バンダイナムコホールディングス、7月3日に国外のグループ会社が不正アクセスを受けたことを発表。被害対象には日本を除くアジア地域の顧客情報がふくまれていた可能性あり

 バンダイナムコホールディングスは7月3日(日)に、国外のグループ会社において第三者による不正アクセスを受けたことを発表した。本件に関しては以前から一部の海外メディアなどで報じられていたが、今回正式に公表された形となる。

バンダイナムコホールディングスが不正アクセス被害を公表1
(画像はバンダイナムコホールディングス公式サイトより)

 バンダイナムコホールディングスのプレスリリース(PDF)によれば、7月3日(日)に日本を除くアジア地域の複数のグループ会社の社内システムが不正アクセスを受けたとのこと。不正アクセスの確認後には、被害の拡大を防ぐためサーバーへのアクセス遮断などの対応を行ったとしている。

 また、サーバーおよびパソコンの中には日本を除くアジア地域のトイホビー事業に関わる顧客情報などがふくまれていた可能性があるようだ。バンダイナムコホールディングスでは現在、漏洩の有無や範囲の特定、原因究明調査にあたっている。

 今後は原因究明に向けて調査を進めるとともに、調査結果については適宜公表する予定とのこと。外部機関とも連携してグループ全体でセキュリティの強化を行い、再発防止に取り組んでいく姿勢を示している。

 本件の詳細については、以下のリリースも参照されたい。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


日本を除くアジア地域における当社グループ会社への不正アクセスについて

 当社では、2022 年 7 月 3 日に日本を除くアジア地域の複数のグループ会社の社内システムが第三者による不正アクセスを受けたことを確認しました。不正アクセスの確認後、被害の拡大を防ぐために、サーバーへのアクセスの遮断などの対応を行っております。また、サーバー及びパソコンの中には、日本を除くアジア地域のトイホビー事業に関わる顧客情報などが含まれていた可能性があり、漏洩の有無や範囲の特定、原因究明調査を行っています。

 今後も原因究明に努めるとともに、調査結果につきましては適宜公表する予定です。また、外部機関とも連携しグループ全体でセキュリティの強化を行い、再発防止のための施策に取り組んでまいります。

関係する皆様には、多大なご心配とご迷惑をおかけすることを深くお詫びいたします。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ