いま読まれている記事

世紀末放浪RPG『Kenshi』が67%オフのほぼ1000円で購入できるセール開催。大型アップデートの配信記念に4月9日までお手頃価格に。続編である『Kenshi2』の画像もチラ見せしつつ、開発の進捗状況も報告

article-thumbnail-240402h

4月2日、世紀末風の世界で生きる自由度の高いRPG『Kenshi』の大型アップデートを記念した67%オフのセールが開催中だ。4月9日(火)まで、定価3500円⇒1155円で購入できる。

本作は、Steamストアページにて記事執筆時点で6万8600人の内95%から高く評価され「圧倒的に好評」を獲得する人気作だ。

本作には明確なメインストーリーは存在していない。プレイヤーは自身の操作するキャラクターを作成し、砂漠や荒野などの荒廃しきった世界を“探索”できる。

ひたすら採掘して小銭を稼ぎ装備を整えて旅に出ても良いし、剣の道を追求する修行者となってもよい。または、仲間を募って盗賊として活動したり、商隊キャラバンを率いるような幅広いプレイスタイルも受け入れている作品となっている。

また、プレイヤー自身が敵の手におちて奴隷にさせられたり、食糧として確保されてしまうような過酷な状況に追い込まれるシーンも存在する。すべてはプレイヤーの選択次第だ。

世紀末放浪RPG『Kenshi』が67%オフのほぼ1000円で購入できるセール開催_001
(画像はSteamにて公開された公式トピックより)

この度、公開された大型アップデートにて自由に撮影を楽しめる「フリーカメラモード」が搭載され、続編である『Kenshi2』の画像や開発の進捗状況が明かされた。

Steamにて公開された公式のトピックによると、『Kenshi2』の発売時期は未定であり、「できる限り最高のゲームを作る」という目標のもと、最小限のメンバーである33名のみ雇い、開発に着手しているという。なお、ゲーム開発エンジンはUnreal Engine 5(UE5)が使用されている。

『Kenshi』は4月9日まで67%オフの1155円で購入できるセールが開催中だ。本作が気になった方は、ぜひこの機会に広大な荒野へと旅立ってみてほしい。

ライター
MOTHER2でひらがなを覚えてゲームと共に育つ。 国内外問わず、キャラメイクしたりシナリオが分岐するTRPGのようなゲームが好き。 Divinity: Original Sin 2の有志翻訳に参加。 ゴーストオブツシマの舞台となった対馬のガイドもしている。 Xアカウント(旧Twitter)@Tsushimahiro23

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年4月22日21時~2024年4月22日22時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ