ローグライクだけどそうじゃない。育成と強化が中心のハクスラRPG『貪欲な洞窟』に続編登場【レビュー:The Greedy Cave 2】

 見ためはローグライクRPGなのに、レベル上げと装備の強化で進めていく、日本でも人気になった中国製のスマホゲーム『The Greedy Cave(貪欲な洞窟)』
 グラフィックを大幅に強化した、その続編が登場しました。
 『The Greedy Cave 2: Time Gate』です。

 入るたびに変化する自動生成のダンジョンを、アイテムを駆使しながら突破していく──いかにもローグライクのようなゲームですが、敵は動かず、戦闘は交互に攻撃を繰り返すターン制のオートバトル。
 ダンジョンから出るとレベルが戻るということもなく、先に進めるかどうかは育成と装備にかかっているという、普通のRPGとローグライクの中間のような作品です。

 そのため、既存のローグライクRPGを考えてプレイすると拍子抜けすると思いますが、ローグライク特有の敷居の高さもありません。
 “育成によって着実に強くなれる”という取っ付きやすいスタイルなので、前作は日本でも長く人気を保っていました。

 その続編となる今作は、グラフィックが大幅にパワーアップ。
 3D化されたその外観は「ヒットしたらゲームはこんなに変わるのか」と思うほど。

 一方でゲーム内容は前作をそのまま踏襲していて、「正統進化」といったところ。
 見た目の変わりっぷりを考えると、内容はむしろ変わってないっぷりに驚きます。
 それはそれで前作のプレイヤーなら、違和感なく遊ぶことができるでしょう。

 アプリ本体は無料。課金はありますが必須とは言えません。
 スタミナはなく、広告もなし。無課金でもストレスなく楽しめます。
 現時点(1/20)では正規版はiOSのみで、Androidではベータテスト版しか公開されていません。
 プレイは可能なようですが、動作保証はないので悪しからず。

 マルチプレイがあるためか、常にサーバーと通信していて、通信できない環境では遊べないので注意してください。

 ランダム生成のダンジョンを探索し、敵と戦い、アイテムを集め、次のフロアを目指します。
 操作は画面をスライドか、移動したい場所をタップ。
 どちらの方法でも移動でき、操作性はかなり良好です。

 前述したように、このゲームの敵は動きません。
 接すると戦闘になりますが、戦いたくないなら真横を素通りしていくことができます。
 おかげでローグライクらしいテクニックや思考性はありませんが、難解な攻略を習得しなくても遊ぶことができます。
 「カジュアルにローグっぽいものを楽しめる作品」と言えるでしょうか。

 ただし、戦略的な要素がまったくないわけではありません。
 このゲームは町に生還するのに「Escape Scroll」(脱出の巻物)が必要で、もし生還できずに死んでしまうと、ダンジョンに入る前の状態に戻されてしまいます。

 よって、まずは脱出の巻物を確保しなければならないのですが、これは壷の中にしか入っておらず、しかしダンジョン内に壷はそれほど多くありません。

 そのため、ダンジョンに入ったらまず、敵との戦闘をできるだけ回避しつつ、壷探しを優先する必要があります。
 ここで欲を出して宝箱などを取ろうとして敵と戦いすぎ、巻物が見つからないままHPが尽きてしまうと、その回の冒険は「なかったこと」にされてしまいます。
 敵の数はかなり多いため、十分に成長していない限り、すべての敵を倒して突き進むのは無理です。

 脱出の巻物さえ確保できれば、いつでも生還できるので安心して探険できます。
 そうなるまでは、慎重に行動する。
 これは前作から続く「貪欲な洞窟」の重要なルールなので覚えておきましょう。

まずはこの「壷」を探すことからはじめること!
ただし、壷から必ず脱出の巻物が見つかるわけではないので悪しからず。
チュートリアルで習得する“緑色のパン”のようなスキルは回復魔法で、序盤の生命線となります。
画面右上にミニマップがありますが、タップすると大きなマップ確認できます。
オートマッピング形式ですが、目のマークの巻物(Vision Scroll)を使うとフロア全体が明らかになります。
なお、マップには表示されない隠し部屋があることも……。
もし壁がキラキラしていたら触れてみましょう。

 戦闘はオートで進行しますが、ボタンで逃げたり、薬を使って回復することができます。
 レベルが上がってスキルを習得すれば、特殊攻撃や防御を行うことも可能に。
 でも基本的にザコ戦は、見ているだけでOKですね。

 スキルは片手剣用、両手剣用、杖用、冒険用にわかれていて、片手剣のスキルは両手剣や杖では使えません。
 スキルポイントは貴重なので、武器スキルはどれかひとつに絞って習得していくことになります。

 また、同レベルのスキルは択一になっていて、一方を習得すると、もう一方は選べません。
 たとえば両手剣の最初のスキルは「Armor Penetration」(アーマー破壊。1.35倍ダメージ+敵の防御が10秒間25%減少)と「Giant Strength」(2倍ダメージ)のふたつがありますが、覚えられるのはどちらかひとつです。

 ただ、紫色の薬(Water of Forgetting)があれば、スキル習得をリセットできます。
 ゲーム序盤はこれをいくつかもらえるので、イマイチだと思ったら他のスキルに乗り換えることも可能。
 課金通貨でも買えるので(約170円分)、ミスったら取り返しがつかないというわけではありません。

スキル画面。これは片手剣のスキルツリー。左から順番に習得していきます。
下部にあるのは冒険用のスキルで、戦闘時以外に使用します。
スキルには常時効果の「Passive」と、任意使用の「Positive」がありますが、どちらも頭文字が「P」で紛らわしい……。
戦闘時に使うスキルを習得すると、画面右下に使用ボタンが現れるようになります。
町の様子。他のプレイヤーの姿が表示されていて、MMORPGのような雰囲気です。
ダンジョンには泉にも見える、中央の大穴から向かいます。
大きな箱は保管箱で、アイテムを収納できます。バッグや保管箱のスペースは、カギの付いた枠をタップすることで魔石(課金通貨)を使って拡張できます。
ミッション(Task)の達成報酬は大きな掲示板、および左下にいるイベント報告人のところで受け取ります。
食堂の食べ物は次の冒険の経験値やゴールド入手量を増やすもの。
鍛冶屋では装備合成による強化や、付いている効果の付け直し、設計図を使っての装備生成ができますが、ある程度ゲームが進んでからでないと利用できません。
町の右下には採掘屋があって、定期的にゴールドを回収できるのでお見逃しなく。
ルーレットは1日1回、フリックで回せます。

 このゲームはハック&スラッシュ(物語より、敵を倒して経験値を稼ぎつつ、レアアイテムを収集するのがメインのゲーム)であり、より良い装備を集めることが重要になります。

 装備は片手剣(盾付き)・両手剣・杖の三種の武器と、兜・小手・肩当て・鎧・具足・指輪・首輪の七種類の防具があり、種類が豊富。
 すべての装備には基本性能の他に、レアリティの数だけの追加性能があり、さらに強化素材による付与効果と、ルーンの装着スロットがあって、基本性能以外はすべてランダム。

 素材による強化(エンチャント)は作業テーブルで実行でき、素材が持つ効果をひとつだけ装備に追加できます。
 テーブルと素材も、主にダンジョンの中で見つけます。

 ただし背景が薄黄色のノーマル装備と、青色のシルバー装備は、町に帰還する際になくなってしまいます。
 脱出時に保持できるのはゴールド装備か、それより上のオレンジの装備のみ。
 シルバー以下はその冒険でしか使えません。

 しかしダンジョンを探索中、フードを着た羽の生えた石像が見つかることがあります。
 これは「錬金術の像」で、これを使うとひとつだけ、シルバー以下の装備をゴールドにすることができます。
 ゴールド装備がそろっていない序盤は、この石像を見つけて必要な装備を持ち帰れるようにすることが目標となるでしょう。

エンチャントテーブルでの素材を使っての効果付与。実行時にはMPを消費。
素材にはふたつの効果があり、異なる3つの素材を投入すると、合計6つの効果が付与候補となりますが、装備に備わるのはどれかひとつだけ。
たくさんの素材を費やしても、色々な効果が付くわけではありません。
すでに付与がある装備に、さらに付与を行うと上書きになります。
なお、最初のボスを打倒すれば、町で「ルーン」を装着しての強化も行えるようになります。
こちらは装備をゴールドに変える錬金術の石像。
最初は装備が全然ないので、これで恒久的に使える装備を集めるのが重要になります。
錬金術の実行時には、追加性能がひとつ付きます。
装備以外に、素材アイテムをゴールドにして持ち帰ることも可能。
10階ごとにダンジョン内のショップに行くことができます。
ゴールドでない装備やアイテムは脱出時に消えてしまいますが、ここまで辿り着くことができれば、売ってお金に変えられます。
よって10階踏破がひとつの目標になりますね。
そしてボス戦! これは二体目のボス。火炎放射で画面が派手に炎上!
ボスはかなり手強く、最初に辿り着いた時点で勝てるような強さではありません。
しばらくは育成と強化が必要で、挑むときには薬などの用意も必要です。

 いくつかローグライク的なルールがありますが、割と一般のダンジョン探索RPGに近いスタイルで楽しめるゲーム。
 それをもっとスピーディーに、そしてハクスラ要素を強くした感じです。

 地道な経験値稼ぎが必要になりますが、長く楽しめそうな作品で、焦らずプレイするのが良いでしょう。
 今の時点(2019/1/20)ではメッセージは英語ですが、プレイするうえで困ることはほとんどありません。
 グラフィックやサウンド、演出なども良いです。

 無料で手軽に楽しめるハクスラRPGとして、おすすめできる作品です。

The Greedy Cave 2: Time Gate

ローグライク風だが育成と強化が中心のハクスラRPG

(画像はThe Greedy Cave 2: Time Gate – Google Playより)

・見下ろし型ダンジョン探索RPG
・AvalonGames(中国)
・本体無料、課金あり

文/カムライターオ

【あわせて読みたい】

「不思議のダンジョン」の絶妙なゲームバランスは、たった一枚のエクセルから生み出されている!? スパイク・チュンソフト中村光一氏と長畑成一郎氏が語るゲームの「編集」

ローグライクを日本でポピュラーなものにしたゲーム『不思議のダンジョン』シリーズを手がけてきた、スパイク・チュンソフトの中村光一会長とディレクターである長畑成一郎氏に話を聞いた。

関連記事:

ふたつの名作パズル『Threes!』と『Imbroglio』を足して、ますます独創的で奇妙になったような“ローグライク風パズル”【レビュー:Twinfold】

デッキ構築ローグライク『Slay the Spire』1月23日に正式リリース。デッキを改良し不確定要素だらけのダンジョンを知恵と運を頼りに戦い抜く

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ