海洋世界を舞台にした海戦タワーオフェンスゲーム『バッカニヤ』が2023年4月20日に発売決定。自動生成される未知の海域を探索、世界の謎を巡る壮大な物語が展開

 サクセスは、海戦タワーオフェンスゲーム『バッカニヤ』を2023年4月20日に発売すると発表した。

 対象プラットフォームはNintendo Switch。価格は税込7480円。

 『バッカニヤ』は、海洋世界を舞台にした海戦タワーオフェンスゲーム。3人のヒロインと進化した猫の乗組員たちを搭乗させた船を操りながら未知の海域を探検して航路を開きつつ、敵と海戦を繰り広げていく。

 珍しい動力機関「2層式精霊炉」が積まれた小型艇・ガレッタ号。それはすこし古くはあるが、父が残してくれた自慢の船だ。その父の残した足跡をたどり、ガレッタ号でのヒロインたち3人の冒険の旅は始まる。

 プレイヤーは3人の主人公からひとりを選び、物語を開始させる。選んだヒロインを船長として、幾多の激戦の指揮をとり、旅の結末へと導こう。作中では世界の謎を巡る壮大な物語が展開される。

海戦タワーオフェンスゲーム『バッカニヤ』が2023年4月20日に発売へ_001
(画像はバッカニヤ│サクセスより)
海戦タワーオフェンスゲーム『バッカニヤ』が2023年4月20日に発売へ_002
(画像はバッカニヤ│サクセスより)
海戦タワーオフェンスゲーム『バッカニヤ』が2023年4月20日に発売へ_003
(画像はバッカニヤ│サクセスより)
海戦タワーオフェンスゲーム『バッカニヤ』が2023年4月20日に発売へ_004
(画像はバッカニヤ│サクセスより)

 ゲームプレイは自分の船を操作して冒険を行い、他の船や海の怪物などと戦う「航海モード」と、船のカスタマイズや船員の入れ替え、戦闘で得た資源などを換金する「港モード」で大きくふたつのパートで構成されている。

 航海モードのステージはランダム要素の自動生成となっており、港モードで雇った船員や進化した船員に命令を出すことで戦闘を進めていく。

 今回は発売日が決定したほか、2022年11月26日(土)の午前11時から18時にかけて東京・外神田の「ソフマップAKIBA アミューズメント館 8Fイベントフロア」にて開催されるAKIHABARA GAME SHOW 2022で、本作が出展され、いち早くプレイできることも明らかとなっている。参加費用は無料なので、興味がある人は試遊してみてはいかがだろうか。

 海戦タワーオフェンスゲーム『バッカニヤ』は2023年4月20日に発売予定だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ