いま読まれている記事

2Dドット絵が恐ろしいまでにヌルヌル動くシューティングゲーム『デビルブレイド リブート』5月24日に発売決定。『十三機兵防衛圏』や『ユニコーンオーバーロード』などの作品に携わったデザイナーの個人制作タイトル

article-thumbnail-240516l

ゲーム会社所属のグラフィックデザイナー・シガタケ氏は、高精細なドット絵グラフィックと至近距離で戦うスリルに焦点を当てた個人制作の縦画面シューティングゲーム『デビルブレイド リブート』を5月24日(金)に発売すると発表した。

PC(Steam)向けタイトルで通常価格は税込1800円。発売から2週間はセールの実施も予定されている。

『デビルブレイド リブート』は、1996年発売のプレイステーション用シューティングゲーム制作ソフト『デザエモン+』で開発され、同ソフトの主催コンテストで入選した『デビルブレイド』を28年ぶりにフルリメイクした作品だ。

本作ではあらゆる技法を尽くして疑似的に3D表現を生み出した2Dドットのグラフィックや、敵に接近する難しい距離感で破壊できると獲得スコアが増える「バーサクシステム」を大きな特徴としている。

また、作中では1996年のオリジナル版を雰囲気そのままに移植した「レトロモード」やのほか、特定の条件を満たすことでタイトルの自機イラストを擬人化キャラのものに変えられる「シークレットイラスト」機能も存在する。

発表によると、「シークレットイラスト」については漫画『メイドインアビス』のつくしあきひと氏や、TYPE-MOON作品のデフォルメイラスト等で知られるCHANxCO氏を筆頭に、豪華なゲスト陣の参加を予定しているという。

2Dドット絵が恐ろしいまでにヌルヌル動く“危険行為推奨”シューティングゲーム『デビルブレイド リブート』5月24日に発売決定_013

なお、作者のシガタケ氏は『ユニコーンオーバーロード』や『十三機兵防衛圏』をはじめとしたヴァニラウェア作品のほか、個人の実績として『ラグナロクオンライン』や『Fate/Grand Order』にもイラストを提供していることでも知られる。

シガタケ氏の画風を知っている人からすれば『デビルブレイド リブート』の硬派なビジュアルは面食らってしまうかもしれないが、実際に触れると「敵の攻撃を避けながら破壊していく」シューティングゲーム本来の楽しさに深く没入できる仕上がりとなっているようだ。

『デビルブレイド リブート』は5月24日(金)にSteamで発売される予定。発売から2週間はセール価格で購入できるため、興味があればチェックしておくとよいだろう。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


ドット絵表現の限界に迫る超正統派縦スクロール STG
DEVIL BLADE REBOOT(デビルブレイド リブート) 2024 年 5 月 24 日 STEAM にてリリース

(STEAM ページ) https://store.steampowered.com/app/2882440/
(公式 HP) https://shigatake.sakura.ne.jp/devilblade/
(PV) https://www.youtube.com/watch?v=7IBB-tLYjuA

●概要
本作は、1996 年に PS で発売された STG 制作ソフト「デザエモン+」で開発、当ソフト主催コンテストに応募し、入選を受賞した作品「デビルブレイド」を 28 年ぶりに STEAM 向けにフルリメイクした作品です。

ドット絵表現の限界に迫る、高精細なグラフィックと、無駄な要素は一切入れず「避ける・撃つ・破壊する」STG の原始的カタルシスを極限まで追求したストイックな設計思想の元、近接破壊で難度とスコアが劇的にアップする「バーサクシステム」を搭載した、危険行為推奨 STG となっています。

●特徴
【入魂の 2D ドットグラフィックス】
1990 年代に一般的だった解像度表現の中で、多重スクロール、ラスタースクロール、拡大縮小を駆使し、擬似 3D 表現ならではの没入感を追求。

【バーサクシステム】
近接破壊で難度とスコアが劇的にアップ。
プレイスタイルによって体感難度が大きく変化。
STG 初心者から上級者まで楽しめるよう設計されています。

【レトロモード】
1996 年に制作したオリジナル版を、雰囲気そのままアレンジ移植。
リブート版とレトロ版、新旧 2 作品を楽しむ事ができます。

【多言語ローカライズ】
ローカライズ会社の全面協力により、ネイティブな多言語ローカライズを実現。
現在 8 言語対応、最終的に 10 言語対応を予定しています。

【豪華ゲスト陣も参加シークレットイラスト】
特定の条件を満たすと開放され、タイトルの自機が擬人化キャラに…!?

シークレットイラスト参加イラストレーター(敬称略予定含む)
シガタケ hasu つくしあきひと
CHANxCO 兎塚エイジ 小林元
ネコ忍者コア 野間崇史 モタ
おののいもこ 日向悠二 Ramune
神谷盛治 kuro 原田たけひと
曽我部修司 BLADE

●仕様
・超硬派純度 100%のメカニック縦スクロール STG。
・2 種のショット+ボムのオーソドックスなプレイスタイル。
・バーサクシステム搭載近接破壊で難度とスコアが劇的にアップ。
・全 6 ステージを通して遊ぶストーリーモード。
・任意のステージを選んで遊ぶステージセレクト。
・ユーザーが任意で選択可能な 4 段階の難易度。
・デザエモン+版を再現した「レトロモード」を収録。
・繰り返しプレイする事で、様々なコンテンツをアンロック。
・STEAM 実績とグローバルランキング対応。
・多言語ローカライズ対応。
・自分好みにカスタムできる、豊富なオプション機能。
・ゲームエンジンに「Shooting Game Builder」を使用。
・hasu さんによる、ゲームプレイを盛り上げる重厚な BGM。

タイトル DEVIL BLADE REBOOT(デビルブレイド リブート)
ジャンル 超正統派縦スクロール STG
発売日 2024 年 5 月 24 日
価格 1800 円
リリース 2 週間はセールを開催。


 

ライター
2019年11月に電ファミへ加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年7月19日22時~2024年7月19日23時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ