『ラスアス』実写ドラマ版の2分弱におよぶ予告映像が公開、2023年放送予定。「ジョエル」や「エリー」のほか凶暴な感染者「クリッカー」などの姿もお目見え

 HBO Maxは9月27日(火)、『The Last of Us』ドラマ版のティザー映像を公開した。

 『The Last of Us』はもともと2013年にPS3向けに発売されたアクションアドベンチャーゲーム。謎の寄生菌によるパンデミックによって崩壊した世界を舞台に、主人公「ジョエル」とパンデミックの後に生まれた少女「エリー」を中心とした物語を描く。

 限られた物資で感染者や略奪者に立ち向かうサバイバル性の強いゲームプレイや、文明崩壊後のアメリカを美しいグラフィックとともに描いたシナリオなどの面は高い評価を獲得し、オリジナル版は全世界で600万本以上を売り上げる成功を収めた。その後、続編にあたる『The Last of Us Part II』や初代作のPS5リメイク版『The Last of Us Part I』などが発売されている。

『The Last of Us』実写ドラマ版の予告映像が公開1
(画像はプレイステーション『The Last of Us Remastered』公式ページより)

 こちらのドラマ版には原作ゲームの監督であるニール・ドラックマン氏が共同脚本とエピソード監督、エグゼクティブプロデューサーとして制作に参加。またドラマ『チェルノブイリ』などで知られるCraig Mazin氏が制作総指揮に携わっている。

 主人公「ジョエル」を演じるのは『スター・ウォーズ』のドラマ『マンダロリアン』で主演を務めたペドロ・パスカル氏。そして「エリー」役を『ゲーム・オブ・スローンズ』にて「リアナ・モーモント」を演じたベラ・ラムジー氏が担う。

 今回公開された映像は2分弱にわたってドラマ中のカットを披露していくもの。主役にあたるジョエル、エリーはもちろんのこと、ゲーム中に登場した「テス」「ライリー」らしき人物の様子も見られる。くわえて感染者も登場しており、ゲーム中でも脅威となっていた「クリッカー」と思われる姿が確認できる。

『The Last of Us』実写ドラマ版の予告映像が公開2
(画像はHBO『The Last of Us』ドラマ版公式ページより)

 『The Last of Us』のドラマ版は2023年の放送を予定している。原作の雰囲気を感じさせる要素も散りばめられた予告映像となっているので、興味を持たれた方はぜひ一度視聴してみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ