『あつまれ どうぶつの森』と福岡「マリンワールド海の中道」のコラボイベントが7月14日から開催決定。ゲームに登場するサカナや海の幸など50種類以上が展示

 任天堂は7月1日(金)、『あつまれ どうぶつの森』と福岡県の水族館「マリンワールド海の中道」のコラボイベント「海のいきもの ふれあい展」を7月14日(木)から開催すると発表した。

 こちらのイベントは2021年に「横浜・八景島シーパラダイス」や「仙台うみの杜水族館」にて開催されたものと同様の形を取るが、一部内容は変更される。

 イベント期間中には「マリンワールド海の中道」にて『あつまれ どうぶつの森』に登場するサカナや海の幸が、標本もふくめ50種類以上展示される予定だ。各水槽にはゲーム内に登場する「フータ」のコメントや飼育員の方による豆知識が楽しめるオリジナルの解説パネルも設置される。

 水族館の設備の違いから過去のイベントと展示されているサカナの種類は異なるものの、『あつまれ どうぶつの森』で見かけるたくさんの海の幸を実際に観察するまたとない機会となる。また、今回も「ジョニー」が水族館のどこかに漂着しているとのこと。気になる方は現地でこちらも探してみよう。

『あつまれ どうぶつの森』と「マリンワールド海の中道」コラボが7月14日から開催1
(画像は「あつまれ どうぶつの森 × マリンワールド海の中道」任天堂公式トピックスより)

 あわせて現地では「生きものさがし」「海の中のホタテ探し」が開催される。「生きものさがし」は期間中全日にわたって行われるもので、ビンゴカードのような形状になっているシートを10円(税込)で購入し、実際に水族館をまわりながらカードに書かれている生きものを見つけたら穴をあけていく、という企画だ。

 カードの中には1種類だけ「マリンワールド海の中道」にいない生きものが描かれており、それを見つけた方は『どうぶつの森』グッズの当たる抽選に参加できるようになる。

 「海の中のホタテ探し」は期間中に9日間のみ実施される企画となり、参加費はひとり300円(税込)。飼育員の方からホタテや貝の仲間に関する解説を聞いたのち、さまざまな貝の中からホタテを探す、という内容となる。みごとホタテを発見した方には「ラコスケ」のオリジナルステッカーがプレゼント。日程のあう方は、ぜひこちらも挑戦されてみてはいかがだろうか。

『あつまれ どうぶつの森』と「マリンワールド海の中道」コラボが7月14日から開催2
(画像は「あつまれ どうぶつの森 × マリンワールド海の中道」任天堂公式トピックスより)

 このほか本イベントでは「フータ」が解説するサカナの味を実際に確かめる「海の幸 実食体験」や「My Nintendo」アプリの機能「GPSチェックイン」を用いてamiiboカードを入手するキャンペーン限定グッズの販売などが行われる。詳細については、任天堂の公式トピックス公式サイトも参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ