勝間和代が若きトランプ氏に挑む――ボードゲームから学ぶ「お金ほど人間を幸せにするものはない」

1

2

 今年1月20日の就任以来、ニュースでその名を見ない日はないドナルド・トランプ米大統領。そんなトランプ氏が1989年、自身の名前を冠したボードゲームを発売していたのをご存知だろうか。その名も「トランプ・ザ・ゲーム」

約30年前、不動産王だった時代に発売した「トランプ・ザ・ゲーム」。

 80年代といえばニューヨークの目抜き通りに「トランプタワー」を建てるなど、不動産王として栄華を誇っていた時期。しかし自身が出演するテレビCMを大々的に打ったにもかかわらず、販売予定の半分以下しか売れなかったようだ。米タイム誌の「トランプ氏の10の失敗」にも挙げられるなど、彼の経歴における「失敗事業」の一つとなってしまった。

 約30年前のビンテージもののゲームのため現在はほとんど出回っておらず、大統領選当選とともにプレミア価格がつき、入手が困難になっている。

 電ファミ編集部では、そんな日本に十数個しかないといわれる「トランプ・ザ・ゲーム」をどうにか入手した。勢い余ってルールブックのオリジナル日本語訳も作成したので、もし運良く遊ぶ機会があったらぜひ参考にしてほしい(記事の最後に日本語訳PDFを全文掲載)。

 せっかくの機会なので、経済評論家、そしてボードゲーム好きが高じて昨年五反田にボードゲームカフェを開いた勝間和代氏と一緒にプレイすることにした。経済とボードゲームの両方に精通する勝間氏。トランプ氏の「幻のボードゲーム」をどう評価するのだろうか。

取材・文/透明ランナー
写真/雨宮美奈子


「トランプ・ザ・ゲーム」を手にする勝間和代氏。若きトランプ氏がパッケージを飾っている。

最もお金を持っていた人が「真のトランプ」

――今日はこちらの「トランプ・ザ・ゲーム」をぜひ一緒にプレイしようと、勝間さんのボードゲームカフェ「ウィンウィン」にやってきました。

勝間和代氏(以下、勝間氏):
 あら、このトランプさんイケメンですね。当時まだ40代ですか。月日は残酷ですね。ジュリーも若い頃はかっこよかったんですけど……。

――勝利条件は単純明快です。最終的に現金を一番持っていた人が「真のトランプ」、つまりゲームの勝者となります。

勝間氏:
 うわすごい、お札にトランプさんの顔が印刷されてますね。

お札にはすべてトランプ氏の顔が。

――しかも最低単位が「10M$」(約11億円)です。

勝間氏:
 いきなりスケールが壮大ですね。

――このゲームでは、8つある「資産」を売ったり買ったり交渉して、現金を増やしていきます。

「ホテル」「エアライン」「トロピカル・アイランド」など8つの「資産」。ゲーム内では入札によって購入することができ、その後売却や交換もできる。

勝間氏:
 モノポリーみたいな感じですか。さすが不動産王だけありますね。

「資産」は箱状で、横の隙間からこのように現金を入れることができる。ゲーム中にどんどん増えていき、ゲームの最後に所有していた人は中の現金をすべて自分のものにすることができる。

――このゲームで活躍するのが、さまざまな特殊効果がある「トランプカード」です。現金を増やしたり、奪ったり、他プレイヤーを妨害したり……。

「トランプカード」。全部で11種類、72枚ある。1ターンごとに1枚引いて自分の手札に加えていく。
「トランプカード」の例(右)。資産「トロピカル・アイランド」を所有している人がこの「トランプカード」を使うと、手持ちの現金が50M$増える。

――最初はサイコロを振って、すごろくのようにコマを盤面の上で移動させていきます。

盤面はこんな感じ。資産のマス目の上に止まると、そのつどその資産の箱の中に10M$を入れていく。

勝間氏:
 あ、今「T」の目が出ましたけど。これ何ですか?

6の目のかわりに燦然と輝く「T」。

――「T」が出ると、他プレイヤー1人からトランプカードを1枚奪うことができるんですよ。それでは失礼して……。

「カードの奪い合い、なかなかシビアですね……」
コマも「T」。すべてトランプ氏仕様だ。

 まずは各プレイヤーにトランプカード5枚と現金400M$を配り、ゲーム開始だ。
 4人用ゲームなので、勝間さん、筆者、そして勝間さんのマネージャの内藤さん、カメラマンの雨宮さんにも参加してもらおう。

入札で資産を購入しよう

――それではゲーム開始です! ゲームは2つのフェイズに分かれています。第一の「購入フェイズ」ではサイコロを振ってコマを進めながら、場にある8つの資産を入札で購入していくことになります。

勝間氏:
 資産はどうやって買うことができるんですか?

――盤面に「資産を売りに出す」と書かれているマスがあります。そのマスの上にコマが止まったら、そのプレイヤーが売り主となってオークションが開かれます。

「For Sale」。このマスの上にコマが止まったら、資産をどれか1つ売りに出せる。

勝間氏:
 他の3人のプレイヤーが入札して競り落としていくわけですね。

――手持ちの現金と相談しながら、欲しい資産を手に入れましょう。

資産が売れてからが本番! 「取引フェイズ」

――8つの資産がすべて入札で買われ、誰かの所有物になりました。いよいよここからが本番です!

勝間氏:
 今までのは前フリだったんですか!?

――その通りです。第二フェイズは「取引フェイズ」。どんな交渉でもできます。他プレイヤーと合意すれば、どんな条件でもかまいません。何でもありです。

 資産やトランプカードを売ったり交換したりしてもいいし、「情報」を売ることさえできる。「この資産を一時的に貸すので50M$ください」「私の持っているカードの情報を30M$で売ります」というような取引も可能だ。

――私は「クルーズ」と「トロピカル・アイランド」を両方持っていれば100M$が手に入るカードを持ってるんですけど、勝間さん両方の資産を持ってますよね? このカードを80M$で買いませんか?

この2種類の資産を両方持っていれば100M$が手に入るカード。

勝間氏:
 うーん、80M$か……。

悩む勝間氏。

勝間氏:
 でも今その2つの資産を持ってるのって私だけだから、そのカード私に売るしかないですよね? 40M$なら買いますよ。40M$でどうでしょう。

――足元見てきましたね……。うーん仕方ない、では40M$で売ります。

勝間氏:
 交渉成立ですね。

――(次のターンで)では、私はこのカードを使わせてもらいます。「強制売却カード」。

他人の資産をどれでも強制的に売りに出すことができる。

――勝間さんが持っている「トロピカル・アイランド」を勝手に売りに出したいと思います。これでさっきのカードは使えなくなるわけです。

勝間氏:
 な、なるほど……。

その他にも、他プレイヤーから持っている資産の数×20M$の現金を奪えるカードや……
入札から1人を強制的に除外するカードなどもある。ライバルを蹴落としながらトップを目指していこう。
 カードを使ったり、資産をやり取りしたり、現金を奪い合ったり。このような交渉を順番に続けていく。全てのプレイヤーがやることがなくなり連続してパスしたら、そこでゲームは終了だ。最後に手持ちの現金と、所有する資産の箱の中に入っている現金を足し合わせる。最も額の多い人が勝者となる。

最終結果
勝間: 940M$
雨宮: 890M$
新井: 760M$
内藤: 650M$

勝間:
 やったー!

――おめでとうございます。あなたが「真のドナルド・トランプ」です!

 ルールブックにはトランプ氏からのメッセージとして次のように書かれている。”Remember, it’s not whether you win or lose, but whether you win!”(勝つか負けるかではない。勝つ、それだけだ)と……。

――それでは勝間さんに経済評論家、そしてボードゲーム好きとしての観点から「トランプ・ザ・ゲーム」を評価していただきたいと思います!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ

カテゴリーピックアップ