プレイ時間30分で味わえるVR開発の最先端 話題作『バットマン:アーカム VR』の到達点を語ろう【ドワンゴVR部体験レポ】

1

2

 人気アメコミ「バットマン」の世界観を踏襲し、ワーナー・ブラザースが発売しているゲーム「バットマン:アーカム」シリーズ。映画やコミックスで馴染み深いキャラクターが登場すること、そのダークな世界観にどっぷりと浸れることから、世界中で多くのファンをとりこにする人気シリーズだ。
 そんな「バットマン:アーカム」シリーズから、PS VR向けコンテンツ『バットマン:アーカム VR』が登場。舞台となるのは退廃した街、ゴッサムシティ。プレイヤーはバットマンに扮して多くの謎を解決していく
 あらゆるVRゲームをプレイし尽くすドワンゴVR部のメンバーから得られた感想は、「VRゲームの到達点」「ホラーとしても最恐では?」など想像以上の讃辞ばかり。一体どんなゲームなのか……?

※注意:この記事には『バットマン:アーカム VR』のネタバレが含まれます。

 

バットマンの世界をVRで体験できる。画像はワーナー・ブラザース公式サイトより
バットマンの世界をVRで体験できる。画像はワーナー・ブラザース公式サイトより

関連記事:
【サマーレッスン爆速レビュー】パンツを覗き込むのに成功したぜ! JKをカテキョする大注目VRゲームをドワンゴVR部が語り尽くす!
PS VRを前日Getする役得で、仮想空間で仕事から現実逃避していたドワンゴVR部社員に座談会させてみた


多くの要素が詰まったVRゲームの完成形

プレイをしてみた第一印象はどうですか?

キャラになりきって「VRでこんな体験をしてみたい」と私たちが考えていたことがほとんど入ってましたね。

現時点でこれはすごすぎるでしょう。語りたくなるポイントが多すぎましたね。

PS VRをいま買うなら必ずやりましょう。冗談抜きで!

いきなりテンション高いですね(笑)。

場面ごとに印象が全然違うんですよね。ゲームシステムが変化に富んでいました。

時間を巻き戻して何があったのかを解き明かす捜査パートだったり、閉じ込められた場所から脱出する脱出ゲームパートになったり。そして最後はホラーパートになるという。

そんなにいろいろと。

全部違う要素で、しかもそれがすべてクオリティが高くて、本当に驚きましたね。

いま想像できるVRの楽しみ方をひととおり見せつけてくれたって感じ。

VRゲームのベストシーンセレクションという感じのゲームでした。

皆さん大絶賛ですね。

なんでこれが3000円で買えるんですか。意味がわからない。3万円じゃないんですか(笑)!

想像を超える完成度

文字通り映画の世界に入るという夢のコンテンツですよね。バットマンの世界に出てくるガジェットがちゃんと使えるのが楽しい。

バットスーツを装着してバットマンの世界に入る。

ぶっちゃけ、バットマンのスーツを装着して、ちょっと戦闘シーンがあって、それで終わっても十分いいゲームだった。そこで終わるかと思っていたんですよ、最初。その3倍ぐらい先があったっていう。

予想を超えてきたと。

いきなりこれを作るのは無理ですね。相当勉強して、遊んで、その上で作ったんでしょうね。特にホラーシーンは。

ものすごく研究してますよね。

いつから作っていたんだろう。VRへの適正化を突き詰めた結果ですよ。

演出もしっかりしていて、ストーリーもいい。

とにかくホラーパートがすごい!

いろいろな要素が詰まっていますが、どのパートが特に良かったですか?

最後のホラーパートですね。

最初はモニター越しで見て、途中からヘッドマウントディスプレイをかぶってプレイしたけど、怖すぎました。

VR部メンバーが絶賛するホラーパート。恐怖感を煽る演出が次々と繰り出される。

VR空間内で後ろを振り返るたびに景色が変わるんですよね。さっきまでそこになかったものが突然現れる。

あれは本当に怖かったですね。

VRにしかできない演出というわけですね。

ホラーパートに入った瞬間に、コンテンツが表現したいものが急に変わって、プレイヤーの恐怖心を煽る勢いがすごかった。

めちゃくちゃ怖がってますね(笑)。

本当に怖かったですよ。多人数でやっておもしろいジャンルのゲームではないかもしれないけど、すごくよくできてる。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ