いま読まれている記事

精神科医が”奇妙な幻聴”を抱える患者の担当を任されるホラーアドベンチャーゲーム『海鳥野ガクの精神鑑定録』がSteamで「無料」で配信開始

article-thumbnail-2406242e

ゲーム制作サークルのいもチイ屋は、ホラーアドベンチャーゲーム『海鳥野ガクの精神鑑定録』をSteamで配信開始したと発表した。

価格は無料。

『海鳥野ガクの精神鑑定録』は、 精神科医である主人公がある入院患者の担当を任される短編ホラーアドベンチャーゲーム。BOOTHとノベルゲームコレクションで配信していたフリーゲームのSteam版となる。

精神科医である主人公・道島は、情緒が不安定な入院患者「海鳥野ガク」の担当を任される。母親を刺したというその少年は、奇妙な幻聴の症状を抱えており、「俺の頭の中に住んでるんだ」と証言していた。彼は本当に精神疾患なのか?そして道島は真実を知り、生き延びることが出来るのか。

『海鳥野ガクの精神鑑定録』がSteamで無料で配信。精神科医が
(画像はSteamより)
『海鳥野ガクの精神鑑定録』がSteamで無料で配信。精神科医が
(画像はSteamより)
『海鳥野ガクの精神鑑定録』がSteamで無料で配信。精神科医が
(画像はSteamより)
『海鳥野ガクの精神鑑定録』がSteamで無料で配信。精神科医が
(画像はSteamより)

ゲーム進行にはクリック操作のみで進行し、選択肢を選んだり、調査シーンではオブジェクトをクリックして進めよう。本作はクトゥルフ神話を題材にしているが、クトゥルフ神話の知識がなくてもプレイに支障はないとのこと。

なお開発したゲーム制作サークルのいもチャイ屋の公式サイトには、配信ガイドラインも公開されており、動画サイト・生放送等での収益化は可能だとしている。詳しくは配信ガイドラインを確認してみて欲しい。

ホラーアドベンチャーゲーム『海鳥野ガクの精神鑑定録』はSteamで無料配信中なので、気になった人はプレイしてみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年7月23日16時~2024年7月23日17時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ