怪獣恋愛シミュレーションゲーム『Kaichu – The Kaiju Dating Sim』リリースへ。言葉を持たない巨大怪獣たちが世界の有名建造物を破壊して互いの愛を確かめ合う

 Squiddershinsは5月31日(火)、開発を手がける怪獣恋愛シミュレーションゲーム『Kaichu – The Kaiju Dating Sim』について、2022年夏にPC(Steam)へ向けリリースすると明らかにした。Epic Games版も同年の第3四半期に配信するとしている。

 本作では「Gigachu」と呼ばれる巨大怪獣らの独特な恋愛模様が展開される。Gigachuたちは人間が扱うような言葉を持たない代わりに、建造物を破壊することで相手への愛を示す。アメリカの「自由の女神像」やフランスの「エッフェル塔」といった世界各国のランドマークを舞台に、壊滅的な被害を与えながら互いの気持ちを確かめ合おう。

 恋愛候補にはカメやドラゴン、蛾などをモチーフにした6匹の怪獣らが登場。プレイヤーはハートマークが特徴的なピンクの恐竜Gigachuとなり、アイコンで表示される選択肢の回答を通じて相手との関係性を変化させていく。怪獣たちは言語を介さないもののニュース番組のレポーターが随時解説を挟んでくれるため、現在どういった状況なのかをプレイヤーも理解できる仕組みとなっている。

怪獣恋愛シミュレーションゲーム『Kaichu - The Kaiju Dating Sim』リリースへ_001
(画像はSteam『Kaichu – The Kaiju Dating Sim』より)
怪獣恋愛シミュレーションゲーム『Kaichu - The Kaiju Dating Sim』リリースへ_002
(画像はSteam『Kaichu – The Kaiju Dating Sim』より)
怪獣恋愛シミュレーションゲーム『Kaichu - The Kaiju Dating Sim』リリースへ_003
(画像はSteam『Kaichu – The Kaiju Dating Sim』より)

 物語は選択によって分岐し、さまざまなエンディングが用意されているとのこと。ゲーム開始時からマップや恋愛候補はすべて解放されているため、思うがままにストーリーを進められる。破壊を止めようと恋路を阻む軍隊の妨害を乗り越え、運命の相手との口づけを交わすのだ。

 『Kaichu – The Kaiju Dating Sim』の販売価格および日本語対応については、執筆時点では明らかとなっていない。なお本作の楽曲制作には『Slay the Spire』『Kind Words』などのゲーム作品の音楽を手がけたClark Aboud氏が参加しており、本作のテーマ曲がYouTubeで公開されている

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ