いま読まれている記事

2Dと3Dが融合したオープンワールドをダイナミックに駆け巡るアクション『Ruffy and the Riverside』が面白そう。オブジェクトを「コピー&ペースト」して世界を描き換えられる

article-thumbnail-240123y

ドイツのスタジオZockrates Laboratoriesにより、新作3Dアクションゲーム『Ruffy and the Riverside』が近日リリース予定となっている。Steamストアページが公開されており、日本語翻訳にも対応予定だ。

本作はキャラクターを操作して3Dのオープンワールドを探索するアクションゲームとなっている。背景やオブジェクトは3DCGであるのに対し、主人公の「ルフィー」をはじめとするキャラクターは平面的な手描き調の2Dのグラフィックで表現されている。立体と平面を両立させた個性的なビジュアルが見どころだ。

新作3Dアクション『Ruffy and the Riverside』リリース予定_001
(画像はSteam『Ruffy and the Riverside』ストアページより)

「ルフィー」は「フリップ」と呼ばれる能力を扱うことができる。こちらは「コピー&ペースト」のようなシステムとなっており、マップ上の地形やオブジェクトの性質を切り取り、別の場所に貼り付けることができる。たとえば「溶岩」のオブジェクトをコピーして「氷」の地形にペーストすることでステージの形を変えたり、空に「月」をペーストすることで時間帯を夜にしたりといったことが可能だ。

自由度の高い「フリップ」のシステムをユニークに使うことで、楽しいゲームプレイが行えるだろう。「岩」に「木」をペーストすることでボートのようなアイテムを作るなど、発想力次第でいろいろな使い方ができそうだ。

プレイヤー自身でテクスチャを描き、ゲーム内に貼り付けるといったクリエイティブ要素も搭載されている。

新作3Dアクション『Ruffy and the Riverside』リリース予定_002
(画像はYouTube「Trailer Ruffy and the Riverside (STEAM and NINTENDO SWITCH)」より)
新作3Dアクション『Ruffy and the Riverside』リリース予定_003
(画像はYouTube「Trailer Ruffy and the Riverside (STEAM and NINTENDO SWITCH)」より)

本作ではクマの少年ルフィーが平和を脅かす邪悪な「グロール」に立ち向かう、というストーリーが展開される。手描き調の柔らかなタッチで描かれたアートワークも魅力的だ。空を飛んでルフィーを運んでくれる相棒「ハチのピップ」や冒険好きなモグラ「エドラー卿」、深い知識をたくわえたカメ「賢者シルヤ」といった個性的な仲間キャラクターが多数登場するとのことだ。本作の舞台「リバーサイド」の楽しげな雰囲気にも注目してみよう。

新作3Dアクション『Ruffy and the Riverside』リリース予定_004
(画像はSteam『Ruffy and the Riverside』ストアページより)
新作3Dアクション『Ruffy and the Riverside』リリース予定_005
(画像はYouTube「Trailer Ruffy and the Riverside (STEAM and NINTENDO SWITCH)」より)

また、メインストーリーのほか、サイドクエストなどのやりこみ要素も充実しているとのことだ。世界をくまなく探索し、いろいろな隠し要素やサブストーリーを見つけてみよう。

Ruffy and the Riverside』はSteamのほか、Nintendo Switchでもリリース予定だ。

ライター
かわいいゲームとこちらの価値観を揺さぶってくるようなゲームをたくさんプレイしたい。『シルバー事件』と『ナイト・イン・ザ・ウッズ』から多大な影響を受けたことにより、現在小説家としても活動中。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月22日19時~2024年5月22日20時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ