いま読まれている記事

リズムに合わせてコマンド入力するバトルゲーム『Cento(チェント)』の体験版がSteamにて配信。かわいらしいドット絵で描かれた獣人たちを選択し、ノリノリのビートを刻んで戦おう。ボスキャラには専用BGMもアリ

article-thumbnail-240110r

1月10日、星斑研究室よりリズムに合わせてコマンドを入力してバトルするゲーム『Cento(チェント)』の体験版がSteamにて配信された。本作は、かわいらしいドット絵で描かれたキャラクターを選択し、リズムゲームで勝ち進むことでより強力なスキルを獲得しながら進行するゲームだ。

前述したとおり、本作は音楽に合わせて十字キーなどのコマンドを入力してスキルを発動させることでバトルが展開するゲームだ。メニュー画面では、連続してNPCと戦う「カチヌキ」モード、設定を自由に変えてバトルできる「シンプル」モード、入手したデッキを自由に組み替える「ソウビ」、見ることのできた画面を振り返れる「ギャラリー」が選択できる。

体験版では、プレイヤーは犬や鳥、ねずみなどそれぞれ違った能力を持った5人のキャラクターから選択し、☆1から☆5までの難易度を設定してゲームをスタートする。

バトルはリアルタイムで進行し、制限時間内にリズムに合わせてコマンドを入力することで、より多くの攻撃行動をとれるかどうかが決まる。コマンドはそれぞれ矢印で示されており、一つずつではなく、同時にコマンドを処理することで強力なコンボを叩き込むことができる。

戦闘に勝利すると、3つの内から一つのスキルを入手してコマンドに付与することができる。ゲームが進行するごとに、プレイヤーも強化されるというわけだ。
また、先に進むにつれて対戦相手を選択することができるのだが、キャラクターごとにテーマBGMが違うというこだわりを見せている。

本作が気になった方は、ぜひSteamストアページから体験版をダウンロードして遊んでみてほしい。

リズムに合わせてコマンド入力するバトルゲーム『Cento(チェント)』の体験版がSteamにて配信_006
(画像はSteamストアページより)

『Cento(チェント)』はSteamにて体験版が配信中。正式なリリース日は2024年内を予定している。

ライター
MOTHER2でひらがなを覚えてゲームと共に育つ。 国内外問わず、キャラメイクしたりシナリオが分岐するTRPGのようなゲームが好き。 Divinity: Original Sin 2の有志翻訳に参加。 ゴーストオブツシマの舞台となった対馬のガイドもしている。 Xアカウント(旧Twitter)@Tsushimahiro23

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月29日19時~2024年5月29日20時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ