いま読まれている記事

柴犬が自我を失った人類を導くゲーム『HUMANITY』5月16日に発売決定。『Rez』『テトリス エフェクト』の水口哲也氏が自らプロデュースを志願するほど印象に残ったという期待作

article-thumbnail-230421c

 エンハンスとtha ltd. は現地時間の4月20日(木)、『HUMANITY』を5月16日(火)に発売すると発表した。また、発売当日からPlayStation Plus ゲームカタログのラインナップにも登場し、同サービスのエクストラ・プレミアム会員は追加料金なしでプレイ可能となる。

 『HUMANITY』は、すべての人類から自我が失われた世界で、理性と意思を保ち続ける「柴犬」が人間たちを導く不思議なゲーム。プレイヤーは一声「ワン」と吠えるだけで群衆をコントロールすることができ、メインのストーリーモードでは90以上にもおよぶバリエーション豊かなステージを多彩なアクションを駆使して攻略していく。

 また自分だけのオリジナルステージを創ることができる「STAGE CREATOR」を搭載。簡単な操作で使いやすく、ユニークなステージを世界中のプレイヤーにシェアして遊んでもらえるという。他のプレイヤーのステージで遊ぶ「USER STAGES」はクロスプラットフォームに対応するため、オリジナリティあふれる無数の作品をプラットフォームに囚われることなくプレイ可能だ。

 さらに本作はPS4、PS5、PCでそれぞれ「PS VR」と「PS VR2」、PC用VR機器にも対応する。作品の世界を覗きこみながら、プレイヤーに指示に従って進む群衆の姿をさまざまな角度から見渡す新しい次元の遊びが体験できると謳う。

『HUMANITY』5月16日に発売決定1

 本作はこれまで「ユニクロ」のテレビCMやKDDIスマートフォン端末「INFOBAR」のUIデザイン、NHK教育番組「デザインあ」のディレクションなどを手がけ、多摩美術大学美術学部統合デザイン学科の教授としても活躍するウェブデザイナー・中村勇吾氏による、初の本格ゲーム作品でもある。

 エンハンス代表にして『Rez』や『テトリス エフェクト』といった作品で知られる水口哲也氏がデモ版の映像を目にし、強く印象に残ったことから自らプロデュースを志願して開発がスタート。中村勇吾氏の率いるtha ltd.が開発、エンハンスがレベルデザイン、プロデュース、パブリッシングを担当する形で発売に向けて進んでいる。

 このたび公開されたトレーラーは、1990年代後半から2000年代のプレイステーション黄金期における日本のテレビCMをイメージしたという、エキセントリックで一風変わったもの。本作は過去に配信された期間限定のデモ版のプレイヤーからも「PS1、PS2時代のゲームを思い出す」といった反響を多く得ているそうだ。

『HUMANITY』5月16日に発売決定2

 『HUMANITY』は5月16日(火)にPS4、PS5、PC(Steam)向けに発売予定。それぞれPS VRとPS VR2、PC VRにも対応する。本作に関する詳細については以下のリリースも参照されたい。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


アクションパズルゲーム『HUMANITY®』PS5、PS4、Steamで2023年5月16日発売決定!

同日よりPlayStation®Plusゲームカタログラインアップに登場
エクストラ/プレミアム会員に追加料金なしで提供

古き良きプレイステーションCM風の実写トレーラーが公開

『HUMANITY』5月16日に発売決定3

カリフォルニア州ロサンゼルス—
2023年4月20日(現地時間)—エンハンス(米国法人 Enhance Experience Inc.)とtha ltd. は、PlayStation®5(PS VR2対応)、PlayStation®4(PS VR対応)、Steam(PC用VR対応)用アクションパズルゲーム『HUMANITY®』を、2023年5月16日(火)に発売することを発表いたします。なお、同日からPlayStation®Plusゲームカタログのラインナップに登場し、エクストラ及びプレミアム会員に追加料金なしで提供されます。

発売日決定トレーラー公開

2023年2月に公開しました『HUMANITY』ゲームプレイトレーラーと、期間限定DEMO版をお試しいただいたプレイヤーからは、「PS1、PS2時代のゲームを思い出す」という反響を多数いただいきました。

本作から、従来のジャンルに囚われないユニークで唯一無二のデザインが多かった当時のゲームを連想していただくなど、まさに期待を上回る反応をいただきました。

今回公開しましたトレーラーは、1990年代後半から2000年代のプレイステーション黄金期の、エキセントリックで一風変わった日本のテレビCMをイメージした実写トレーラーとなります。映像では柴犬を起用し、PART 1では“群衆アクション”、PART 2では“STAGE CREATOR”と“USER STAGES”、そしてPART 3では“VRモード”と、本作の特徴・フィーチャーをご紹介しています。昔懐かしいゲームのテイストも持ちつつ、手応えのある本作をご期待ください。

PlayStation Blog(本日4月20日公開記事) – https://blog.ja.playstation.com/2023/04/20/20230420-humanity/

『HUMANITY』とは

『HUMANITY』5月16日に発売決定2

『HUMANITY』は、これまで「ユニクロ」のTVCMやデジタルサイネージなどのデジタルメディアのディレクション、KDDIスマートフォン端末「INFOBAR」のUIデザイン、NHK教育番組「デザインあ」のディレクションなどを手がけ、多摩美術大学美術学部統合デザイン学科の教授としても活躍するウェブデザイナー/インターフェースデザイナー/映像ディレクターの中村勇吾による、初の本格ゲーム作品です。

エンハンス代表の水口哲也がデモ映像を目にし、強く印象に残ったことから、自らプロデュースを願い出て開発がスタートした本作。中村勇吾率いるクリエーター集団tha ltd.が開発、スタジオ兼パブリッシャーであるエンハンスがレベルデザイン、プロデュース、そしてパブリッシングを担当します。

ゲーム概要

『HUMANITY』の主人公は、柴犬。すべての人類から自我が失われた世界の中で、唯一、理性と意思を保ち続ける、最後の指導者として目覚めた柴犬(プレイヤー)は、意思も目的も失った人間たちを「光の柱」へと導く使命を与えられます。

プレイヤーは一声、「ワン」と吠えるだけで、群衆をコントロールでき、メインのストーリーモードでは、90以上にもおよぶバラエティに富んだステージや、JUMP、TURN、FLOAT、SHOOTといった多彩なアクションなど、ボリューム満点の内容となっています。

また、『HUMANITY』のもうひとつの大きな柱である、自分だけのオリジナルステージを創れる「STAGE CREATOR」を用意。簡単な操作で使いやすく、ユニークなステージを世界中のプレイヤーにシェアして、遊んでいただけます。

「USER STAGES」では他のプレイヤーがシェアしたステージが公開され、カスタムのプレイリストや、タグを使用して検索し、お気に入りのステージを発見・チャレンジできます。

更に、「USER STAGES」はクロスプラットフォーム対応となり、『HUMANITY』のコミュニティが生み出す無数のオリジナリティあふれるステージを、プラットフォームを跨いでお楽しみいただけます。

本作はVRプレイにも対応。『HUMANITY』の世界を覗きこみながら、プレイヤーの指示に従って進む群衆の姿を様々な視点から見渡して、新たな次元の遊びをぜひ体験してください。

『HUMANITY』5月16日に発売決定_001

HUMANITY® / © 2019-2023 Enhance Experience Inc. © tha ltd. All Rights Reserved.

パブリッシャー: Enhance

発売日:2023年5月16日

デベロッパー: tha ltd.

プラットフォーム:

PlayStation 5(PlayStation VR2対応)

PlayStation 4(PlayStation VR対応)

Steam(PC VR対応)

プレイ人数: 1

ジャンル: パズル、アクション

価格:

$29.99 (US)

€29.99 (Europe)

¥3410 (税込)

レーティング:

ESRB E10+ (Fantasy Violence)

PEGI 7+ (Mild Violence)

IARC 7+ (Mild Violence)

More Information

ストアページ:

PS4/PS5: https://store.playstation.com/concept/233011

STEAM: https://store.steampowered.com/app/1581480/Humanity

プレスキット: Download

公式サイト: humanity.game/ja

公式Twitter: twitter.com/humanitygame

公式Instagram:.instagram.com/humanitygame/

Enhance Socials

twitter.com/enhance_exp

instagram.com/Enhance_Experience

youtube.com/EnhanceExperience

facebook.com/EnhanceExperience

Join our Discord server: discord.gg/enhance

中村勇吾プロフィール

ウェブデザイナー/インターフェースデザイナー/映像ディレクター。1970年奈良県生まれ。

東京大学大学院工学部卒業。多摩美術大学教授。1998年よりウェブデザイン、インターフェースデザインの分野に携わる。2004年にデザインスタジオ「tha ltd.」を設立。以後、数多くのウェブサイトや映像のアートディレクション/デザイン/プログラミングの分野で横断/縦断的に活動を続けている。

主な仕事に、ユニクロの一連のウェブディレクション、KDDIスマートフォン端末「INFOBAR」のUIデザイン、NHK教育番組「デザインあ」のディレクションなど。主な受賞に、カンヌ国際広告賞グランプリ、東京インタラクティブ・アド・アワードグランプリ、TDC賞グランプリ、毎日デザイン賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞など。

tha ltd.

tha ltd. は、表現と技術の両側面から独自のメディアデザインを試みるデザイナー・プログラマーの集団です。ウェブ・アプリケーション・映像・TV番組・インスタレーション・ゲームなど、さまざまなオンスクリーンメディアのデザインに取り組んでいます。代表:中村勇吾。

https://tha.jp/

エンハンス

エンハンス(Enhance / 本社:米カリフォルニア州)は、2014 年に設立された独立系スタジオ兼パブリッシャーです。創業者である水口哲也の代表作「セガラリー」「スペースチャンネル 5」「Rez」「ルミネス」「Child of Eden」は他に類をみないユニークなプレイ体験をもたらし、世界中で高い評価を得ています。エンハンスのチームメンバーはXR分野のテクノロジーの進化とともに、今までにない共感覚的な体験や新しいエンターテイメントを創造することに情熱を注いでいます。

enhance-experience.com

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月26日10時~2024年5月26日11時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ