イケメン集合!!! 東京ゲームショウ2018の男性コンパニオンは「爽やかお兄さん」から「皇帝陛下」まで多彩な顔ぶれ

 東京ゲームショウ2018(以下:TGS2018)が、2018年9月20日〜23日まで幕張メッセにて開催しています。(20日〜21日=ビジネスデイ/22日〜23日=一般公開)

 ゲームショウといえば、会場を華やかに彩っているお姉さんコンパニオンのキラキラとした笑顔をみるのも楽しみのひとつ。
 しかし、イケメンハンターの筆者としては、「キラキラした男性コンパニオンがみたい!」というのが本音。

 そこで、男性コンパニオンが何人いるかは謎ですが、その姿を求めビジネスデイ1日目(9月20日)に参加してきました。

 なお「どこで会えたの?」や「紹介してるゲームはなに?」と、気になるブース位置なども紹介します!

文/かなぺん
撮影/田中一矢


女性向け作品のお兄さんたちは“爽やかスマイル”

 まずは、必ず男性コンパニオンやスタッフがいると思われる女性向けゲームを展開しているブースへ……。キラッキラなスマイルは目の保養です。

キャラメイク恋愛ゲーム『VRカレシ』

 “爽やかな笑顔のイケメン”に出会えたのは、TGS2018開催前から話題となっているIVRがiOS/Androidで配信予定の『VRカレシ』のブースです。
 “あなただけの『カレシ』に出会える”がコンセプトの作品らしく、ゲームではカレシの肌の色はもちろん、筋肉量や体型などを自由にプレイヤーが選んで設定可能とのこと。
 ブースではVRカレシの体験会が実施されているため、いちはやくカレシに会いたい女性たちで賑わっていました。(ホール10・W05ブース)

熱さ弾ける少年ダンサー育成ゲーム『ダンキラ!!! – Boys, be DANCING! -』

 “フレッシュさ漂うダンサー的なイケメン”と遭遇したのはKONAMIが発表した新作アプリゲーム『ダンキラ!!! – Boys, be DANCING! -』
 TGS2018ではキャスト陣のスペシャルトークショウやキャラクターたちによるダンスライブ&トークショウが開催中です。(ホール5・S01ブース)

中国の大人気ゲームが日本上陸! 『恋とプロデューサー ~EVOL×LOVE~』

 まさかの4人体制!? とテンションが爆上がりしたのは、大人気お着替えRPG『ミラクルニキ』 を提供しているニキが、2019年に配信を発表した新作アプリ『恋とプロデューサー ~EVOL×LOVE~』。中国では『恋与制作人』の名前で配信されており、累計7000万ダウンロードを突破しています。
 筆者はパネルをタッチしキャラクターとの会話を体験。囁かれるイケボに心がジーンと癒やされていきます。(ホール6・C01ブース)

豪華絢爛な装い『謀りの姫-TABAKARI NO HIME-』

 圧倒的なオーラを放つ皇帝様をキャッチ! 気品あふれるご尊顔を恐れながら撮影させていただきました。『謀りの姫-TABAKARI NO HIME-』はFriendTimes Technology Incが開発し、WISH INTERACTIVE TECHNOLOGY LIMITEDがパブリッシングを担当している新感覚女性向けアプリゲーム。
 中国宮廷が再現されたブースでは、なんと美しい漢服の試着体験ができます。漢服に着替えて写真を撮ればSNS映え間違いなし!!(ホール5・C07ブース)

ホンモノ感に驚いた男性コンパニオン

 ときには戦慄すら覚えるほどのホンモノ感に「おぉ〜」と感嘆の声をあげてしまいます。男性コンパニオンたちのクオリティーに乾杯!

恐怖に戦慄『バイオハザード RE:2』

 “リアルすぎる”と戦慄してしまった男性……もといゾンビが佇んでいたのは、2019年1月25日に発売が予定されているカプコンのサイバーホラーゲーム『バイオハザード RE:2』のブース。
 そこにはふたりのゾンビがスタンバイしており、じ〜っと人間たちをみつめています。まさに恐怖!  夢に出てきそう……。(ホール7・N01ブース)

凛々しさ抜群の『Ghost of Tsushima』 

 「侍だ〜。武器すごい!」と思わず駆け寄ったのは、6月にアメリカのロサンゼルスでおこなわれた『E3』で話題となり、TGS2018ではソニー・インタラクティブエンタテインメントのブースに登場した『Ghost of Tsushima』
 ブースは作品の舞台でもある古の対馬をイメージさせるつくりになっており、侍やモンゴル兵と2ショットが撮影できます。(ホール4・S02ブース)

イケメンスタッフをパシャり!

 男性コンパニオンはもちろんですが、いろんなブースをみていると……なんと“イケメンスタッフ”がいるではありませんか! 

『Kick-Flight』ブースの好青年

 サイバーエージェントのブースでキラリと輝く好青年を発見! 撮影をお願いすると「え!? 僕ですか?」とはにかんだ笑顔を向けてくれました。お兄さんがいたのは、2019年配信予定のスマートフォン向け360°空中対戦アクションゲーム『Kick-Flight』ブースです。(ホール2・N19ブース)

ニュースターズコーナー・Poland(ポーランド)のメガネ男子

 ホール1に行くと、海外のゲームが集まるニュースターズコーナーがあります。そこでPoland(ポーランド)と書かれたスタッフ証を首からさげていたメガネ男子に出会いました。
 ワイルドな髭と優しそうな瞳のバランスに目が釘付け! 撮影をお願いすると「OK!」と爽やかに返事をしてくれました。(ホール1・N01ブース)

イケメンじゃ……ないだと?

 「イケメンだぁ〜!」と近づいてみたら、まさかの“フィギュア”だったことも! リアルすぎるよ……。

ノーマン・リーダス演じる「サム」が来日!? 『DEATH STRANDING』

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントブースに『DEATH STRANDING』で主人公サムを演じる俳優ノーマン・リーダス氏が来日か? ……とおもいきや、近づいてみるとなんと“人形”でした。それにしても、造形が繊細。ブースではサムとの2ショット撮影もできます。(ホール4・S02ブース)

撮影待機列があった 『デビル メイ クライ 5』のネロ

  2019年3月8日に世界同時発売が予定されている『デビル メイ クライ 5』。カプコンブースには主人公のひとり“凄腕のデビルハンター”ネロの等身大フィギュアが登場!
 「人じゃないよね?」と何度も確認してしまうほどのリアル感に息を飲んでしまいました。 もちろん2ショット撮影可能です。(ホール7・N01ブース)

 さて、TGS2018で出会った男性コンパニオンとスタッフはいかがでしたか? 爽やかなイケメンからワイルドなイケメンまで、目の保養となったことでしょう。

 しかし、年々増えているとはいえ、女性コンパニオンに比べると、まだまだ男性コンパニオンは“人数が少ない”気がしまいます。
 もっとも〜っと、イケメンが増えるといいな! 

【あわせて読みたい】

【TGS2018】『MakeS VR』でセイとついに“ご対面”! ──ディレクターの阿部浩美氏&プロデューサーの田口昌宏氏を直撃インタビュー! 

TGS2018で注目を集めているのが、ヘキサドライブが配信している“コンシェルジュアプリ”(iOS/Android)の『MakeS ‐おはよう、私のセイ‐』が展開する『MakeS VR』。ついに、セイがVRで目の前に姿をあらわす?

関連記事:

川上量生×GOROmanが語る「VRとAIがもたらす最適化された世界」とは?──仮想現実がディストピアになるほど人類は幸福になる!

夫(社長)の反対を押し切りVR筐体を開発!? 異例の社内ベンチャー設立経緯から世界平和の野望まで、“名物夫人(会長)”のゲームへの深い愛【コーエーテクモ:襟川恵子インタビュー】

ライター
コスプレ雑誌の編集部を経て、電ファミ初の女性スタッフとなった編集者。乙女ゲームと育成ゲームをこよなく愛し、BLゲームを嗜んでいる。2.5次元舞台の観劇とコスプレ撮影が趣味。アニメに影響されフィギュアスケートを習っている。
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ