『ウィッチャー3 ワイルドハント』のひとり用スピンオフ『グウェント:ローグメイジ』が販売開始。『ウィッチャーカードゲーム』の拡張セット

 CD PROJEKT REDは7月6日、『グウェント:ローグメイジ(Gwent: Rogue Mage)』を発表し、7月7日に配信を開始した。

 本作の対応プラットフォームはPC(SteamGOG)、iOSAndroidで、価格は1010円となる。

『グウェント:ローグメイジ』が販売開始。『ウィッチャー3』の派生ゲーム_001
(画像はSteam:グウェント:ローグメイジより)

 『グウェント:ローグメイジ』は『ウィッチャー3 ワイルドハント』のゲーム内に登場するカードゲームを原点とし、PC、PS4、Xbox One、iOS、Android、macOS向けに配信されているゲーム『グウェント ウィッチャーカードゲーム』のシングルプレイヤー用拡張セットだ。

 グウェントは「マナ・コスト制」のないカードゲームだ。プレイヤーは1ターンに1枚ずつカードをプレイし、特性の異なる「近接」列と「間接」列にカードを配置していく。盤面にあるカードの合計戦力が多い方がランドの勝者となり、3ラウンド中2ラウンドを先取したプレイヤーが勝利となる。

 なお『ローグメイジ』ではマルチプレイヤー版『Gwent』のカードを使用するという。

『グウェント:ローグメイジ』が販売開始。『ウィッチャー3』の派生ゲーム_002
(画像はSteam:グウェント:ローグメイジより)

 執筆時点でゲームの詳細は明らかにされていないが、海外向けゲームメディアIGNのプレイレポートによると『ウィッチャー3 ワイルドハント』にてプレイできるシンプルなグウェントに近いプレイフィールとなっており、プレイヤーは12枚のカードでゲームを開始し、ランダムに生成されるマップを探索してマップを攻略していく。

 戦闘を経て経験値を獲得可能であり、レベルアップすることで強力なカードを獲得できる。

 『ウィッチャー3 ワイルドハント』のグウェントが好きな読者はぜひ本作をプレイしてみよう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ