いま読まれている記事

劇場版『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のEDテーマ曲、See-Saw「去り際のロマンティクス」のMVが公開。ほか、週替わり入場者プレゼントや劇場先行販売のガンプラなどの情報が発表

article-thumbnail-2401102g

1月26日より公開される劇場版『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のエンディングテーマ、See-Saw「去り際のロマンティクス」のMVが公開された。

今回公開されたMVは、楽曲に合わせて『機動戦士ガンダムSEED』や『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のアニメがふんだんに盛り込まれた内容となっている。

See-Sawは、これまでアニメ『機動戦士ガンダムSEED』EDテーマ曲「あんなに一緒だったのに」、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』EDテーマ曲「君は僕に似ている」を担当しており、今作の「去り際のロマンティクス」で3作目、See-Sawとしては19年ぶりの新曲となる。

劇場版『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のEDテーマ曲、See-Saw「去り際のロマンティクス」のMVが公開_001

また、週替わり入場者プレゼントや、劇場先行販売のガンプラ「HG1/144 ライジングフリーダムガンダム[クリアカラー]」などの情報も発表された。詳しくは下記に記載する公式のリリース文を確認してほしい。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


私の中にあなたはいます。あなたの中に私はいますか?
C.E.75『ガンダム SEED』の新たな物語――。

「ガンダム SEED シリーズ」最新作『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』
キラとラクスの出会いからの軌跡をたどるエンディングテーマ:See-Saw「去り際のロマンティクス」MV(Short Ver.)公開
第 1 弾入場者プレゼントも解禁!

劇場先行ガンプラ&パンフレットなど劇場関連グッズ発売!豪華ラインナップ目白押しさらに 1/28(日)公開記念舞台挨拶&全国ライブビューイング開催決定! 2/9(金)よりラージフォーマット上映も決定!!

2002 年 10 月より全 50 話で放送された TV アニメ『機動戦士ガンダム SEED』。当時の若い世代に向けて制作され、21 世紀最初のガンダムシリーズとして始まり、これまでのファン層に加え多くの女性層を獲得し最高視聴率 8.0%を獲得、さらに小学生を中心に第二次ガンプラブームを巻き起こし、新世代のガンダムシリーズとして一世を風靡。その後 2004 年 10 月から続編となる TV アニメ『機動戦士ガンダム SEED DESTINY』が放送開始すると更なる話題性を獲得し、最高視聴率は前作の『SEED』を上回る 8.2%を獲得。シリーズ累計のパッケージ販売数は驚異の 400 万本を超え、TV アニメシリーズの枠に留まらないそのムーブメントは、グッズ、音楽、イベント、実物大フリーダムガンダム立像(上海)など多岐にわたり世界中を席巻しました。
そして約 20 年の年月を経て、遂に「SEED シリーズ」完全新作『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』が、2024年1月26日(金)より全国ロードショーとなります!

エンディングテーマ See-Saw
「去り際のロマンティクス」MV(Short Ver.)公開!

この度、『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』のエンディングテーマ、See-Saw「去り際のロマンティクス」の MV (Short Ver.)が解禁。
今回解禁された映像では、See-Saw「去り際のロマンティクス」に合わせて、『機動戦士ガンダム SEED』や『機動戦士ガンダム SEED DESTINY』のアニメ映像がふんだんに盛り込まれ、これまで『機動戦士ガンダム SEED』のエンディングテーマ「あんなに一緒だったのに」、『機動戦士ガンダム SEED DESTINY』のエンディングテーマ「君は僕に似ている」など数々の「SEED シリーズ」のテーマ曲を担当してきた See-Saw の楽曲の世界観とマッチした MV に仕上がっています。そして映像の最後では、TV シリーズラストの仲良く抱きしめ合うキラとラクスのシーンから、最新作『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』の見つめ合う二人のシーンへと繋がります。果たしてこの二人に待ち受ける未来とはー。約 20 年の時を経て公開される壮大な物語のラストを彩るエンディングテーマとともに、完全新作の本編に期待が高まります。
エンディングテーマ MV: https://youtu.be/uzl0VfGZ0FI

■See-Saw Profile
Vocal & Chorus:石川智晶 Keybords:梶浦由記のユニット。
1993 年 7 月 Vocal:石川智晶 Keyboards:梶浦由記 Bass:西岡由紀子、3 人のユニット“See-Saw”としてデビュー。1994 年 4 月より現在の 2 人となり、1995 年 2 月にシングル「また会えるから」を発売後、それぞれソロ活動を開始する。2001 年、梶浦由記が BGM を手掛けたテレビアニメ『NOIR(ノワール)』に「indio」を収録したことをきっかけに“See-Saw”としての活動を再開。2002 年、7 年振り 7 枚目のシングル「Obsession」をリリース。
オリコンでは初登場 45 位ながらも、その後 18 週に渡ってチャートインし続けロングセラーヒットとなる。10 月、MBS・TBS 系アニメ『機動戦士ガンダム SEED』のエンディングテーマ「あんなに一緒だったのに」がオリコン初登場 5 位を記録。2006 年、再び活動休止しそれぞれのソロ活動を展開。2019 年、17 年ぶりとなるワンマンライヴ「See-Saw LIVE 〜Dream Field 2019〜」が東京国際フォーラムホール A にて開催された。

1 月 26 日(金)より週替わり入場者プレゼント配布決定!
入場者プレゼント第1弾は後藤リウ書き下ろし小説と「機動戦士ガンダムアーセナルベース」プロモーションカード!

入場者プレゼントとして、TV シリーズの小説を手掛け、劇場最新作『SEED FREEDOM』の脚本にも参加している後藤リウによる書き下ろし小説の配布が決定いたしました。更に、「機動戦士ガンダムアーセナルベース」プロモーションカードもプレゼント!

■入場者プレゼント第 1 弾内容
後藤リウ書き下ろし短編小説(全2種ランダム)
それぞれの立場で任務に勤しむアスランとカガリの束の間の休息を描いた『二人の逃避行』と、本作から登場したアグネスとシンやルナマリアたちの士官学校時代を描いた『月光のワルキューレ』をランダムで配布いたします。
・『二人の逃避行』(A6 サイズ/28 ページ/表紙描き下ろし)
・『月光のワルキューレ』(A6 サイズ/28 ページ/表紙描き下ろし)

「機動戦士ガンダムアーセナルベース」プロモーションカード(全2種ランダム)

プロモーションカードは、全国のアミューズメント施設に設置されている「機動戦士ガンダムアーセナルベース」で 1 月 26 日(金)より使用できます。
・PR-174「ライジングフリーダムガンダム」
・PR-175「イモータルジャスティスガンダム」

■配布期間
1 月 26 日(金)~2 月 1 日(木)

※数量限定のため、なくなり次第終了となります。
※お一人様一回のご鑑賞につき、入場者プレゼントを 1 つお渡しします。
※チケット購入特典ではございません。配布に関する特別な指定がある場合を除き、ご入場を伴わない配布はお断りさせていただきます。※ランダムでの配布となります。種類は選べません。
※入場者プレゼントの切り替わり前日 24:00 を過ぎた上映でも、営業が終了するまでは切り替わりません。
※入場者プレゼント制作段階で生じる微細なスレや色ムラ、納品配布時に生じる軽微なシワやキズなど、ビジュアルイメージを損なわない差異が理由による特典の返品交換はお受けできません。
※入場者プレゼントの製造に由来しない明らかな不備がある場合も、後日返品交換はいたしません。
※入場者プレゼントは非売品です。転売はご遠慮ください。

『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』
公開記念舞台挨拶&全国ライブビューイング開催決定!

1 月 28 日(日)に新宿ピカデリーにて『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』の公開記念舞台挨拶が決定しました!さらに、舞台挨拶の模様は、全国の映画館のライブビューイングの実施も決定しており、全国各地に会場の熱気をリアルタイムでお届けします。約 20 年振りの最新作の公開を祝うべく、全国の皆さんのご参加お待ちしております!

■公開記念舞台挨拶概要
【日時】 1 月 28 日(日)①11:15 の回上映後舞台挨拶/ ②15:00 の回上映前舞台挨拶
【会場】新宿ピカデリー
【登壇者】保志総一朗、田中理恵、上坂すみれ、森崎ウィン、西川貴教、福田己津央監督(予定・敬称略)
※登壇者は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
【チケット料金】全席指定料金 3,000 円(税込)均一※別途各種手数料あり
【チケット販売】購入 URL: https://w.pia.jp/t/gundam-seedfreedom/
●チケットぴあ先行(抽選)エントリー期間:1 月 19 日(金)11:00 ~1 月 22 日(月)11:00 まで※枚数制限:お一人様 2 枚まで●チケットぴあ一般販売(先着)受付期間:1 月 26 日(金)10:00 ~※枚数制限:1 申し込み 2 枚まで
※チケット購入に関するお問い合わせ:「チケットぴあ」HP(http://t.pia.jp/help/
※作品公式および劇場では、正規な販売方法以外で一般の方へ座席をご提供することは一切ございません。ご注意下さい。※そのほか詳細やご注意事項等は、『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』公式サイト NEWS ページをご確認ください。

■全国ライブビューイング実施概要
舞台挨拶の模様を全国の映画館で生中継いたします。
【日時】 1 月 28 日(日)①11:15 の回上映後舞台挨拶/ ②15:00 の回上映前舞台挨拶
【実施劇場】実施劇場は、公式サイト(https://www.gundam-seed.net/freedom/theater/)にてご確認いただけます。※上映劇場リストは 1 月 17 日(水)18:00 に解禁いたします。
※劇場により上映開始時間が多少前後する場合がございます。各劇場 HP をご覧のうえご来場ください。
※ライブビューイング実施劇場にキャスト・スタッフ登壇の予定はございません。
※登壇者は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

【ライブビューイングチケット発売日・購入方法】
販売スケジュール:1 月 23 日(火)00:00(=1 月 22 日(月)24:00)以降、各劇場 HP にて順次販売入場料金:2,200 円(税込)均一
※ムビチケ・前売券使用不可※各種割引、サービスプライス、クーポンなど利用不可。※招待券利用不可、無料になるサービス不可。※その他詳細につきましては、各劇場 HP にてご確認ください。

MX4D、4DX、Dolby Cinema®(ドルビーシネマ)版
2/9(金)よりラージフォーマット上映決定!

公開 3 週目の 2 月 9 日(金)より、ラージフォーマット MX4D、4DX、Dolby Cinema®(ドルビーシネマ)版の上映が決定!ラージフォーマットポスターも解禁となりました。

劇場版『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のEDテーマ曲、See-Saw「去り際のロマンティクス」のMVが公開_006

■4D 上映とは
振動・煙・風・水しぶき等といった五感を刺激する特殊効果がシーンに合わせて展開され、作品世界に入り込んだような臨場感が味わえるアトラクション型の上映形態です。
■Dolby Cinema®(ドルビーシネマ)とは
最先端の映像技術「Dolby Vision®(ドルビービジョン)」と立体音響技術「Dolby Atmos® (ドルビーアトモス)」を採用し、さらにシネマ体験に最適化されたシアターデザイン(インテリアカラー、空間デザイン、座席アレンジメント)がこれらの技術と一体となって、アクションやストーリーをより豊かに観客にお届けし、まるでスクリーン上の世界にいるような感覚を味わえます。

劇場先行販売のガンプラ&パンフレットなど劇場関連グッズ発売決定!

劇場物販情報が解禁!『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』に登場する「ライジングフリーダムガンダム」の劇場先行販売のガンプラや、パンフレット、更に舞台挨拶をイメージした描き下ろしイラスト商品など豪華ラインナップが目白押し!

劇場版『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のEDテーマ曲、See-Saw「去り際のロマンティクス」のMVが公開_007

■プラモデル(ガンプラ)
1 月 26 日(金)より、上映劇場にて、HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムが、クリアカラーになって登場!
劇場版公開記念スペシャルパッケージで発売します!

劇場版公開記念スペシャルパッケージ
HG1/144 ライジングフリーダムガンダム[クリアカラー]
2,640 円(税込) 1 月 26 日(金)発売

※本商品の劇場での発売は、公開初日の 2024 年 1 月 26 日(金)からです。
※劇場にて販売される本商品の購入には、劇場にて発券する座席指定券、もしくは入場後の半券が必要となります。※座席指定券 1 枚の提示につき、「1会計でガンプラ第一弾(1/26 発売)・第二弾(2/2 発売)のいずれか1個まで」の購入制限を設けさせて頂きます。なお座席指定券の提示は1会計につき1枚までとなります。
※数に限りがございますので、公開期間中に商品が品切れになる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※本商品はプレミアムバンダイでの発売を予定していますが、後日お知らせいたします。

■パンフレット
通常版・豪華版の2種が発売決定!
福田己津央監督・佐橋俊彦さん(音楽)・キャストの取材コメントや、As’まりあさんによるたねきゃら 4 コママンガなどを掲載した必見の一冊。豪華版には、キャラクターやメカの設定集も付属します!

・機動戦士ガンダム SEED FREEDOM 豪華版パンフレット 2,500 円(税込)・機動戦士ガンダム SEED FREEDOM 通常版パンフレット 1,100 円(税込)

※公開初日の 2024 年 1 月 26 日(金)から、全国の上映劇場(一部劇場・商品除く)、
および通販サイト松竹ストア内の映画・アニメグッズショップ「Froovie」にて販売いたします。

■描き下ろしイラスト商品

「舞台挨拶」をイメージした描き下ろしイラストを使用した商品も発売決定!
上映劇場限定で、オリジナルショッパー&ランダムミニクリアファイル1枚付きポップコーンセットを発売します!ミニクリアファイルは6種の中から 1 枚がついてきます。
そして、通販サイト松竹ストア内 Froovie にて、本イラストの受注商品の発売も決定!
アクリルジオラマ・複製原画の2商品が、受注期間、1 月 26 日(金)10 時から 3 月 3 日(日)23 時 59 分まで、予約を受け付けます!

その他の劇場商品は後日解禁予定!そちらもお見逃しなく!

『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM 公開記念スペシャル』番組 BS11 にて 1/27(土)特番放送決定!

『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』の公開を記念して、『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM 公開記念スペシャル』番組の放送が決定いたしました!「ガンダム SEED シリーズ」の振り返りや、制作現場潜入、関係者のインタビューをお届けします。
BS11 2024 年 1 月 27 日(土)19:00~20:00 放送

タイトル『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』
公開表記: 2024 年 1 月 26 日(金)全国ロードショー
配給表記:バンダイナムコフィルムワークス、松竹
権利表記:©創通・サンライズ

■STORY
C.E.75、戦いはまだ続いていた。
独立運動、ブルーコスモスによる侵攻……
事態を沈静化するべく、ラクスを初代総裁とする世界平和監視機構・コンパスが創設され、キラたちはその一員として各地の戦闘に介入する。そんな折、新興国ファウンデーションから、ブルーコスモス本拠地への合同作戦を提案される。
■CAST
キラ・ヤマト:保志総一朗 / ラクス・クライン:田中理恵 /
アスラン・ザラ:石田彰 / カガリ・ユラ・アスハ:森なな子 / シン・アスカ:鈴村健一 / ルナマリア・ホーク:坂本真綾 / メイリン・ホーク:折笠富美子 / マリュー・ラミアス:三石琴乃 / ムウ・ラ・フラガ:子安武人 /
イザーク・ジュール:関智一 / ディアッカ・エルスマン:笹沼晃 /
アグネス・ギーベンラート:桑島法子 / トーヤ・マシマ:佐倉綾音 /
アレクセイ・コノエ:大塚芳忠 / アルバート・ハインライン:福山潤 /
ヒルダ・ハーケン:根谷美智子 / ヘルベルト・フォン・ラインハルト:楠大典 / マーズ・シメオン:諏訪部順一 /
アウラ・マハ・ハイバル:田村ゆかり / オルフェ・ラム・タオ:下野紘 / シュラ・サーペンタイン:中村悠一 /イングリット・トラドール:上坂すみれ / リデラード・トラドール:福圓美里 / ダニエル・ハルパー:松岡禎丞 / リュー・シェンチアン:利根健太朗 / グリフィン・アルバレスト:森崎ウィン / ギルバート・デュランダル:池田秀一
■STAFF

企画・制作:サンライズ / 原作:矢立肇、富野由悠季 /
監督:福田己津央 / 脚本:両澤千晶、後藤リウ、福田己津央 / キャラクターデザイン:平井久司 /
メカニカルデザイン:大河原邦男、山根公利、宮武一貴、阿久津潤一、新谷学、禅芝、射尾卓弥、大河広行 /
メカニカルアニメーションディレクター:重田智 / 色彩設計長尾朱美 / 美術監督池田繁美、丸山由紀子 / CG ディレクター佐藤光裕、櫛田健介、藤江智洋 / モニターワークス田村あず紗、影山慈郎 /
撮影監督葛山剛士、豊岡茂紀 /
編集野尻由紀子 / 音響監督藤野貞義 / 音楽佐橋俊彦
主題歌:西川貴教 with t.komuro 「FREEDOM」 / エンディングテーマ:See-Saw 「去り際のロマンティクス」製作:バンダイナムコフィルムワークス配給:バンダイナムコフィルムワークス、松竹
■公式サイト
https://www.gundam-seed.net/freedom/
■公式 SNS
X(旧 Twitter):https://twitter.com/SEED_HDRP
TikTok: https://www.tiktok.com/@seed_freedom_official 【期間限定 OPEN!】※2024.3.31(日)23:59 まで

2024 年 1 月 26 日(金)全国ロードショー

ライター
物心ついたころからFFとドラクエと共に育ち、The Elder Scrolls IV: オブリビオンで洋ゲーの沼にハマる。 ゲームのやりすぎでセミより長い地下生活を送っていたが、最近社会にリスポーンした。 ローグライクTCG「Slay the Spire」の有志翻訳者。
Twitter:@Gre_zzz

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月29日23時~2024年5月30日00時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ