いま読まれている記事

KADOKAWAのMCN「CSP(クリエイターサポートプログラム)」が「カラオケ歌っちゃ王」とカラオケ音源の利⽤に関する包括的許諾契約を締結。「法人」や「個人事業主」での音源利用が容易に

article-thumbnail-240117x

KADOKAWAは1月17日、同社が提供するサービス「CSP(クリエイターサポートプログラム)」において、YouTubeにてカラオケ音源「カラオケ歌っちゃ王」を提供している友ミュージックとの著作物の利⽤に関する包括的許諾契約を2024年1月1日付けで締結したことを発表した。

KADOKAWAのMCN「CSP」が「カラオケ歌っちゃ王」とカラオケ音源の利⽤に関する包括的許諾契約を締結_001

CSPとは、KADOKAWAが2022年3月から提供を開始した、著作物の二次利用の管理・収益分配に関するサービス。CSPを用いることでクリエイターはYouTubeなどに自身のコンテンツを投稿する際、他社のゲーム・音楽などの著作物を利用する、あるいは自身の創作したコンテンツの二次利用を許諾・推進し、収益やPRの機会を得ることができる。

KADOKAWAのMCN「CSP」が「カラオケ歌っちゃ王」とカラオケ音源の利⽤に関する包括的許諾契約を締結_002
(画像はカラオケ歌っちゃ王公式サイトより)

「カラオケ歌っちゃ王」は、YouTubeにてカラオケ音源を配信するサービス。その音源の二次利用についてはルールを公表しており、「個人」での利用に限り手続き不要で許諾している。

一方で、「法人」や「個人事業主」は有償かつ別途手続きが必要となっていたが、今回の契約締結により、KADOKAWAのMCN「CSP」を利用することで、収益の一部を友ミュージックに還元(CSPにより自動で控除)。それにより、申請等の手続きを省いて「カラオケ歌っちゃ王」のカラオケ音源を利⽤したYouTubeへのコンテンツ公開・収益化が可能となる。

プレスリリース全文は以下のとおり。


KADOKAWAのMCN「CSP(クリエイターサポートプログラム)」「カラオケ歌っちゃ王」とカラオケ音源の利⽤に関する包括的許諾契約を締結

クリエイター事務所・VTuber事務所・e-Sportsチーム等CSP利用の「法人」や「個人事業主」も「歌っちゃ王」のカラオケ音源を利用した配信が可能に

KADOKAWAのMCN「CSP」が「カラオケ歌っちゃ王」とカラオケ音源の利⽤に関する包括的許諾契約を締結_003

 株式会社KADOKAWA(以下:KADOKAWA)は、2024年1月1日付けで株式会社友ミュージック(以下:友ミュージック)との著作物の利⽤に関する包括的許諾契約(以下、本契約)を締結したことをお知らせします。これにより、さまざまな著作物(IP)の二次利用の管理・収益分配を可能にするMCN(マルチ・チャンネル・ネットワーク)「CSP(クリエイターサポートプログラム)」を利用することで、個人クリエイターだけでなく、クリエイター事務所やVTuber事務所等、法人に所属するクリエイターや個人事業主も「歌っちゃ王」のカラオケ音源を利⽤してYouTubeへのコンテンツ公開と収益化が可能になります。

■「歌っちゃ王」のカラオケ音源利用につきまして

 友ミュージックは、「音源利用について」(https://tomomusic.co.jp/utachaoh/aboutuse.html)の二次利用ルールを公表しており、「歌っちゃ王」のカラオケ音源を利⽤したYouTube等へのコンテンツ公開を、「個人」での利用に限り手続き不要で許諾しています。

 一方、「法人」や「個人事業主」は有償かつ別途手続きが必要となっておりますが、今回、KADOKAWAと友ミュージックが本契約を締結したことにより、KADOKAWAのMCN(マルチ・チャンネル・ネットワーク)「CSP」においては、法人等に所属するクリエイターや個人事業主であっても、収益の一部を友ミュージックに還元(CSPにより自動で控除)することで、申請等の手続きを省いて「カラオケ歌っちゃ王」のカラオケ音源を利⽤したYouTubeへのコンテンツ公開・収益化が可能となります。

KADOKAWAのMCN「CSP」が「カラオケ歌っちゃ王」とカラオケ音源の利⽤に関する包括的許諾契約を締結_004

■KADOKAWAのMCN「CSP(クリエイターサポートプログラム)」とは?

 「CSP」とは、KADOKAWAがMCN(*)事業者として提供されたシステムを活用、独自の二次利用の管理・収益分配システムを構築し、クリエイターがYouTube等のコンテンツに他社のゲーム・アニメ・コミック・音楽等の著作物を利用したり、自身が創作した著作物(IP)の二次利用(切り抜き含む)を許諾・促進したりすることで、「クリエイター」としてだけでなく「権利者(著作権者)」としても、収益やPRの機会を得られるサービスです(2022年3月提供開始)。

 すでにKADOKAWAのYouTubeアニメやクリエイターのコンテンツ等、一部の著作物(IP)から導入を開始しており、これにより著作物の管理に厳格な各種SNSであっても「創作の連鎖」を生むことが期待できます。また、二次利用の管理・収益分配だけでなくYouTubeMCNとして、YouTubeの最新アップデート情報の提供、KADOKAWAグループの他事業との連携や、企業タイアップ案件の企画等、クリエイターの創作活動に役立つさまざまなサポート機能を提供しています。

 「CSP」にご興味のあるクリエイター様・法人様は、お気軽にお問い合わせください。

(*)MCNとは、複数のYouTubeチャンネルと提携し、視聴者の開拓、コンテンツのプログラミング、クリエイターのコラボレーション、デジタル著作権管理、収益化、営業などを含むサービスを提供するサードパーティサービスプロバイダです。

引用:YouTubeヘルプ(https://support.google.com/youtube/answer/2737059?hl=ja

以上

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【サービス利用等のお問い合わせ先】

株式会社KADOKAWA「CSP(クリエイターサポートプログラム)」担当

E-mail:csp-info@ml.kadokawa.jp

X(Twitter):https://twitter.com/CreatorSupportP

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月18日03時~2024年6月18日04時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧