いま読まれている記事

アニメ映画版『魔法使いの夜』第2弾PVが解禁。ufotableによって魔法使いと男子高校生の出会いと日常生活を描く「まほよ」が蘇る

article-thumbnail-231231c

「Fate Project 大晦日TVスペシャル2023」にて、劇場アニメーション版『魔法使いの夜』の第2弾プロモーションビデオが公開された。

「まほよ」の略称でも知られる 『魔法使いの夜』は、2012年にPC向けにTYPE-MOONより発売された伝奇ビジュアルノベル。1980年後半の日本を舞台に、田舎から引っ越してきた男子高校生の静希草十郎(しずき そうじゅうろう)と、魔法が使える女子高校生の蒼崎青子(あおざき あおこ)の出会いを描く。

映画化は2021年の年末に公表されたもので、ひさびさの最新映像は1分30秒と短いものの、ufotableによる精細で迫力あるアニメーションが存分に楽しめる内容となっている。なお今回の映像で上映日は公開されておらず、現在も鋭意制作中とのことで、続報を待ちたい。

以下、プレスリリース全文。


劇場アニメーション『魔法使いの夜』 ティザーPV第2弾公開!

アニメ映画版『魔法使いの夜』第2弾PVが解禁。ufotable手掛ける「まほよ」_001

株式会社アニプレックス(本社:東京都千代田区 代表取締役 岩上敦宏 以下アニプレックス)は、TYPE-MOON×ufotableによる劇場アニメーション「魔法使いの夜」のティザーPV第2弾を公開したことをお知らせいたします。

アニメ映画版『魔法使いの夜』第2弾PVが解禁。ufotable手掛ける「まほよ」_002
劇場アニメーション「魔法使いの夜」ティザーPV第2弾より

■劇場アニメーション「魔法使いの夜」ティザーPV第2弾

■スタッフ

原作:奈須きのこ・TYPE-MOON
アニメーション制作:ufotable

■ビジュアルノベルゲーム『魔法使いの夜』とは

『魔法使いの夜』はTYPE-MOONが開発し、2012年4月12日に発売したビジュアルノベルPCゲーム。シナリオを『空の境界』『Fateシリーズ』の生みの親である奈須きのこ、グラフィックを長年TYPE-MOONのクリエイティブに携わるこやまひろかずが手掛け、物語・映像・音楽・演出といったノベルゲームに必要とされるすべての要素を最高の水準で作り上げた、正統派“ビジュアルノベル”として話題を博した。2022年12月にはフルボイス化・フルHD化しPlayStation®4・Nintendo Switch™にて発売し、翌2023年12月には英語・簡体字・繁体字の翻訳も加えSteam®でも発売された。
奈須きのこが『月姫』発売の前に執筆した未発表小説が源流であり、TYPE-MOON作品の時系列において最も古い1980年後半を舞台として描いている。

■劇場アニメーション「魔法使いの夜」関連リンク

公式サイト:https://mahoyo-movie.com/
公式X(旧Twitter):@mahoyo_movie(https://twitter.com/mahoyo_movie)

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月23日11時~2024年5月23日12時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ