いま読まれている記事

アカウント認証などに用いる「Twitter API」が2月9日より有料化へ。ゲームデータのTwitter連携や外部サービスを経由するツイートなどを利用できなくなる可能性

article-thumbnail-230202j

【更新 2023/02/02 20:45】Yostarは2月2日、Twitter社へ確認した結果として「ゲームアカウントとの連携仕様には影響しない」する回答を『アズールレーン』など各取り扱いタイトルの公式Twitterアカウントから伝えました。ただし、同社は念のために引継コードの発行やメールアドレス、AppleまたはGoogleアカウントなど別の方法で連携を進めておくようユーザーへ呼び掛けています。


 Twitter社は2月9日(木)より「Twitter API」の無料サポートを終了し、有料プランでの提供に切り替えることを発表した。

 Twitter APIはTwitter上における各種のアプリケーション機能をほかのプラットフォーム上で利用できるようにする開発者向けサービスだ。身近な所では主にTwitterアカウントを利用した外部サービスへのログインや、BOTなどの自動アカウントなどに利用されていた。

 そのため、今回Twitter APIが有料化することで、多くのアプリゲームサービスに取り入れられているTwitterとの連動サービスを利用できなくなる可能性が懸念されている。具体的な例として、ゲーム内からフレンドやレイドバトルの参加者を募集するツイートの投稿やブラウザゲームで多く取り入れられているハイスコアのシェアツイート、さらにはTwitterアカウントと連携したゲームのアカウントデータを今後使えなくなる可能性が含まれる。

 アカウント認証に関してはサービス規模などの理由で有料化に対応できない場合、有料化後はログインが不可能となり、そのままアカウントデータを消失してしまう恐れもあるという。

 上記のアカウント認証に関して心配な方は、Twitter内の設定メニューから「設定とプライバシー」→「セキュリティとアカウントアクセス」→「アプリとセッション」で連携しているアプリケーションの一覧を確認して、別の方法でアカウントを連携しておくとよいだろう。

アカウント認証などに用いる「Twitter API」が2月9日より有料化へ_001

 今回のTwitter有料化に関してネット上の反応をみてみると、やはり値段によっては「サービスを存続できない」といった開発者の声があがっているほか、Yostarが運営する麻雀ゲーム『雀魂-じゃんたま-』の公式Twitterアカウントは「念のため」として、メールアドレスでのアカウント連携を推奨するツイートも投稿している。

 Twitter APIの有料化まで1週間となる急な発表。詳細については来週発表されるようなので、冷静に状況を見守りたい。

ライター
マヌルネコを愛してやまない雑多ゲーマー。好きなゲームは『DEEMO』シリーズ、『A Hat in Time』、『エターナルリターン』、『Red Dead Redemption 2』
Twitter:@cookieP_Sub

この記事に関するタグ

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年4月15日04時~2024年4月15日05時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ