いま読まれている記事

「決戦までの100日間」を自由に過ごす横スクロールアクションRPG『つるぎ姫』最新映像が公開。『サモンナイト』『キノの旅』の黒星紅白氏がデザインした“つるぎ使い”たちとのバトルが多彩すぎて楽しみ

article-thumbnail-231202k

213℉(ファーレンハイト213)は12月2日(土)、『つるぎ姫』のティザートレーラーを公開した。本作は2024年のリリースを目指して開発中である。

横スクロールアクションRPGである『つるぎ姫』は、決戦の日までの100日間を自由に進められる作品だ。戦いを繰り返して鍛え上げたり、いきなり強敵に挑んだり、さらには戦うことなくただ平和な時間を過ごしたりと、プレイヤー次第でどんな進め方も可能だ。そして100日間の過ごし方によって結末が変化する、マルチエンディング制を採用している。

主人公の戦いをサポートするのは、唯一の肉親である最愛の“妹”。純粋無垢な彼女はプレイヤーの接し方次第で献身的にもなれば、反抗的にもなる。多感な年頃の少女との交流を通して、妹さえも「クラフト」する成長システムも本作の特徴のひとつと言えるだろう。

本作ではディレクターを『Fate/Grand Order』『キングダム ハーツ』で知られる塩川洋介氏が担当。さらにキャラクターデザインは『サモンナイト』『キノの旅』の黒星紅白氏、コンポーザーは『すばらしきこのせかい』『キングダム ハーツ』『ファイナルファンタジー零式』の石元丈晴氏と、豪華開発陣が名前を並べている。

今回の予告映像では、黒星紅白氏による新キャラクターたちの姿が明らかに。6人の“つるぎ使い”たちとの戦いでは、リズムゲームのように敵の攻撃を防いだり、弾幕シューティングのように攻撃をくぐり抜けたりと、それぞれ大きく異なるゲームプレイの模様も映し出された。

ストアページによれば、主人公は一刀流からはじまり、成長していくと最大で“千刀流”まで扱えるようになるという。無数の武器を操るバトルシーンにも注目したい。

『つるぎ姫』最新映像が公開_001
(画像はSteam『つるぎ姫』ストアページより)

『つるぎ姫』は2024年のリリースを目指して開発中。すでにSteamのストアページは公開されているので、気になる方はウィッシュリストに登録して続報を待とう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ