いま読まれている記事

『勝利の女神:ニケ』世界累計収益は約872億円(6億ドル)以上。収益の60%は日本で、韓国では40%が女性ユーザー。リリースから圧倒的な成長を見せる

article-thumbnail-231213h

データ分析サービスなどを提供するSensor Towerは12月13日、『勝利の女神:NIKKE(ニケ)』の世界累計収益は約872億円(6億ドル)以上であると発表した。

『勝利の女神:NIKKE』はPC、スマートフォン向けに配信されているRPGゲームだ。“背中で魅せる”女性キャラクターたちのビジュアルが話題を呼び重厚感あふれるストーリーやさまざまな作品とのコラボで注目を集めている。

Sensor Towerの調査によると、『勝利の女神:NIKKE』の2022年11月4日からから2023年11月10日までの世界累計収益は6億ドル以上となっており、収益シェアを市場別に見ると1位が日本で約60%のシェアを占めている。

2位がアメリカで約16%、3位が韓国で約12%となっており、上位3つの市場で全体の90%近い収益シェアを占めている。

『勝利の女神:ニケ』世界累計収益は約872億円(6億ドル)以上_001
(画像は1周年を迎え好調が続くNIKKE、高いMAU・継続率を維持する日本、アメリカでは25歳以下に支持され、韓国では女性が40%より)

また、同作のリリースから2023年11月10日までの期間で日本のモバイルゲーム収益をランキング化した際には5位となる。1位は『モンスターストライク』、2位は『ウマ娘 プリティーダービー』、3位は『Fate/Grand Order』となっており、トップ5中唯一の海外パブリッシャーのタイトルとなっている。

『勝利の女神:ニケ』世界累計収益は約872億円(6億ドル)以上_002
(画像は1周年を迎え好調が続くNIKKE、高いMAU・継続率を維持する日本、アメリカでは25歳以下に支持され、韓国では女性が40%より)

いっぽう、勝利の女神:NIKKE』の3大市場である日本、アメリカ、韓国におけるMAU(月に1回以上ゲームをプレイしたユーザーの数)は日本が圧倒的に高くなっている。さらに、継続率においても日本は高水準を維持しており、国内での人気ぶりが伺えるだろう。

上記のほか、ユーザー分布は日本では男性7:女性3の割合に対し、韓国では男性6:女性4となっている。特にセクシーな女性キャラクターのビジュアルが話題を呼んでいるため、韓国における女性ユーザーの多さは興味深い結果となっているだろう。

このほかにも様々な調査データが公開されているため、興味がある読者はSensor Towerの公式ブログをチェックしよう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月23日11時~2024年5月23日12時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ