『スターフォックス』風ローポリ3Dシューティングゲーム『Ex-Zodiac』が配信開始。昔なつかしい3Dグラフィックでスピーディーな戦闘を堪能しよう

 Pixeljamは、MNKYが開発するローポリ3D奥スクロールシューティングゲーム『Ex-Zodiac』の配信をSteamで開始した。開発中のゲームを販売する早期アクセスを採用している。また7月29日までの期間限定で、通常価格1000円のところを10%OFFの900円で販売している。

『スターフォックス』風ローポリ3Dシューティングゲーム『Ex-Zodiac』が配信開始_001
(画像はSteam|『Ex-Zodiac』より)

 『Ex-Zodiac』は、2020年にKickstarterでキャンペーンを成功させ開発に至った作品だ。90年代初期の名作たちに多大な影響を受けて生み出された高速ローポリ3D奥スクロールシューティングとなっている。

 本作では主人公であるサルの女性キュウが、サンザル星系の星々を超銀河テロ組織「ゾディアック」の制圧下から解放すべく、戦いへ赴く様子を描く。

『スターフォックス』風ローポリ3Dシューティングゲーム『Ex-Zodiac』が配信開始_002
(画像はSteam|『Ex-Zodiac』より)
『スターフォックス』風ローポリ3Dシューティングゲーム『Ex-Zodiac』が配信開始_003
(画像はSteam|『Ex-Zodiac』より)
『スターフォックス』風ローポリ3Dシューティングゲーム『Ex-Zodiac』が配信開始_004
(画像はSteam|『Ex-Zodiac』より)
『スターフォックス』風ローポリ3Dシューティングゲーム『Ex-Zodiac』が配信開始_005
(画像はSteam|『Ex-Zodiac』より)

 本作のグラフィックはいかにも90年代の影響ありといった感じで、スーパーファミコン時代の初代『スターフォックス』を彷彿とさせるが、その一方で実際のゲームは現代らしさを感じさせる、滑らかな動きでの高速戦闘を楽しめるようになっている。

 また本作でプレイヤーが操る自機は、『スターフォックス』風の戦闘機のほかにも、『スペースハリアー』風のキャノンを持ったキュウ自身、あるいはホバーバイクといったものが登場。ステージによってさまざまに楽しむことができそうだ。

『スターフォックス』風ローポリ3Dシューティングゲーム『Ex-Zodiac』が配信開始_006
(画像はSteam|『Ex-Zodiac』より)
『スターフォックス』風ローポリ3Dシューティングゲーム『Ex-Zodiac』が配信開始_007
(画像はSteam|『Ex-Zodiac』より)

また本作の特徴は、Steamの販売ページで以下のように挙げられている。

特徴:

– レトロでカラフル、ローポリで構成された映像世界

– 6つのメインステージと6つのボーナスステージを実装済み(フルリリース時には12ステージ以上)

– マルチルートによるゲームクリアが可能

– 各レベルの最後には『ゾディアック』構成員が搭乗した大ボス

– FM音源とウェーブテーブル・シンセシスを融合させる+TEK氏の16bit系サウンドトラック

『Ex-Zodiac』は現在、早期アクセス版がSteamで発売中。価格は通常1000円のところを、7月29日までの期間限定で10%OFFの900円で販売している。

ライター
85年生まれ。『勇者のくせになまいきだ。』シリーズの代表的プレイヤーとして名を馳せたツルハシの化身。 10代の頃、メックシューターゲーム『ファントムクラッシュ』とその続編『S.L.A.I.』の世界にハマり、 ディスプレイ越しに見た2071年に帰るべく日々を生きる。TCGとボードゲームも好物。
Twitter:@Dump29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月7日12時~2023年2月7日13時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ