いま読まれている記事

「EVO Japan 2024」ではまさかの『ストIII 3rd』がメイントーナメントに登場。運営継続のため入場・エントリーは有料化、格闘ゲームイベント「闘劇」を手がけた松田泰明氏が運営委員長に

article-thumbnail-231201m

EVO Japan 2024実行委員会は、2024年4月27日(土)から29日(月)で3日間の開催を予定している国内最大級の格闘ゲームイベント「EVO Japan 2024」について、同大会から入場料・エントリー料を有料化すると発表した。

新たな入場・エントリー方式にはチケット制を採用しており、価格はいずれも税込で入場チケットが1日券の2500円から、メイントーナメント参加権付きの「プレイヤーチケット」は2日間通し券の5000円からとしている。

「EVO Japan」は、世界最大級の格闘ゲームイベント「EVO(Evolution Championship Series)」から派生する形で生まれた日本版の大会イベントである。今回の発表について、実行委員会は「国内最大規模の大会運営を継続させ、より魅力的なコンテンツ・高品質なトーナメントを提供していくため」に有料化が必要であるとの判断を示した。

実施にあたっては法令を遵守するため、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)のガイドラインに基づく適合認証を受けており、チケット売上は会場の使用料と設営に要する費用の一部としてのみ使用する旨が記載されている。

−EVO Japanは有料イベントになります− 国内最大規模の大会運営を継続させ、より魅力的なコンテンツ・高品質なトーナメントへ。 | EVO Japan 2024
今大会ではロート製薬がメインスポンサーを務める
(画像は−EVO Japanは有料イベントになります− 国内最大規模の大会運営を継続させ、より魅力的なコンテンツ・高品質なトーナメントへ。 | EVO Japan 2024より)

また、本発表にあわせて、メイントーナメントの採用タイトルおよび賞金額、エントリー受付の開始も告知された。今大会では『ストリートファイター6』『THE KING OF FIGHTERS XV』など格闘ゲームメーカー各社の最新タイトルに加えて、開催日までに発売される『グランブルーファンタジー ヴァーサス -ライジング-』『UNDER NIGHT IN-BIRTH II Sys:Celes』『鉄拳8』も採用されている。

上記のほか、新作タイトルに混ざる形で『ストリートファイターIII 3rd STRIKE Fight for the future』も採用タイトルのひとつとして採用されているようだ。

「EVO Japan 2024」では『スト6』『鉄拳8』などの最新作に混ざって『ストIII 3rd』もメイントーナメントへ採用_001
(画像はEVO Japan 2024 presented by ROHTO メイントーナメントのエントリー受付を開始。メインタイトルと賞金を公開しました。 | EVO Japan 2024より)

上記のほか、ゲームセンター「ゲームニュートン」のオーナーで格闘ゲームイベント「闘劇」などを手がけてきた松田泰明氏が今大会の運営委員長に就任することも伝えられている。

「EVO Japan 2024」の入場チケット・プレイヤーチケットは2024年3月15日(金)まで購入できる。会場ではコスプレコンテストをはじめとした催しも別途開かれるようなので、興味があれば公式サイト・公式Xアカウント(@evojapan_info)をチェックしておくとよいだろう。

ライター
2019年11月に電ファミへ加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月19日15時~2024年5月19日16時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ