【サマーレッスン爆速レビュー】パンツを覗き込むのに成功したぜ! JKをカテキョする大注目VRゲームをドワンゴVR部が語り尽くす!

1

2

 あらゆるVRゲームをプレイし尽くすことを目指して活動する「ドワンゴVR部」。発売されたばかりの「PlayStation VR(PS VR)」を前にして彼らは考えていた。20種類以上あるローンチタイトルの中で、まず何をプレイすべきか…?

 彼らの心は決まっていた。あれしかない。そう、『サマーレッスン』だ。

 VR空間で女の子とのコミュニケーションを通じて夏休みの1週間を体験するゲーム。女の子の匂いまで漂ってきそうな、今まで味わったことのないドキドキ体験が味わえるのでは? と話題沸騰。「鉄拳」シリーズで知られる原田勝弘氏が製作に関わっているのも興味深いポイントだ。

 そんなこの秋最注目のタイトル『サマーレッスン』を、ドワンゴVR部メンバーがいち早くプレイ。VRの女の子にどれだけドキドキするのか、ぶっちゃけどこまで見えるのか、徹底的に語り尽くす!

VR空間で女の子と出会える。 画像は『サマーレッスン』公式サイトより
VR空間で女の子と出会える。 画像は『サマーレッスン』公式サイトより

関連記事:
PS VRを前日Getする役得で、仮想空間で仕事から現実逃避していたドワンゴVR部社員に座談会させてみた


実はパーティーゲーム!?

『サマーレッスン』をプレイしてみて、第一印象はどうでしたか?

次世代のギャルゲーですね。やっぱり女の子が顔の前に近づいてくると無条件にドキドキしますよね。

プレイヤーだけでなく、周りで見ている人も巻き込んでワイワイできたのが意外でした。

やっぱり目の前に女の子がいるというのがインパクトがありますよね。その一点で押せているのはすごいと思いました。

今までのゲームと一番違う点はなんでした?

画面越しだと、当然ですが画面から出てこられないんですね。VRだと本当に目の前に来るんですよ。キャラクターがプレイヤーのパーソナルスペースに突っ込んでくる感覚。

わざとプレイヤーのパーソナルスペースを侵すような動作をしますからね。顔を近づけてくるとか。自分で接近するのと、向こうから近づいてくるのは体験として全然違いますよね。自分のパーソナルスペースを侵されるということに対して、喜びだったり、嫌悪感だったり、プレイヤーの側がなんらかの感情を呼び起こされるという。

そういう意味では、一人がやっているのを多人数で見て、その反応をワハハと見るのも楽しい遊び方だと思うんですよね。

ということはパーティーゲームとしても使えると。

絶対みんなでやったほうが楽しい。男同士もいいし、女の子が混ざっていてもいいかなって。気の置けない友人同士だったら全然ありだと思う。一人でプレイするより、パーティゲームとして盛り上げるシチュエーションのほうが楽しい。

無理な体制で何かに挑んでいるVR部メンバー。

週末に友人同士で集まってとか。

自分がプレイするのも面白いし、やっている人を見るのも面白い

プレイする姿を写真に撮ってTwitterにアップするのも盛り上がりますね。

『サマーレッスン』をゲームとして評価すると?

なるほど。てっきり一人で部屋でJKに萌えるゲームかなと思ってたんですが、そういう楽しみ方が推奨されるとは意外です(笑)。では、ゲームとしてガチに評価するとどうです?

ゲームとしてはオーソドックスで、正直薄味すぎでした。というか、育成ゲームの部分はPS VRゲームとして売るための方便であって、「そこはみんなどうでもいいよね?」と作り手も思ってるでしょ(笑)。

まだ1回しかプレイしてませんけど、コミュニケーションを取るというよりは、ひかりちゃんを愛でるというか、観察するのを楽しんでいたなと。

まあ、ひかり観察日記でしたね。

選択肢が何回か出てくるだけで、プレイヤーが能動的にできることがあまりないですからね。

エンディングを分岐させるために使うのかなというのはなんとなくわかりますけど。

ただ、とにかく育成部分は薄味にしてあるので、女の子の可愛さを愛でるのにジャマになっていない。そこはいいと思います。がっつりパラメーターを調整して攻略するようなゲームを想定するとちょっと違うかもしれませんね。

まあ、『サマーレッスン』でそれをやろうという気もあんまり起きないし。

そうそう。どうせ買う人はそんなところを気にしていないと思うのでいいと思うんですけど(笑)。

UIが気持ちいいゲーム

ただ、「ずっと座ってプレイするゲーム」という意味では、ちゃんと目の前に物が順番に来るところがよくできている。もてなされている気分になれるゲームですよね。「次にやることが雰囲気でわかる」ので、プレイしやすいんです。まあ、〇ボタンを押すぐらいしか操作がないんですけど。

視点を合わせ続けるとそこにカーソルが動くというUIはシンプルでいいですし、カーソルを選択肢に合わせたときの効果音が気持ちいいですよね。カチッカチッていう効果音がわかりやすい。そこは本当に丁寧だなと。

画面の一点を見続けるとカーソルが合う
画面の一点を見続けるとカーソルが合う

自分の首を縦か横に振ってイエス・ノーを示すという動きが最初に出てきますが、それはどうでしたか?

あれは楽しかったし、もっとゲーム内で使いたかった。最初の1回か2回ぐらいしかなかったよね。

他に使えるシーンはあるんですかね。

何周もして会話の選択肢を広げていくと出てくるのかなと思いました。まだまだ奥があると思う

今後も追加があるそうなので、さすがにここでは終わらないとは思う。

今のところは期待大ですよね。

で、どれだけ「えっち」な体験ができるの?

じゃあ、みんな気になる女の子とのえっちな体験の話にも移りましょうか……。メインキャラクターである女子高生の宮本ひかりちゃんはどうでしたか?

ああ、可愛くなかったんですよね……。

コラー! 好みじゃなかった?

どう見ても顔立ちが高校生じゃないですよね。20歳は超えてますよね。あれは製作者の趣味なんだろうなって(笑)。

メインキャラクターの宮本ひかりちゃん。皆さんはどう見えますか?
メインキャラクターの宮本ひかりちゃん。皆さんはどう見えますか?

自分の場合は最初に宮本ひかりのビジュアルを見たときはうーんと思ったけど、HMDで見るとすごく可愛く見えた。これはVR向けに作られたからなんだろうなってのはあるかな。でも、個人的にはアリソン【※】ちゃんこそ期待したい。

※アリソン
『サマーレッスン』パイロット版に登場していたキャラクター。米国出身の白人女性という設定。

 

1

2

電ファミTwitterをフォロー
LINE@開設しました

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

カテゴリーピックアップ