4人で協力して剣でネズミの大群を討伐。『L4D』の流れを汲む一人称視点の剣戟アクション『Vermintide 2』PS4版がリリース決定

 ソニー・インタラクティブエンターテインメントは、スウェーデンのFatsharkが開発するマルチプレイ協力アクションゲーム『Warhammer:Vermintide 2』のPlayStation 4版を12月18日に発売することを海外向けに発表した。

 本編発売に先駆け、ベータテストの開始もアナウンスされている。日本での発売については未発表だ。

 現時点でベータテストへの参加は『Warhammer: Vermintide 2 – Ultimate Edition Pre Order』を購入することが唯一の方法となる。『Ultimate Edition』には、ほかにも製品版への3日間の先行アクセス権や、先日発表された「Back to Ubersreik」を含めた2種類のDLCなども含まれる。

 ベータテスト向けのページもオープンしている。ベータテストは3種類のマップを遊ぶことができ、キャラクターの成長などの進行度は製品版に引き継げる。


(画像は『Warhammer:Vermintide 2』PSストアより)

(画像は『Warhammer:Vermintide 2』PSストアより)

 『Warhammer:Vermintide 2』は4人協力プレイ(Co-op)を主眼においており、視点は一人称視点となっている。銃も登場するが、射撃ではなく近接戦闘を大きくフィーチャーしている。俗にFirst Person Melee(FPM)と呼ばれるジャンルだ。

 オールドワールドと呼ばれるファンタジー世界を舞台にしたミニチュアゲーム「Warhammer Fantasy Battles」をベースにした世界観で、前作『Warhammer: End Times – Vermintide』に引き続き、世界の終わりである「The End Times」の時代に起きる動乱を戦い抜く。主人公となる5人の英雄には、それぞれに3つのサブクラスが用意されており、プレイヤーはその中から自分だけの英雄を育てる。

 ゲームのモットーは「Fight together or die alone.」(ともに戦うか、ひとりで死ぬか)とされており、その言葉が指す通り協力し合わなければクリアは難しい。ノーマルでも油断は許されない難易度になっている。『Left 4 Dead』から強い影響を受けており、同じく主人公パーティは常に4名で固定されており、プレイヤーが参加していない場合はAIが操作するNPCが参戦する。


(画像は『Warhammer:Vermintide 2』PSストアより)

(画像は『Warhammer:Vermintide 2』PSストアより)

 PCでは2018年3月に、Xbox Oneでは7月に発売された『Warhammer:Vermintide 2』。どちらも日本語には対応していないが、4人で協力し近接武器を中心に戦う一人称視点アクションはほかにあまり例を見ない。PlayStation 4版も日本での発売は未定だが、気になる方はさらなる続報を待ってほしい。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

地獄のような地下施設でモンスターと戦う4人協力シューター『GTFO』新映像が公開。元『PAYDAY』開発陣が送るハードコアなCoop FPS 2018年9月4日 18:58

プラモ愛が高まりすぎたゲーマー、遂にリアルで戦闘開始する→大量の資金を遣い、コトブキヤ社員を巻き込んで自作ミニチュアゲームで決戦【写真あり】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ