妖怪お風呂屋さん経営ゲーム『Spirittea』が発表。忘れ去られた精霊たちの悩みを解決してお風呂に招待、田舎町で極上のお風呂屋さんを立ち上げよう。日本語にも対応

 デベロッパーのCheesemaster GamesとパブリッシャーのNo More Robotsは5月19日、風呂屋経営シミュレーションゲーム『Spirittea』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)で、2022年内に配信予定だ。Steamストアページによると、ゲーム内テキストは日本語表示に対応する。

妖怪お風呂屋さん経営ゲーム『Spirittea』が発表01
(画像はSteam:Spiritteaより)

 『Spirittea』は日本の妖怪を思わせる精霊たちを相手にお風呂屋さんを経営するゲームだ。物語の舞台は沢山の精霊たちが暮らす日本風の田舎町。引越しを経て街に降り立った主人公は、精霊が見える特異な体質の人間であり、引越し先でくつろいでいると猫の姿をした精霊「ウーニャン」と出会う。

 Steamストアページのウーニャンによると、人間たちが精霊を崇めず忘れ去ってしまったことから街にはタチの悪い精霊がうろつき、迷子になってしまっているという。悪さをしている精霊たちは、悩みを解決してあげることで大人しくなり、風呂屋のお客になってくれるため、プレイヤーはウーニャンの依頼を受けて精霊たちのお悩み解決とお風呂屋さんの経営を遂行することとなる。

 精霊たちのお悩みは「ピーナッツバターが欲しい」、「失くした宝物を見つけたい」といった簡単なものも多いため、解決して町の平和を取り戻し、お風呂屋さんの顧客を増やそう。

 プレイヤーが営むお風呂屋さんは、太古の精霊がひっそりとした山の中に建てたもの。オールドスクールな施設であり、酷く荒んでいるものの少しずつ掃除を進めれば沢山のお客さんを呼び込める様になる。

 営業中の基本的なタスクは、気づけば張り巡らされている蜘蛛の巣や掃き掃除と言った細かい掃除タオルの洗濯や交換、お風呂を沸かす薪の調達だ。準備が済んだら精霊を案内し、精霊の好みに合わせて湯加減や入浴剤を調整し、満足のいく入浴へ誘おう。お風呂に入る彼らの背中を流すのもハイグレードなお風呂屋さんとして忘れてはならない。

 また、精霊たちにも人間と同じ様に顔を合わせたく複雑な関係性があるため、テキトーに案内するのではなく、精霊たちの関係を考えながらくつろげる風呂に案内しよう。

妖怪お風呂屋さん経営ゲーム『Spirittea』が発表05
(画像はSteam:Spiritteaより)

 精霊たちとのコミュニケーションのみならず、人間の町民たちとのコミュニケーションも大切だ。それぞれのキャラクターには生活のリズムや、好き嫌い、虫捕りやカラオケといった個別の趣味嗜好がある。

 相手のこだわりを尊重しながら信頼関係を築くことで、探索可能なエリアが拡大するという。このほかに、町の家具屋をはじめとする商業施設を利用して、お風呂屋さんの運営に役立てることも可能だ。

 発表にあわせてYouTubeに公開されたトレーラーの概要欄のリンクからはベータテストの参加を申請できる。ベータテストに参加した暁には『Spirittea』の公式ディスコードサーバーでフィードバックを送ってみよう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月28日04時~2023年1月28日05時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ