『ムーミン』のスナフキンになって冒険するゲーム『スナフキン:ムーミン谷のメロディ』最新映像が公開。ムーミン一家や「リトルミイ」など原作のキャラクターたちも多数登場

【※更新 2022/9/8 16:00】記事初版にて「ストアページには日本語の字幕とインターフェースに対応する旨も記載されている」と記載しておりましたが、架け橋ゲームズが日本向けサポートを担当しているという発表があり、正式に日本語翻訳が実装されることが明らかとなりました。それにあわせて記事を修正、記事中の映像を日本語版に変更しております。

 Raw Furyは9月7日(水)、Hyper Gamesとの提携を発表し『スナフキン:ムーミン谷のメロディ』の販売元を担うことを明らかにした。あわせて、同作の最新映像が公開されている。

 『スナフキン:ムーミン谷のメロディ』はノルウェーに拠点をおくゲームスタジオ「Hyper Games」が制作するアドベンチャーゲーム。タイトルからも分かる通りトーベ・ヤンソンの描いた物語シリーズ『ムーミン』を題材とした作品であり、2023年の発売を予定している。
 
 舞台となるのはおなじみの「ムーミン谷」だが、あたりには悪趣味な公園が作られ、かつての自然との調和は破壊されてしまった。プレイヤーが操作する「スナフキン」はみんなの力を借りながら「パークキーパー」に立ち向かい、美しいムーミン谷を取り戻すために奔走することとなる。

『スナフキン:ムーミン谷のメロディ』最新映像が公開1
(画像はSteam『スナフキン:ムーミン谷のメロディ』販売ページより)

 作中では「音楽」が重要な要素となり、世界を探索してシークレットを見つけたり、パズルを解いたりすることで音楽のインスピレーションが生まれてくるとのこと。スナフキンの持ち物としておなじみのハーモニカが活躍する作品となるようだ。また「ちょっとしたかくれんぼ」との表記もあり、簡易的なステルスアクションも採り入れていることがうかがえる。

 ゲーム内にはムーミン一家をはじめとする原作のキャラクターたちが数多く登場し、これまでに公開されてきた映像やスクリーンショットからは「リトルミイ」「スティンキー」「ヘムレン」「ニョロニョロ」などの姿が確認できる。

『スナフキン:ムーミン谷のメロディ』最新映像が公開2
(画像はSteam『スナフキン:ムーミン谷のメロディ』販売ページより)

 『スナフキン:ムーミン谷のメロディ』はPC(Steam)のほか、家庭用ゲーム機向けの展開も行うことが予告されている。Steam版の発売は2023年を予定しており、記事執筆時点ではほかのプラットフォームにおける詳細は明らかにされていない。

 また、本作は「架け橋ゲームズ」が日本国内に向けた展開のサポートを担っており、同社が手がける日本語訳が正式に実装される。「東京ゲームショウ2022」においても「ノルウェーゲームズ」ブースにてプレイアブルデモが出展となるそうなので、会場を訪れる方はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月31日13時~2023年1月31日14時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ