いま読まれている記事

悲鳴をあげるとリスタートさせられるホラーゲーム『DON’T SCREAM』が発表。マイクの感度を確認し、謎めいた森で18分間の探索を成し遂げよう

article-thumbnail-231012n

 二人組のゲーム開発者Joure氏Joe氏は10月12日(木)、新作ホラーゲーム『DON’T SCREAM』のSteamストアページを公開し、本作を2023年に発売することを明らかにした。

ゲーム『DON’T SCREAM』が発表。悲鳴をあげるとリスタートさせられるマイク必須ホラー_001
(画像は『DON’T SCREAM』Steamストアページより)

 『DON’T SCREAM』は90年代の、ビデオカメラ撮影を用いた疑似ドキュメンタリー「モキュメンタリー」作品にインスパイアされた作品である。作中において、プレイヤーはアメリカ・パインビューの謎めいた森で18分間の探索をおこなう。

 Steamストアページの記載によると、作中の時計はプレイヤーの行動に連動して進む仕組みとなっており、プレイヤーが移動しなければ時間も止まったままだ。そのため、プレイヤーは自身の恐怖心と戦いながらゲーム内を探索することになる。

 本作の大きな特徴として、「悲鳴をあげるとゲームをリスタートさせられる」という斬新なシステムが挙げられる。本作をプレイするためにはマイクが必須とされており、また小さなうめき声や吐息でリスタートしてしまうことのないよう、マイクの感度をしっかりと調整しておく必要がある。

 Steamストアページの記載によれば、本作はあくまでも恐怖シミュレーターであってストーリーに期待するべきではないとのことだが、その分プレイヤーを飛び上がらせるようなデザインを目指しており「友達や家族を震え上がらせるのに最適なゲーム」に仕上がっているとのこと。なんと、本作のリード・プレイテスター(開発者の妻)を“病院送り”にしてしまったというのだから、本作のもたらす恐怖の大きさは計り知れない。

ゲーム『DON’T SCREAM』が発表。悲鳴をあげるとリスタートさせられるマイク必須ホラー_006
(画像は『DON’T SCREAM』Steamストアページより)

 そんな想像を絶する恐怖を期待させる本作に興味のある方は、Steamストアページへアクセスし、ウィッシュリストに登録して続報を待ってみてはいかがだろうか。

ライター
小説の虜だった子供がソードワールドの洗礼を受けて以来、TRPGを遊び続けて20年。途中FEZとLoLで対人要素の光と闇を学び、steamの格安タイトルからジャンルの多様性を味わいつつ、ゲームの奥深さを日々勉強中。最近はオープンワールドの面白さに目覚めつつある。
Twitter:@reUQest

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月29日23時~2024年5月30日00時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ