いま読まれている記事

デスクトップの下で農場を発展させていく「ながらプレイ特化」の放置ゲーム『Rusty’s Retirement』の発売日が4月26日に決定

article-thumbnail-240404x

開発元のMister Morris Gamesは4月2日(火)、農業シミュレーションゲーム『Rusty’s Retirement』について4月26日に発売することをX(旧Twitter)上で発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)である。

あわせてYouTubeではリリーストレーラーも公開。実際に農業をする様子や個性豊かなキャラクターたちの姿を確認することが出来る。

『Rusty’s Retirement』はパソコンのデスクトップの一部を利用してロボットたちの燃料を生産していく放置型の農業ゲームだ。プレイヤーはパソコン画面に農地を置き、水やりや収穫などを全自動でこなしていくロボットを観察しながら農場を発展させていく。

本作はストアページにも記載されているように作業や動画を視聴しながらの「ながら」プレイに特化。画面のズーム機能やゲーム速度を変更できる「フォーカスモード」を駆使することで、作業の邪魔にならないようにゲームをプレイすることも出来るという。

『Rusty's Retirement』の発売日が4月26日に決定_001
(画像は『Rusty’s Retirement』Steamストアページより)

また、一連のゲームの流れについてはロボットに命令を下すことでロボットは自動的にバイオ燃料を生産し、自動的に売却。稼いだお金は農場の施設などのアップグレード費用に充てることが可能だ。

ほかにも育てられる作物にはニンジンやトウモロコシ、みずみずしいトマトなどゲームを進行させていくことでアンロックされる野菜が多数用意されている模様。公開されているトレーラーやGIF画像では他にもさまざまな野菜を確認することが出来る。

さらに、稼働中のロボットは複数種類が登場するようでアップグレード強化することも可能。配置も自由に変えられるようなので、効率の良い配置を探すのも放置をするうえで重要になってきそうだ。

『Rusty's Retirement』の発売日が4月26日に決定_004
(画像は『Rusty’s Retirement』Steamストアページより)

『Rusty’s Retirement』は4月26日(金)に発売予定。興味があればSteamストアページも公開されているため、ウィッシュリストに登録しておくと良いだろう。

ライター
マヌルネコを愛してやまない雑多ゲーマー。好きなゲームは『DEEMO』シリーズ、『A Hat in Time』、『エターナルリターン』、『Red Dead Redemption 2』
Twitter:@cookieP_Sub

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年7月15日12時~2024年7月15日13時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ