インディーゲームのイベント「東京ゲームダンジョン」のチケットが発売開始、85団体の出展リストも公開。『NEEDY GIRL OVERDOSE』や『Recolit』が出展

 東京ゲームダンジョン準備会は7月11日、インディゲームの展示会「東京ゲームダンジョン」の入場チケットの販売を開始し、あわせて出展する85団体のリストを公式サイトにて発表した。

 入場チケットは混雑回避のため12時より入場できるチケットA、15時より入場できるチケットBのふたつが用意される。チケットAの価格は750円(税抜)、チケットBの価格は700円(税抜)となる。

 イベントの開催日時は8月7日で、開催場所は都立産業貿易センター浜松町館2階となる。

「東京ゲームダンジョン」のチケットが発売開始、85団体の出展リストも公開_001
(画像は東京ゲームダンジョン | インディゲーム展示会 ► 2022年8月7日(日)都立産業貿易センター浜松町館にて初開催!より)

 「東京ゲームダンジョン」はインディーゲーム開発者が主催し、個人や小規模チームが制作するデジタル・ゲームの展示会だ。

 発表された団体リストによると、最強のインターネットエンジェル(配信者)を目指す女の子「超絶最かわてんしちゃん」との生活を描くダークなアドベンチャーゲーム『NEEDY GIRL OVERDOSE』や、『アンリアルライフ』を擁するムーディーなインディーゲームレーベル「ヨカゼ」の作品であり、「明かり」をたよりに夜の郊外を探索するアドベンチャーゲーム『Recolit』など、注目のインディーゲームが出展する。

 また、怪しい東洋の世界観が魅力的な触手育成&放置アドベンチャー『触手を売る店』や、ダイナミックな重力反転ギミックで展開する2Dのパズルアクションゲーム『さかだちの街』ジリジリとしたドット絵のキャラクターがキュート且つコミカルに戦闘する2Dベルトスクロールダンスバトルゲーム『亜電』など、インディーゲームらしく作者の美意識が全面化した作品たちが集結する。

「東京ゲームダンジョン」のチケットが発売開始、85団体の出展リストも公開_002
(画像は触手を売る店設定資料集 – achamoth – BOOTHより)
「東京ゲームダンジョン」のチケットが発売開始、85団体の出展リストも公開_003
(画像はSteam:Invercityより)

 さらに、ゲーム開発チーム「よんとんトマチン」が手がけ、現代のオタク浪人生「さぁたん」がネオ昭和にて狂気の女子高生たちと奮闘する様を描く“自称”元祖ギャグノベルゲーム『ふりかけ☆スペイシー』も発売直前の感謝祭と称して登場する。

 このほかにもソリッドな魅力をキラりと輝かせるインディーゲームタイトルが多数出展するため、興味がある読者はぜひ出展リストをチェックし、8月7日にイベントへ遊びに行こう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ