漂流サバイバルゲーム『RAFT』に「VRMアバター」を対応させるMODが登場。好きなキャラクターで世界を冒険、マルチプレイにも対応

 大人気イカダサバイバルゲーム『RAFT』にVRMモデルを読み込めるようになるMOD「RaftVRM」が先日Twitter上で公開された。プレイヤーモデルを自分の好きなキャラクターに置き換えることができる。

 マルチプレイにも対応しており、友達とともにそれぞれ好きなアバターを使用することができるそうだ。

 MOD作成者である「yoship@テクニカルアーティスト」氏は2020年9月に『クラフトピア』をVRMに対応させる「Player2VRM」をリリースするなどゲームのMOD制作に携わってきた人物だ。

 今回の「RaftVRM」は過去のユーザーからの意見を大いに取り入れており、高頻度でアップデートが行われている。直近のアップデートでは視線をカメラに追従させたり、キャラクターモデルが瞬きするようにするなどの新要素が追加されている。

 『RAFT』は広大な海にただひとつ残された小さなイカダから始まるオープンワールドサバイバルゲームだ。プレイヤーは「フック」を使用して漂流物を集め、イカダを拡張していく。しかし本作にはサメが海の中で徘徊しており、定期的にイカダを破壊しプレイヤーを妨害してくる。そのため槍や装備を作り対抗する必要があり、つねに注意をしなくてはならない。

 また本作では、空腹と喉の渇きといったサバイバル要素が採用されており、プレイヤーは釣りや植物を育てるなどして食料を確保しないといけない。水は、海水を清浄機にかけることで飲める状態にすることができる。

 『RAFT』は今年の6月にはPC(Steam)向けに正式リリースされ、かつて富裕層が生活をしていた「Varuna Point」と一面雪に覆われた「Temperance」というマップが追加され、アイテムやエネミーも複数追加された。

 

 現在、「RaftVRM」MODは作成者である「yoship@テクニカルアーティスト」氏のTwitterにて配布されている。興味を持った方は友達と好きなキャラクターで広大な海を旅してはどうだろうか。




ライター
マヌルネコを愛してやまない雑多ゲーマー。好きなゲームは「DEEMO」「A Hat in Time」「OneShot」「The House in Fata Morgana」「VRChat」
Twitter:@cookieP_sabu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ