上手に“穴”を操って、なんでもかんでも落としちゃえ。演出センスに優れた「The Game Awards 2018」モバイル部門ノミネート作【レビュー:Donut County】

 プレイヤーが操るのは「穴」。
 物を落とすたびに大きくなる不思議な穴を操作して、最初は石や草、そのうちイスや机、いずれは車や家まで落としていく、『塊魂』ならぬ「穴魂」なiPhoneゲームが公開されています。
 『Donut County』です。

 先日、アメリカのゲームの表彰『The Game Awards』の2018年度のノミネート作が発表されました。

 この表彰にはモバイルゲーム部門(Best Mobile Game)があり、そこに『フォートナイト』『PUBG MOBILE』『Florence』と並んでノミネートされたのがこの作品です。

 先に言ってしまいますと、この作品はあまり「ゲーム」という感じではありません。
 「デジタルおもちゃ」といったプレイ感で、脱出ゲームのような謎解きもあるのですが、一部のシーンを除いてとても簡単です。
 『Florence』と同じ、ビジュアルが評価されての選出でしょう。

 ただ、デザインや演出のセンスに優れていて、こうした表彰にノミネートされるのもわかる作品。
 注目されているため、今回ご紹介しておきたいと思います。

 価格は600円。 買い切りゲームであるため課金・広告・スタミナ等はありません。
 アメリカの個人開発者が6年におよぶ製作を続けてきた作品で、販売はビジュアル系のゲームを扱っているAnnapurna。
 『Florence』『Gorogoa』、スマホ版『Flower』もここがパブリッシュを行っています。

 少し前に「穴」を操って町にあるものを落としていく『hole.io』というゲームが流行っていましたが、それとは直接関係ありません。
 内容も『hole.io』が時間制のオンライン対戦ゲームであったのに対し、こちらはひとり用でステージクリア型のゲームです。

 『hole.io』が『Donut County』のコンセプトを盗用したのでは? という提言がありましたが、事実関係がわからないので、ここではそれについての言及はしません。

 スティックやボタンはなく、穴をスライドして動かします。
 まずは紙ゴミや石ころを落として、穴を徐々に大きくしていきます。

 大きくなれば箱や鞄も落とすことができるでしょう。
 それによって穴はさらに大きくなり、棚や大壺、そのうち建物まで落とせるようになります。
 すべてのものを落とせばステージクリア。

 物の動きは物理シミュレートされており、リアルな動きで落ちていきます。

小さなゴミから始まり、大きな家具、さらに建物に移っていく、エスカレートしていくゲーム展開はまさに『塊魂』的。

 物を落とす過程でゲーム的な困難──たとえば敵が出てきて邪魔をする、といったことはありません。
 制限時間もなく、スコアもありません。
 ただひたすら落とすだけの、シンプルな内容。
 しかし散らかっているものをポイポイ落としていくのは、それだけで楽しさがあります。

 また、ステージによってはちょっとした工夫が必要になります。
 穴から尻尾を出すヘビを使ってスイッチを押したり、穴に溜まってしまった水を水飲み鳥に吸い取らせるなど、仕掛けを使わないとクリアできないようになっていきます。

 ただ、そこまで難しい仕掛けはなく、パズルや脱出ゲームっぽくなるのは最終ステージぐらい。
 ほとんどのステージはプレイヤーを悩ませるようなものではなく、手軽に遊べる作りになっています。

キャンプ場。バーベキューグリルの中には炭があり、それとたき火を落とすと穴が炎上、その炎を使って木や机を燃やせます。ステージごとに特徴的な仕掛けが用意されています。

 ステージの合間には会話シーンが入ります。
 穴の底、地下の奥深くで、落とされた人々がことの顛末について話し合いを行います……。

 その会話はいかにもカートゥーン(アメリカのアニメ)的で、雑然としたもの。
 正直、ワケがわからない話になったりしますが、このユニークで取り留めのないストーリーもゲームの良さでしょうか。

 物語が重視されていて、全体でひとつのインタラクティブ(ユーザー介入型)デジタルアニメーション作品になっている印象です。
 各ステージは数分で終わり、全20ステージほどありますが、ラストまで1時間半程度。
 長さ的にも「ゲームという形態を採ったショートストーリー」という感じですね。

地下999フィートで住民たちが反省会。でも、ヘンな人しかいないので、ヘンな話にしかならない。そもそも世界観がヘン。

 長く楽しめるゲームではありませんが、手軽に体験できる良作といったアプリです。
 ゲームではなく、デジタル絵本を見るつもりで購入する方がよいかもしれません。
 実際、“完全な子ども向け”というわけではありませんが、親子で楽しめる作品だと思います。
 そうしたアプリにはお金を出し辛い人も多いと思いますが……。

 今年の「Best Mobile Game」にノミネートされているぐらいなので、演出や「見せ方」に優れています。
 ビジュアル系のゲームが好きな人なら、満足できる作品でしょう。

Donut County

「穴」を操って物を落とす変わり種ゲーム

(画像はDonut County – AppStoreより)

・物理ゲーム
・開発:Ben Esposito(アメリカ、個人)
・販売:Annapurna Interactive(アメリカ)
・iOS版600円、Steam版1320円

文/カムライターオ

関連記事:

紙クズから高層ビルまで何でも吸い込む“穴”を操作してすべてを解決するパズルゲーム『Donut County』が8月28日発売

レベル上げが簡単なのでモンスター配合・育成に専念できる。スマホ版『ドラクエ』スピンオフでモンスター収集に励もう【レビュー:ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP】

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
 iPhone アプリのレビューサイトを経て電ファミニコゲーマーのお世話に。 
 シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ