氏が就任内定2
(画像はニンテンドーeショップ『デモンエクスマキナ』販売ページより)

 新たに代表取締役社長に就任する佐藤澄宣氏は、2001年にフロム・ソフトウェアに入社、その後2007年に当時のマーベラスエンターテイメントに入社。コンシューマ事業部長などの役職を経て2018年に執行役員に就任し、現在はデジタルコンテンツ事業の本部長を務める人物である。

 今回の異動の理由としては、エンターテインメント業界がIT技術の発展や通信の高速化によって大きな変革期に入っていることが背景として語られている。事業環境の変化に適応するため、新たな経営体制のもと新しい発想や知見で成長戦略を加速させるといった狙いがあるようだ。

 佐藤澄宣氏は、6月21日(火)の株主総会および取締役会の決議をもって、正式に代表取締役社長に就任する予定となる。経営体制を変化させ、より一層の企業価値向上に務めるというマーベラスの今後の展開にも注目していきたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ