ホラー映画版『クマのプーさん』のポスターがお披露目。「これはおとぎ話ではない」という文字とともにハンマーを持つ「プーさん」とナイフを持つ子豚の「ピグレット」が邪悪に佇む

 A・A・ミルン氏の児童小説『クマのプーさん』(英題:Winnie-the-Pooh)を原作としたホラー映画『Winnie the Pooh: Blood and Honey』のポスターが、公開された。

 海外メディアDread Centralを通じてお披露目されている。

ホラー映画版『クマのプーさん』のポスターがお披露目_001
(画像はThe ‘Winnie the Pooh: Blood and Honey’ Poster Is Here [Exclusive]より)

 『クマのプーさん』は、A・A・ミルン氏による児童小説。イラストをE・H・シェパード氏が手掛けており、1926年にイギリスで出版された。書籍のほか、ディズニーによるアニメーション『くまのプーさん』もよく知られている。

 2022年1月に知的財産権が消失した「パブリックドメイン」となっているため、それを受けて今回のホラー映画『Winnie the Pooh: Blood and Honey』も製作されている。

 『Winnie the Pooh: Blood and Honey』(直訳すると『クマのプーさん:血と蜂蜜』)の詳しいストーリーは不明だが、海外メディアVarietyのインタビューによると、原作では心優しい少年だったクリストファー・ロビンが、クマのプーさんと子豚のピグレットを見捨てて、食べ物を与えなかったためにクマのプーさんとピグレットが野生に回帰して暴走するという物語のようだ。

ホラー映画版『クマのプーさん』のポスターがお披露目_002
(画像はimdbより)
ホラー映画版『クマのプーさん』のポスターがお披露目_003
(画像はimdbより)
ホラー映画版『クマのプーさん』のポスターがお披露目_004
(画像はimdbより)
ホラー映画版『クマのプーさん』のポスターがお披露目_005
(画像はimdbより)

 公開されているスクリーンショットでは、クレイグ・デイヴィッド・ダウセット氏が演じるクマのプーさんのほか、クリス・コーデル氏が演じるピグレットも登場することが確認できる。

 今回、公開されたポスターでは「This ain’t no bedtime story」(これはおとぎ話ではない)という文字とともに、ハンマーを持つプーさんが大写しになっている。そしてその下にはナイフのようなものを持つピグレットが森に佇んでいる。

 製作はロンドンを拠点に置くホラー映画制作会社Jaggededge Productionsが務めている。なお映画の規模としては前述のインタビューから「ハリウッドレベルではない」としており、低予算映画であることが示唆されている。著作権が切れているものの、ディズニーでアニメ化されていることもあり、1926年版のみに基づくために慎重を期したとのこと。

 ホラー映画『Winnie the Pooh: Blood and Honey』の公開時期は不明。現在は追加撮影も終わり、編集作業中のようだ。トレイラーの公開など続報に期待したい。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ