『魔法使いの夜』Nintendo Switch、PS4版が発売スタート。TYPE-MOONによるビジュアルノベルの名作がフルボイス、フルHD化されてついに家庭用ゲーム機に登場

 アニプレックスは12月8日(木)、『魔法使いの夜』のNintendo Switch、PS4版を発売した。

 『魔法使いの夜』はもともと2012年にPC向けに発売されたビジュアルノベルゲーム。シナリオを『月姫』『Fate』シリーズなどで知られる奈須きのこ氏、キャラクターデザインを長年にわたってTYPE-MOON作品に携わってきたこやまひろかず氏が手がけている。

 長く移植やダウンロード販売が行われておらず、2021年12月に家庭用ゲーム機への移植が発表された際には大きな話題を巻き起こした。

『魔法使いの夜』Nintendo Switch、PS4版が発売開始1
(画像はニンテンドーeショップ『魔法使いの夜』販売ページより)

 今回発売されるNintendo Switch、PS4版ではフルボイス化、フルHD化が施され、名作PCゲームが10年の時を経て蘇る形だ。キャストには蒼崎青子役を戸松遥さん、静希草十郎役を小林裕介さん、久遠寺有珠役を花澤香菜さん、さらに蒼崎青子の姉である蒼崎橙子役を青木瑠璃子さんが務めている。

 また発売に先駆け、公式サイトでは本作のゲームプレイ動画の投稿に関するガイドラインも公開されている。投稿禁止範囲なども定められているので、本作をゲーム実況などに用いる際には欠かさず確認しておこう。

 このたび発売当日を迎えるにあたって、TYPE-MOONの公式Twitterアカウントでは奈須きのこ氏からのメッセージも寄せられている。「いよいよ発売です。フルボイスで息づく物語をお楽しみください。吸血鬼も英霊もいないけど、魔法使いは出てくるらしい!」とのことだ。
 
 また12月7日(水)には「TYPE-MOON TIMES 『魔法使いの夜』 発売前夜生配信」も配信されている。『魔法使いの夜』はもちろん、『MELTY BLOOD: TYPE LUMINA』など他のTYPE-MOON関連作の情報にも触れられているので、気になる方はぜひYouTubeのアーカイブをチェックしてみていただきたい。

 『魔法使いの夜』のNintendo Switch、PS4版は12月8日(木)より発売中、価格はダウンロード通常版で6600円(税込)となる。各ストアでは無料の体験版も配信されているので、興味を持たれた方はこちらからでも触れてみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月31日05時~2023年1月31日06時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ