権力に翻弄される悲惨な国王の運命を描いた国政ゲーム『Reigns』にドラマ『Game of Thrones』バージョンが登場【レビュー:Reigns: Game of Thrones】

 「YES」と「NO」の二択だけで国家を運営し、権力バランスが崩れればたちまち悲惨な最期を迎える、手軽でブラックな国政ゲーム『Reigns』シリーズ。
 それがアメリカのテレビドラマシリーズ『Game of Thrones』(ゲーム・オブ・スローンズ)とコラボした、シリーズの3作目が公開されました。
 『Reigns: Game of Thrones』です。

 この作品は現地時間12月6日(日本時間12月7日)に発表されるアメリカのゲームの表彰『The Game Awards 2018』の、モバイルゲーム部門(Best Mobile Game)にノミネートされています。

 今年のモバイルゲーム部門のノミネート作は以下の通りです。

 ・Donut County
 ・Florence
 ・フォートナイト
 ・PUBG MOBILE
 ・Reigns: Game of Thrones

 他の作品は上記リンク先ですでに紹介済みなので、今回は残っている『Reigns: Game of Thrones』を取り上げたいと思いますが……。

 ただ、この作品はドラマ『Game of Thrones』を知っているかどうかで、おすすめできるかどうかが変わります。
 知っている方には、文句なくおすすめです。
 知らない方には、あまりすすめられません。

 『Game of Thrones』(ゲーム・オブ・スローンズ)は魔法やドラゴンが存在する西欧ファンタジーの世界を舞台とした物語ですが、中世の叙事詩のようであり、歴史大河ドラマのような内容です。
 権力や情事を巡る、残酷で淫靡なシーンが多く、子どもには見せられないハードコアな作品。

 そして歴史ものであるため、登場人物が非常に多く、設定も複雑です。
 そんな原作をこのゲームは一切、もはや清々しいほどに説明しません。
 「プレイヤーは原作を熟知している」という前提でゲームは進行します。

 そのため原作を知らない人だと、何がなんだか、誰が誰だが、サッパリわかりません。
 「これをやれば『ゲーム・オブ・スローンズ』が好きになる」という感じでもなく、「ファンアイテム」に近いアプリといえるでしょうか。

 価格は480円。 買い切りゲームなので課金・広告・スタミナ等はありません。
 Steam版も公開されています。

 ゲーム開始時に、まず担当する主人公を選びます。
 といっても、最初に選べるのはドラゴンを連れた美女「デナーリス」だけ。
 始まると同時に目の前に、王となる者が座る「鉄の玉座」が現れ、座るかどうかを問われます。

 原作を知っている人だと、これを見て「おいおい、それってもうラストじゃん!」と驚くことでしょう。
 そう、この作品は原作のストーリーを追うものではなく、すでに終盤の状態です。
 そこから各登場人物が「もし”王”になったら」という“ifストーリー”が展開されます。

 『Reigns』シリーズは王や女王になって国家を運営するゲームでしたが、それは今作でも変わらないということですね。

 王となった主人公の前には、次々と謁見者が現れて質問や提言を行います。
 プレイヤーはそれに「はい」か「いいえ」で答えていきます。
 カードゲームのような演出になっていて、返答は出されたカードを左右にフリックすることで行います。

 YES/NOで答えられない質問もありますが、カードを左右に動かして、そのまま指を離さなければ、なんと答えるのかを確認できます。

 そして返答により、4つの王としてのステータス「権力・信仰・人々・金」が変動します。
 たとえば神殿の建設を要求されて、応じると信仰が増えて金が減り、拒否すれば信仰は減って権力や金は増えます。

 このステータスは増えすぎても減りすぎてもいけません。
 たとえば権力は、なくなれば他の勢力や北方の脅威「ホワイトウォーカー」の侵攻に耐えられなくなりますが、増えすぎると暴君と呼ばれ、謀反を起こされてしまいます。
 常に中庸を保つよう選択しなければなりません。

 とはいえ、どう答えればどう変動するのか最初はわからないので、4つのステータスすべてのバランスを取るのは至難の業です。
 おまけに今作は突発事故が多く、暗殺されたり、武術大会で負傷するといった、国のステータスにかかわらない死も散らばっています。
 加えて戦争が起こることもあり、ここで負けても死が待っています。

 『Reigns』らしい死にまくりなブラック展開は相変わらずで、しかも死にざまが集団に袋叩きにされるとか、毒の風呂に放り込まれるとか、今まで以上に凄惨。
 それはまさに『Game of Thrones』であり、ブラックの相乗効果で極めて漆黒です。

 『Reigns』はできるだけ長く王位を維持する生き残りゲームであると同時に、謎解きアドベンチャーゲームでもあり、特定の回答を行うことで「目標」が達成され、それによってカード(新しい質問)が追加されていきます。
 今作の場合、選択できる主人公も増えていきます。

 主人公が違えば、開始時の状態も変わります。
 ゲームの舞台「ウェスタロス」(七王国)には「スターク家」や「ラニスター家」、「ドーン」(マーテル家)といった領主たちや、最初の主人公であるデナーリスが別の大陸から連れてきた蛮族「ドスラク人」、奴隷の傭兵である「穢れなき軍団」、ホワイトウォーカーを防ぐ北の壁を守る「ナイツウォッチ」など、さまざまな勢力が存在しています。

 主人公によって誰が味方で、誰が敵かは異なります。
 提案を行ってくる側近も異なり、ときには他国と交渉したり、側近を変えたりする選択を行うこともあります。

 しかしそのため、原作に精通していないと誰がどんな役割で、どの勢力にいて、誰と関係があるのかなどがわかりません。
 冒頭で述べたように、このゲームに「人物名鑑」や「用語辞典」のようなものは一切ありません。

 そして『Reigns』シリーズをやったことがある方ならご存じの通り…… このゲームの謎解きはかなり難しく、それでなくても国家のバランスを取るのが大変なのに、それを維持しながら新展開を探すのは骨が折れます。
 「二択なんだから簡単だろう」と思ったら大間違いです。

 結果として、原作の知識が中途半端な人が謎解きを進めていくのはかなり困難。
 Wikipediaを少し見てどうにかなるレベルではないです。
 ゲーム自体はサクサク選択してサクサク死ねる、手軽なシステムなのですが……。

 せめてドラマのシーズン1ぐらいは観ておかないと厳しいですが、『Reigns』と『Game of Thrones』はとてもマッチしており、ファンなら間違いなく楽しめるでしょう。
 『Amazon Prime』『Hulu』などで視聴でき、日本でも人気のドラマなので、「すでに観た」という人も少なくないと思います。

 もし『Reigns』の戦国版や三国志版が出たら、日本でも多くの方が楽しめるでしょう。
 「そんな作品のアメリカドラマ版だ」といえば、知らない人でも想像しやすいでしょうか。

 ゲーム自体は他のシリーズ作と大差ないので、『Game of Thrones』を知らない方には『Reigns』の1作目か、2作目の『Reigns: Her Majesty』の方がおすすめです。
 歴代の『Reigns』も数々の表彰を受けており、今作がアメリカのモバイルゲーム賞でノミネートされるのは自然ではありますね。

Reigns: Game of Thrones

人気の国政ゲームと人気のドラマシリーズがコラボ

(画像はReigns: Game of Thrones – Google Play のアプリより)

・簡易国政アドベンチャー
・開発:Nerial(イギリス)
・販売:Devolver Digital(アメリカ)
・iOS版480円、Android版440円、Steam版410円

文/カムライターオ

【あわせて読みたい】

 

上手に“穴”を操って、なんでもかんでも落としちゃえ。演出センスに優れた「The Game Awards 2018」モバイル部門ノミネート作【レビュー:Donut County】

 プレイヤーが操るのは「穴」。
 物を落とすたびに大きくなる不思議な穴を操作して、最初は石や草、そのうちイスや机、いずれは車や家まで落としていく、『塊魂』ならぬ「穴魂」なiPhoneゲームが公開されています。
 『Donut County』です。

関連記事:

レベル上げが簡単なのでモンスター配合・育成に専念できる。スマホ版『ドラクエ』スピンオフでモンスター収集に励もう【レビュー:ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP】

恐竜の世界でサバイバル。大人気のオープンワールドがスマホにも登場【日記風レビュー:ARK: Survival Evolved】

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
 iPhone アプリのレビューサイトを経て電ファミニコゲーマーのお世話に。 
 シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ