1998年のサイコホラーアドベンチャーゲーム『人形の傷跡』PC(Steam)向けのリメイク版が発売。追加のストーリーやホラー要素のON/OFF機能も収録

 開発元のChild-Dreamは『人形の傷跡』リメイク版をPC(Steam)向けに3月25日(土)に発売した。同作は4月2日(日)まで34%オフ990円で購入できるリリース記念セールを開催している。

 『人形の傷跡』は1998年に『RPGツクール95』にて制作され、異例のヒットを記録したサイコホラーアドベンチャーゲーム。心理的に迫るホラー要素とドラマ性の高いシナリオによってミステリーの専門誌に掲載されるなど広く話題になり、インディーゲームの先駆者的な存在として知られる。

 主人公の上条明日美(かみじょう あすみ)は音信不通になってしまった姉を探すべく、単身上京した。しかし、東京の大学院に在籍していた姉の研究室やアパートには、彼女がいた一切の痕跡が無くなってしまっている。途方に暮れながらも明日美は姉を探し出す決意を固めるが、自分自身の身に迫りつつある恐怖については知るよしもなかった……というあらすじだ。

『人形の傷跡』PC(Steam)向けのリメイク版が発売1

 2022年8月にはNintendo Switch向けのリメイク版が発売されており、こちらではキャラクターやスチルなどすべてのグラフィックスがオリジナル版から刷新された。また物語の後半部分を大きく追加し、サブキャラクター視点でのザッピングシナリオも導入されるなどストーリー面でもボリュームアップを果たしている。

 そのほかにも作曲家・大嶋啓之氏の「飛ぶ夢を見ない」をメインテーマとし、原作の人気BGMもリマスターして収録。ホラー要素のON/OFF機能が導入され、ホラーが苦手なプレイヤーも安心してストーリーを楽しめるなど、さまざまな変更が行われた。そして今回、そのリメイク版がPC(Steam)にも発売された次第である。

『人形の傷跡』PC(Steam)向けのリメイク版が発売2

 『人形の傷跡』リメイクのPC(Steam)版は現在販売中。価格は通常1500円のところ、4月2日(日)までは34%オフ990円で購入できるセールを開催中だ。また、Nintendo Switch版も44%オフ840円で購入できるセールを4月13日(木)まで実施している。本作の詳細については、以下のリリースも参照されたい。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


サイコホラーADV「人形の傷跡」フルリメイク版がSteamに登場!発売記念セール中

3月25日、Child-Dreamは1998年インディーズの先駆者的なアドベンチャーゲームとされる「人形の傷跡」のリメイク版をSteam向けに日本語版/英語版を同時リリースした。4月2日まで発売記念セールで34%オフの990円となる。

企画シナリオは当時の「Child-Dream」のブランド名を復活させた株式会社ミスタ・ストーリーズ、株式会社マメクジラが共同開発、24年ぶりのフルリメイクとなる。

Steam版サイト
https://store.steampowered.com/app/2285610/_/

PV
https://www.youtube.com/watch?v=l4OvqSuewoA

■人形の傷跡とは?

『人形の傷跡』は1998年にRPGツクール95にて製作され、異例のヒットを記録した本格サイコホラーADV。

心理的に迫るホラー要素とドラマ性の高いシナリオで、ミステリ専門誌に掲載されるなど話題になり、インディーズの先駆的な存在となった。

原作は作者が当時在籍した東京大学工学部の研究室がモデルであり、大学院の研究者へのオマージュが込められている。

2022年8月に全面リメイクして、Nintendo Switch向けにリリース。NintendoShopのダウンロードランキング

最高15位に入るなど、新旧ファンにヒットし、SNSでも物語性やキャラ絵に高い評価を得た。

※Switch版も4/13までセール中

■2023年リメイク版の仕様

 ・作曲家・大嶋啓之氏の「飛ぶ夢を見ない」をメインテーマに。原作の人気BGMをリマスター

 ・物語後半を大きく追加、さらにサブキャラ視点でのザッピングシナリオを実装

 ・キャラ、スチルなどすべてのグラフィックスを刷新

 ・ホラー要素のON/OFFが可能、怖さが苦手な人も安心仕様

■ストーリー

 東京の大学院に通う姉からの一切の連絡が途絶えた。

 心配になった妹の上条明日美は、姉の安否を確かめるべく、単身、上京する。

 しかし、姉の研究室、アパートには、姉のいた一切の痕跡が無くなっていた。途方に暮れる明日美。

 一体、姉の身に何が起こったのか……?

 姉を探し出す強い決意をした明日美。しかし、彼女は自分の身に迫りつつある恐怖を知る由もなかった。

▼Child-Dream /株式会社ミスタ・ストーリーズ

http://www.child-dream.net/

1997年より物語性を重視したRPG、アドベンチャーゲームを中心にPC用ゲームを制作、ヒットを受け、株式会社化。

代表でシナリオライターの宮下英尚はPS3用「フォークスソウル」のシナリオ担当。

最新作のPS4、Switch向け「千里の棋譜~現代将棋ミステリー」では有名棋士が多数出演、将棋界を描いたドラマで人気に。

▼株式会社マメクジラ

https://mamekujira.com/

代表取締役である工藤成人がゲーム業界でプログラマー、プランナー、プロデューサーなどを歴任、その後2018年4月に創業。
ゲーム開発、システム開発の他、イラスト、デザイン、動画、ホームページの制作など多岐に事業を行っている。

代表取締役である工藤成人がゲーム業界でプログラマー、プランナー、プロデューサーなどを歴任、その後2018年4月に創業。

ゲーム開発、システム開発の他、イラスト、デザイン、動画、ホームページの制作など多岐に事業を行っている。

jp.nintendo.com/list/software/70010000052411.html” text=”ニンテンドーeショップ『人形の傷跡』販売ページはこちら” type=”button”]

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年6月7日00時~2023年6月7日01時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ