女の子が女子キャラに感涙するって!? お食事会つきの『金色のコルダGirl’s Party』は、まさに秘密の花園。出演キャスト(高木礼子、佐藤朱、増田ゆき、大原さやか)からのコメントも♪

1

2

 女性向け恋愛シミュレーションゲームのイベントといえば、恋愛対象の男子キャラクターやその声優が登場し、甘い台詞を囁いてくれるものが一般的です。

 ところが、シリーズ15周年を迎えた『金色のコルダ』【※1】が3月10日に都内で催した『金色のコルダGirl’s Party』は、ゲームに登場する女子キャラをメインに据えた“女子会”がテーマ。 

 このパーティー開催の一報が流れると、ファンたちは「さすが、ネオロマンス【※2】」、「愛すべき女子の集まり『金色のコルダ』」とSNSで大いに盛り上がりました。

『金色のコルダGirl’s Party』

 

出演者:高木礼子(日野香穂子、小日向かなで役)、佐藤朱(冬海笙子、支倉仁亜役)※夜の部のみ、増田ゆき(天羽菜美、七海宗介役)、大原さやか(都築茉莉、御影諒子役)※昼の部のみ

 

MC:久遠一

 『金色のコルダ』は、恋愛シミュレーションゲームではあるものの、コンクールに出場するという目的があるため、楽器の練習をしなければいけないのが特徴。

 フィールド内で楽譜を集め、楽器を練習するだけでなく、恋愛対象キャラたちとの好感度やライバル度といったパラメーターの調整など、物語はもちろん、やりこみがいのあるゲーム性が人気です。

 恋のほかにも頑張る必要があり……まさに高校生活そのものを味わえるゲームでした。

(画像は『金色のコルダ4』|PS VITAより)

 そのため、ヒロインの日野香穂子小日向かなでが頑張る姿は、等身大の自分としてファンから愛されています。

 女子キャラが愛されている作品だからこそ、実現可能となった女子会イベント。
 実際に臨んでみると……そこはまるで女の子たちの秘密の宴のよう。華やかなパーティーでは、男子がいないからこそできる恋バナだって解禁となります。

 今回は、このパーティーに参加して見聞きした、“女の子による女の子のための『金色のコルダGirl’s Party』昼の部”の様子をお届けします。
 イベントでは、女の子だけならではの、通常のイベントとは趣きの違った光景がたびたび見られました。とある場面では、号泣してしまう女の子の姿も……!

 ネオロマンスのファンの皆さんはもとより、女子たちの密かな愉しみが気になる皆さんも、どうか最後までご一読あれ。

 2ページめには、パーティー後に出演者の高木礼子さん佐藤朱さん増田ゆきさん大原さやかさんからいただいたコメント、主催のコーエーテクモゲームスがイベントにかけた想いも掲載しています。

※1 金色のコルダ
2003年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された女性向け恋愛シミュレーションゲーム。これまでに大きく4作品とそこから派生するシリーズが発売されている。普通科と音楽科が併設された星奏学院という学園が舞台。第1~2作のヒロインは日野香穂子。3〜4作めはヒロインが小日向かなでとなり、第1作から8年後の世界が描かれている。

※2 ネオロマンス
コーエーテクモゲームスが女の子のために贈る女性向けゲームシリーズのこと。1994年にスーパーファミコン用ソフトとして発売された『アンジェリーク』に始まる。おもな当該シリーズは、『アンジェリーク』、『遙かなる時空の中で』、『金色のコルダ』など。

文/かなぺん
撮影/武田真由子


華やかすぎるパーティー会場に、キラッキラな女の子たち約200人が集合

 『金色のコルダGirl’s Party』の会場に入って驚いたのは、そのきらびやかな光景。
 参加者の皆さんが一様に華やかなのです。まるで、貴族のお茶会や結婚式の披露宴会場のよう!
 昼の部には約200人の華麗な女の子たちが勢揃いしており、圧巻のひと言でした。

 それもそのはず、今回の会場はイベントホールやライブハウスではなく、東京・御徒町にあるパーティー専用の会場です。

 参加にあたってドレスコードはありませんでしたが、“パーティー”ともなれば、女の子として気合いが入ってしまうのが自然な流れ。

 瑞々しいグリーンのドレス、目の醒めるようなレッドのヘアアクセサリー、高貴さを漂わせるパープルの小物など……じつはこれ、シリーズのファンであれば、ひと目で皆さんそれぞれの、大好きなキャラクターが判るカラーなのです。

 今回の催しは“お食事とお土産”つきで2万5千円。イベントに先駆けて、まずは食事を囲みながらファンどうしの交流会が行われました。

 色とりどりの食事を目の前にすると、ついつい写真を撮っちゃうのが女の子。お皿が入れ替わるたびに、いたるところでシャッターの音が。
 さらに昼の部と夜の部でメニューが変わり、お魚あり、お肉あり、もちろんデザートも用意されていました。いただき甲斐はもちろん、撮り甲斐もあるってものです!


 昼の部のメニューには、『金色のコルダ2 f アンコール』のキャラクターたちからの言葉が添えられていました。
 それってまるで、キャラクターたちと同じ卓を囲んで、料理をいただきながら一緒に会話を楽しんでいるかのようです! こうして約1時間のお食事会は、あっという間に過ぎてしまいました。

キャラクターからのメッセージで、女の子たちは大号泣。“等身大”のヒロインのパワー

 食事の後はいよいよ、お待ちかねのイベントが始まりました。

 昼の部の出演者は、日野香穂子と小日向かなで役の高木礼子さん(以下、高木さん)、天羽菜美と七海宗介役の増田ゆきさん(以下、増田さん)、都築茉莉と御影諒子役の大原さやかさん(以下、大原さん)。そして、“ネオロマンス”シリーズのイベントではMCとしておなじみの久遠一さん(以下、久遠さん)という面々。

金色のコルダ2 f アンコール』登場人物

日野香穂子:
クラシック音楽に興味はなかったが、音楽の妖精リリから渡された魔法のヴァイオリンでコンクールに挑む。星奏学院高等学校の普通科2年生。

天羽菜美:
星奏学院高等学校の普通科2年生。報道部に所属し好奇心旺盛な香穂子の学友。

都築茉莉:
星奏学院付属大学3年生。香穂子の先輩にあたり、コンダクターを目指している姉御肌。

 

 

『金色のコルダ4』登場人物

小日向かなで:
幼いころにジュニアコンクールで入賞していたが、伸び悩んでいる。ヴァイオリンが上手くなりたくて星奏学院高等学校に転校してきた。音楽科2年生。

七海宗介:
横浜天音学園高等学校の1年生。チェロを専攻しているが、自分の才能を信じきれず、内気。

御影諒子:
横浜天音学園高等学校の理事。学生たちに優しく接してくれる、知的で柔和な大人な女性。

『金色のコルダ』は今年で15周年! まずはオープニングセレモニー

 『金色のコルダ』の第1作が発売されたのは2003年の9月。
 つまり、今年の9月でなんと15周年になります。

 そう、今回の『金色のコルダGirl’s Party』は、メモリアルイヤーの始まりを彩るイベントだったのです。そこで15周年にさきがけ、キャストの皆さんによるテープカットセレモニーが行われました。

左から増田さん、高木さん、大原さん

 テープカットが終わった瞬間、会場がザワザワ……。女の子の視線は高木さんの手元に集中していました。そこには“金色のテープ”が握られていたからです。

 そこで久遠さんが語った「魔法のヴァイオリンの最後の1本、つまり(このテープは)『金色のコルダ』をイメージしているんですね」のひと言に、会場は拍手喝采。金色のテープは、ゲームのキーとなる“金色の弦”を表現していたのです!

高木さん

 さらに、参加者たちの気持ちがひとつになる仕掛けがありました。それはコール&レスポンス。

 今回のパーティーはファン参加型であるのが大きな特徴のひとつですが、じつは事前にイベントの合言葉なるものが募集されており、その中から「金色の女子会」という言葉が選ばれていました。これを受けて、出演者たちがイベント中、「金色の~」と掛け声をかけると、「女子会~」と客席が応える仕組みです。

 イベントに参加するまでは、「“女子キャラメイン”のパーティーだけに、食事を楽しみながら、静かに物語の思い出を語らい合うのかな?」と想像していましたが、コールで会場がひとつになることからもわかるように、むしろ大宴会の趣きがありました。
 さらにステージと客席の距離が近いこともあり、“一体化”という言葉がしっくりと当てはまります。ステージイベントではなく“パーティー会場”だからこその魅力。より深く、キャラクターを演じる出演者を感じ取ることできました。

 そのうえ「女の子だけのときしか言えないことってあるよね」といった雰囲気も漂っています。
 大きな声で笑っても、女の子どうしだから大丈夫♪ このように女の子がメインのイベントは、“とってもリラックス”して“心が開放された状態”で楽しむことができるのでしょう。

男子キャラがいないからこそできる? ドラマパートは恋バナ!

 やがてイベントは、キャストの皆さんが生で演じるドラマパートへ移っていきます。

 男子キャラクターがいるイベントのドラマパートは、通常、胸きゅんの甘い台詞や、学園生活を描いたワチャワチャとした話が多いのですが……女子会では、ドラマパートだって違ってきます。展開されたのは、『金色のコルダ2 f アンコール』から日野香穂子、天羽菜美、都築茉莉による“恋バナ”!!

 天羽菜美の提案で、物語に登場する身近な男性を、家族や友人などさまざまなポジションに、それぞれ当てはめていくことになったのですが……。

 都築茉莉は、親友にするならなんでも話せる「王崎くん」と回答。
 「弟にするなら?」の質問に、天羽菜美と都築茉莉は声を合わせて、笑顔が可愛く母性本能をくすぐる「志水くん!」。

 と、ここまではファンの女の子たちも納得の模様。

 しかし、「兄にするには?」の問いに、天羽菜美が「加地くん」と答えると……会場から「ふふふふ」と笑い声が。その反応に「あら、どうして?」と天羽菜美。
 彼女が加地葵を兄に選んだ理由は「かなり過保護だけど、フォローが上手だから」とのこと。
 ところが都築茉莉に「過保護になるのは日野さん限定じゃないかしら?」と返され、会場を笑いの渦に巻き込みました。

 一方、都築茉莉が兄にしたい男性は「金澤先生かしら」。
 会場の女の子たちから「おぉぉぉぉぉ」と意味深な歓声が上がります。
 都築茉莉は、親身になって相談に乗ってくれることなどを理由に挙げ……さらなる理由として「金澤先生といると、猫と触れ合える時間が増えるわ」とひと言。ふたたび会場は笑いに包まれました。

 続いて、天羽菜美が日野香穂子に「恋人にするなら?」と訊いたところ……あっさりと、はぐらかされていました。

左から天羽菜美として登場した増田さん、日野香穂子の高木さん、都築茉莉の大原さん

 女性向けゲームは、恋愛対象キャラクターの男の子と恋を楽しむものですが、このように今回のドラマパートで、友達である女子キャラが、ヒロインと恋愛対象になる男子キャラのことをどう思っているかは、意外と知らないものなのかもしれないと気付かされました。

 女の子は好きな人ができたら、たいてい友達に相談しますよね。そして、その意見に耳を傾けるもの。だからこそ、ヒロインの友人たちが男子キャラをどう思っているかはとても大切な話なのです。

 まさに女子会ならでは成り立ったドラマパート。ここに男子キャラがいたら……逆“雨夜の品定め”のような振る舞いなんて、本人たちを目の前にできませんから、まさしく女の子だけの内緒話でした。

難題続出でファンもびっくり! ゲームパートでさらに一体感が!

 続いて行われたゲーム「報道部・天羽菜美は見た!」は、出演者と会場のファンが3つのチームに分かれて得点を競う、『コルダ』に関連する内容のクイズ。

 クイズ内容は「正門の開門時間は?」「普通科の1学年の生徒数は?」「『金色のコルダ2』の恋愛対象の学生の中で、いちばん身長の高いキャラクターは?」というもの。想像以上の難題にさすがの女の子たちも頭を抱えました。

 シンキングタイム中に出演者たちが、テーブルのあいだを歩くと、その距離はわずか50cm程度。自分の真横から憧れの声が聞こえてくるなんて、とてもじゃないけど集中できなさそうですが……そこはファンの皆さんもグッと堪え、解答に頑張っている姿が見られました。
 なお、答えはそれぞれ、「開門時間は7時」、「普通科1年の生徒は180人」、「身長の高いキャラクターは土浦梁太郎」でした。

 「ミニドラマ」のコーナーでは『金色のコルダ4』から、小日向かなで、七海宗介、御影諒子が登場。ほっこりとした学園話が展開されました。その内容はというと……。

 週末合奏団のチラシを用意していた小日向かなでと七海宗介は、御影諒子のもとを訪れます。
 そこで小日向かなでが、ライバル校の至誠館や神南の皆とバーベキューやスイカを食べたりしたことがあると話すと……七海宗介は「もっと早く知り合っておけば……」とがっくり。
 一方の御影諒子は、クールな冥加玲士がみんなと一緒にそれらを楽しんむ図が想像できずにいるのでした!

 その後、「コルダ15周年の始まり! 思い出ガールズトーク」のコーナーへ。都築茉莉が加地葵に言った、「あなたの愛は重いのよ!」という衝撃的な台詞が再現されるなど、『金色のコルダ』ファンの“大好き”ポイントを刺激しまくる展開でした。

会場の女の子たちが大号泣……メッセージプレゼント

 そして、「メッセージプレゼント」のコーナーが始まると……、それまではワイワイがやがやと盛り上がっていた会場の空気が一変します。

 これはネオロマンスパーティーの恒例とも言えるコーナーで、ヒロインの名前を当選した参加者の女の子の名前に置き換え、キャラクターからメッセージが贈られるというものです。

 これまでのイベントでは、男子キャラクターからの“愛のメッセージ”が贈られていたのですが、女子会の今回は違います。
 『金色のコルダ プロジェクトff』の天羽菜美と『金色のコルダ2 f  アンコール』の都築茉莉からの“友情メッセージ”が参加者にプレゼントされることに。
 “指切り”というテーマのもと、出演者が当選した女の子の目の前でメッセージを朗読。さらに指切りをしてくれるのです。これには当選した女の子もびっくり!

 もう……それはヒロインが自分となり“作品の中のワンシーン”が実現しちゃっているような状況です……。嬉しすぎて声も出ませんよね。

大原さん

 そして、高木さんがどこからか見つけたとされる、“日野香穂子ちゃんが過去の自分に向けて書いた手紙”が読み上げられました。

 「ヴァイオリンに出会う前の私へ……。いま、何をしているかな?」と始まる手紙には、夢中になれることがなかった過去の自分に向けて、でもヴァイオリンや素敵な人に出会えるからね、と励ます内容でした。

 この手紙が読まれると、会場はシーンと静まり返り……そこここで静かに涙を拭う姿が……。

 夢中になれる大切なヴァイオリンに出会えたヒロインの喜び、そして素敵な出会いの数々。
 女の子たちはヒロインとして過ごした日々が、走馬灯のように一気に思い出としてめぐり始めたのでしょう

 もちろん、このメッセージをしたためた手紙もプレゼントとして参加者の女の子にプレゼントされました。当選した女の子は「ひゃぁぁぁ!!!!!」と喜びの声を上げたあと、感極まって号泣しながら高木さんから手紙を受け取っていました。

高木さん

 恋愛シミュレーションゲームにとってヒロインはプレイヤー自身。だからこそ、日野香穂子からの手紙はまさに……いま、いろいろなことに頑張っている自分に送られるエールのようなもの。辛いときも悲しいときも……会場にいる女の子たちは『金色のコルダ』の女子キャラたちに励まされているのです。泣かないわけがありません。

 ゲームをプレイしているとき、シナリオに感極まって泣くことがあります。しかし、こうして同じ作品が大好きな女の子だけで集まり、そのキャラクターからメッセージを受け取ると……ゲームをプレイしていない状態でも涙が自然と溢れでてきます。

 男子キャラのいるイベントで、女の子がもらえるのは“愛”。しかし、今回の“女子会”からは、女の子が女子キャラからもらうのは、友情やエールだけでなく、いまを頑張る力と、そして未来へ立ち向かう強さなのではないかと感じました。

 等身大のヒロインだけど、彼女たちはやっぱりどこか“憧れ”の存在でもあります。「日野香穂子のように、小日向かなでのようになりたい……」。そう思わせてくれるからこそ、『金色のコルダ』のヒロインたちはファンの女の子たちに愛されているのでしょう。 

女の子にとって大切なのは、可愛いお菓子とお茶とおしゃべり!

 いよいよパーティーも終盤となり、キャストによる挨拶が行われました。

 「思い出話などを、女子の皆さんと同じ目線でお話しできたのが初めてでしたので、貴重な機会をいただけて本当に嬉しかったです」と大原さん。

 増田さんは、「冗談で「女子会できたらいいね!」と話していたことがあったけれど……実現しないと思っていました。でも、今日皆さんの顔を見た瞬間から泣きそうでした。演じている側ではありますが、素敵な気持ちをいつも頂いて感謝しています」。

 高木さんは、「始まる前は、扉の前で皆さんの声が聞こえてドキドキしていました」と感想を述べました。

 最後は全員でCDアルバム『ネオロマンス デュエット+ 金色のコルダ』に収録されている曲、「Bouquet〜微笑みの花束〜」を、『金色のコルダGirl’S Party』のテーマソングとして大合唱。

 お菓子やお茶、おしゃべりなどの息抜きをうたう歌詞は、まさに今回の女子会を象徴するようです。

 そう、美味しい食事とおしゃべりは女の子にとって何より大切なもの。それは楽しいひとときを共有できる友達がいるから、楽しくおしゃべりもできるわけで……。

 友達が支えてくれるからこそ、女の子は目標に向かって頑張れるし、恋も楽しめる。まさに今回のパーティーは、日々を頑張る女の子たちに、『金色のコルダ』に登場する女子キャラたちが、息抜き以上の楽しいひとときを贈ってくれたものとなりました。

 最後の最後は出演者たちによるお見送り。これにはファンの女の子たちも嬉しさを隠しきれない様子で、「楽しかったねー」、「また来たい」と口々に言いながら、会場を後にしていました。

左から増田さん、高木さん、大原さん

 今回の『金色のコルダGirl’sParty』では、感極まって涙を流す女の子たちが続出しました。それもそのはず、女性向け恋愛シミュレーションゲームにとって……ヒロインはまさに“自分自身”。だからこそ、友達キャラクターはファンたちにとっても“かけがえのない友人”です。

 大好きな男子キャラから愛のメッセージがもらえるイベントはもちろん楽しいけれど、それと同じくらい、いやもしかしてそれ以上に、女子キャラのヒロインや友達からもらえる言葉は、女の子たちにとって心の支えになるのではないでしょうか。

 このように愛されるヒロインがいるからこそ、素敵な恋愛ができる。
 それが『金色のコルダ』が15年という長きにわたりファンから愛されている理由なのかもしれません。

 次のページでは、当日の出演者の皆さんから、あらためていただいたコメントと、開発およびパーティー主催のコーエーテクモゲームスにメールで訊ねた主催の意図などを掲載しています。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ