いま読まれている記事

『NEEDY GIRL OVERDOSE』のスピンオフ短編作品集「てんしのたからばこ」発表。PC98仕様のパッケージで、にゃるら氏が手掛ける「あめちゃんデートノベル」収録

article-thumbnail-230703i

 インディーゲームレーベルのWSS playgroundは7月2日、『NEEDY GIRL OVERDOSE』のスピンオフ短編作品集「てんしのたからばこ」を発表した。

 対応プラットフォームはPCで、パッケージ版が8月12日と13日に開催されるイベント・コミックマーケット102にて販売される。

 また、同作を手がけるにゃるら氏の投稿によると、本作に収録される作品はダウンロード販売を検討しているという。

『NEEDY GIRL OVERDOSE』のスピンオフ短編作品集「てんしのたからばこ」発表_001
(画像は🎀超絶最かわ🎀てんしちゃんの Twitterより)

  『二―ディガールオーバー ドーズ』は最強のインターネットエンジェル(人気配信者)を目指す承認欲求が強いヒロイン「超絶最かわてんしちゃん」との共同生活を描くマルチエンディングのアドベンチャーゲームだ。

 本作にてプレイヤーは精神を病んだり、ドラッグをキメたりする「超絶最かわてんしちゃん」のパートナー「ピ」としてDV彼氏のように彼女をコントロールし、フォロワーを増やして人気配信者に仕立てていくこととなる。

『NEEDY GIRL OVERDOSE』のスピンオフ短編作品集「てんしのたからばこ」発表_002

 作中には現代の邪悪なインターネットや他社性のない閉塞的なユーザーの視線がふんだんに盛り込まれており、モチーフとして「メンヘラ」などと蔑称で消費的に記号化される精神疾患やグロテスクなSNSが登場する。

 それらをダークなジョークとして描写する風刺的な作風が話題を呼び、6月30日には同作の販売本数が100万本を突破したことが発表された。

 このたび発表された短編作品集「てんしのたからばこ」は、『NEEDY GIRL OVERDOSE』を原作とするミニゲームおよび短編作品が複数収録されたオムニバス形式の作品で、いずれの作品も同作の開発スタッフが手がけたものとなっている。

 公開されたパッケージ画像を参照すると「あめちゃんデートノベル」、「しゅーてぃんぐゲーム」「✕✕✕なブロック崩し」「超てんちゃんのお部屋」が収録されることが伺える。また、公式イラストやゲストイラストレーターによるアートワーク、広告イラストなどを100枚以上収録した「アートブック」も付属し、パッケージはPC98時代の外箱を使用した特殊な仕様となる。

『NEEDY GIRL OVERDOSE』のスピンオフ短編作品集「てんしのたからばこ」発表_007
(画像は🎀超絶最かわ🎀てんしちゃんの Twitterより)

 上記のほか、にゃるら氏のTwitterアカウントでは「あめちゃんデートノベル」のスクリーンショットなどが公開されている。ゲームの内容は配信時のヒロインではなく「あめちゃん」として日常を送る彼女を描くノベルゲームになりそうだ。

 興味がある読者はにゃるら氏「🎀超絶最かわ🎀てんしちゃん」の公式Twitterアカウントをフォローして続報を待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月25日04時~2024年6月25日05時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧