『鬼武者』ネットフリックスでアニメ化が決定、主人公は三船敏郎さんをモデルにした「宮本武蔵」に。総監督を三池崇史氏、監督を須貝真也氏が担う

 9月25日(日)に開催されたネットフリックスのファンイベント「TUDUM Japan」にて『鬼武者』アニメ化されることが発表された。

 『鬼武者』は2001年にPS2向けに発売された同名タイトルに端を発するカプコンの和風剣術アクションゲーム。初代『鬼武者』は主人公のモデルおよび声優として俳優の金城武氏を起用し、同氏がゲストクリエイターとしてゲーム企画にも参加するという、ユニークな開発体制でも注目を集めた。

 シリーズを通して「バッサリ感」を表現した爽快な剣戟アクションやスリリングなシナリオといった要素で人気を集め『鬼武者2』『鬼武者3』といったメインシリーズのほか外伝作品も展開。2018年には初代作のリマスター版が発売され、記事執筆時点でシリーズの総販売本数は850万本を記録している。

 

 今回発表されたネットフリックスによるアニメでは、総監督を『無限の住人』『悪の教典』などで知られる三池崇史氏、監督を『ドラゴンズドグマ』のアニメ版を手がけたサブリメイションの須貝真也氏が担う。「宮本武蔵」を主人公とし、三船敏郎さんをそのモデルとしているという。

 戦国の時代が終わり、世の中が泰平へ向かう江戸初期を舞台に「鬼の籠手」を借り受けた宮本武蔵が幻魔討伐の旅に出るといった物語を描くそうだ。記事執筆時点ではまだ明らかにされている情報は少ないが、今後の情報解禁を楽しみに待ちたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ