1987年に発売されたレトロPCの復刻モデル「X68000 Z」が発表。東京ゲームショウ2022でモックを展示したのち、10月8日に予約受け付けをスタート

 エレクトロニクス製品の開発やソリューション、代理店などの事業を展開する株式会社瑞起は、シャープから1987年に発売されたレトロPCの復刻モデル「X68000 Z」を発表した。本製品については幕張メッセで9月15日(木)から開かれる「東京ゲームショウ2022」でモックアップを展示したのち、詳細の発表と予約受け付けの開始を10月8日(土)に予定している。

1987年に発売されたレトロPCの復刻モデル「X68000 Z」が発表_001
(画像は「X68000が登場してから35年」より)

 今回の発表では開発中における製品の外観のみ明らかとなっている。また、注釈文には「X68000」がシャープの登録商標である点とシャープからの許諾を得て開発している旨も示されており、シャープの公式TwitterアカウントもRT後のツイートで本製品の発表に反応しているようだ。

 X68000については、発売当時に流行っていた『グラディウス』の搭載をはじめ、数多くのアーケードゲームが移植されたホビーパソコンのひとつとしても知られる。今回の「X68000 Z」がどのような製品となっているのかは現時点で明らかとなっていないため、今後の続報を待ちたい。

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ