いま読まれている記事

NASAがオリジナルのTRPG用シナリオ『The Lost Universe』を無料で公開。科学と共に魔法が発展した世界に「ハッブル宇宙望遠鏡」と科学者たちが召喚、ガチ宇宙科学を取り入れた異世界転生

article-thumbnail-240305m

NASAは3月5日、同組織として初となるTRPGのシナリオ『The Lost Universe』を公式サイトにて配信開始した。

本作は公式サイトにて無料でダウンロードすることが可能だ。

『The Lost Universe』は魔法の力が発展した異世界の惑星・Exlarisと「ハッブル宇宙望遠鏡」を巡る冒険を描くTRPG用のシナリオだ。

舞台となる惑星・Exlarisは地球と似た生命が存在可能なハビタブルゾーンに位置しており、科学と共に魔法の力が発展した世界。しかし、Exlarisにブラックホールが接近し、太陽も飲み込まれ惑星の軌道が変化してしまう。これにより惑星内の環境が大きく変化してしまうが、魔法の力で従来の環境を再現するシールドを構築し、Exlarisはの人々は生きながらえていた。

いっぽう、「ブラックホール」による被害で全てが元通りの環境には戻らなかった。この変化を受けて進む研究の中で、現実世界における「ハッブル宇宙望遠鏡」の存在が発見され、とある魔法使いによりExlarisに「ハッブル宇宙望遠鏡」と科学者たちが召喚されてしまう……というあらすじだ。

NASAがTRPGを無料で公開。宇宙科学と異世界転生_001
Exlarisのマップ(画像はThe Lost Universe – NASA Scienceより)

本作は2部構成となっており、約3時間から4時間でプレイできる。また、7から10レベルのキャラクター4人から7人でプレイすることが推奨されている。なお、好みのシステムを使用し、それにあわせて調整しながらプレイできる作品になっている。

ダウンロードできる資料のボリュームは44ページで、宇宙に関する資料も掲載されている。全編英語であるというハードルはあるが、興味がある読者は気合を入れてプレイしてみてはいかがだろうか。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

この記事に関するタグ

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年4月17日06時~2024年4月17日07時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ