6桁の番号から生成される“世にも奇妙な世界”を少女が彷徨う……話題のホラーアドベンチャーは、大型アップデートでボリューム不足を解消できたか【レビュー:Strange Telephone】

 「おかけになった電話番号は現在、奇妙な世界に繋がっております……。」

 6桁の電話番号で生成される、不気味で小さな、壊れた世界を放浪して回る、ホラーのショートアドベンチャーゲーム『Strange Telephone』
 2017年にiOS/Androidで公開され、各メディアで絶賛されたこの作品が、先日大型アップデートが行われ、PCでの公開もはじまりました。

 このゲームは、以前「iPhone AC」でレビューしたのですが…… そのときは酷評しました。
 「300万通り」と謳われていた世界は似たようなものばかりで、実際にはほんの数パターンの組み合わせしかなく、内容も意外とあっさり。
 底なし沼のようなゲームかと思いきや、ボリュームがなさ過ぎて、あまりにも浅かったのです。

 当初は賞賛するメディアが多く、ストアで特集を組まれたりしていましたが、ユーザーの評価には批判も多く、意見の乖離が激しい作品だった印象があります。

 その状況を目の当たりにしてか、発売から程なくして開発者さんがボリューム拡大のアップデートを告知。
 当初「年内」といわれていたそのアップデートは、結局2年近くの月日を要し…… 先日、ようやく公開に至りました。

 正直、まだボリュームは多いとはいえません。むしろ少ない。
 アップデート後でも「ショート作品」や「ミニアドベンチャー」といったところです。
 ただ、ゲームを遊びやすくする改修も行われていて、むしろそれがアップデートのメインという印象です。

 ともあれ、メディアに頻繁に取り上げられる作品ですので、改めてバージョンアップ版をレビューしておこうと思います。
 価格はiOS/Android版は480円。Steam/Playism版は498円。
 買い切りゲームなので広告やスタミナはありません。課金は作者支援のカンパのみです。

 「目を覚ます」と、「ジル」と呼ばれる少女が大きな扉の前に立っています。
 世界のどこかにある「鍵」を見つけ、この扉から脱出するのが目標。
 とりあえず、扉の左にある「太陽のランタン」を取りましょう。
 これがないと、この不安定な世界を見渡すことはできません。

 少女の近くには「グラハム」と呼ばれる電話機が浮遊していて、受話器のボタンを押して6桁の番号をダイヤルすると、別の世界に移動します。
 世界はこの番号によって生成されており、同じ番号にかければ同じ世界に行くことができます。

 各世界は1画面ほどの小さなもの。
 多くの目がこちらを見つめる不気味な世界もあれば、幾何学的な図形が浮いている意味不明な空間、研究室や森といったさまざまな世界があり、奇妙な植物や家具などが置かれています。

 まあ、実際のところは「さまざま」というほど多様ではなく、いくつかのパターンの背景にオブジェが不規則に配置されている形で、割と短時間で一通り確認することができるでしょう。
 ただ、初期バージョンよりはオブジェや背景は増えています。

 いくつかのオブジェからはアイテムを得られます。
 切れ味の良い鉈(ナタ)、水をやることができる如雨露(ジョウロ)、遠くをのぞける望遠鏡など……。
 枯れた花に水をやったり、植物をナタで切ったりすれば、何かの変化が生じて、新たなアイテムを得られるかもしれません。
 そうやって奇妙な世界から脱出する方法や、散りばめられた結末を探します。

ダイヤル画面。いや、今どきダイヤルとは言わないのでしょうか?
「*」や「#」もナンバーの扱いで、組合わせは12の6乗で298万5984通り。
と言っても、そのすべてを巡らなければならない訳ではありません。
アイテム画面。左下にある青いボタンを押すと表示されます。
2ページ分あって、右下のボタンで切り替えられるのでお見逃しなく。
意外なものが、予測できないものに反応したりするので、総当たりするつもりで色々使ってみましょう。

 電話をかけた先の世界に滞在していると、徐々にノイズが酷くなり、世界が歪んでいきます。
 この歪み具合(Glitch)は画面左上に数値でも示されています。
 そして歪みが最大に達してしまうと…… 物語はバッドエンドを迎えます。
 その前に電話を切って、扉の部屋に戻らなければなりません。

 この「Glitch」の仕様は、アップデートで大きく変更されました。
 初期版は電話をかけて世界を移動するたびにGlitchが増え、それを減らす方法はありませんでした。
 よって電話をかけられる回数は限られていて、その回数以内でエンディングに到達できないと、強制的にゲームオーバー。

 しかしアップデート後は、電話を切れば、Glitchはリセットされます。
 突発的な幕切れにならない限り、プレイヤーは望むままに放浪を続けられます。
 また、世界の端に移動すると、となりの世界(ダイヤルの数値がひとつ違う世界)に移動できるようになり、一回のダイヤルで複数の世界を見て回れるようになりました。

 さらに嬉しいのが「電話帳」の追加。
 このゲームはどのナンバーの世界に何があるのか、メモをすることが必須です。
 初期バージョンは移動回数が限られていたため、なおさらメモしないとクリア不可能でした。

 しかし現バージョンはダイヤル画面に電話帳のボタンがあり、これをタップするとナンバーを保存できます。
 保存した番号は扉の右にある電話帳で再びかけることができ、もう自力で紙などにメモをする必要はなくなりました。

 ナンバーを入力するだけで移動先の世界にどんなオブジェがあるのか確認できる「サーチデバイス」というアイテムも、はじまってすぐに入手のヒントを得られるようになっています。

アップデートで追加されたお菓子の世界。しかし滞在していると世界はどんどん歪んでいく。
左上の数値が5に達すると終わりなので、4になったら右下の受話器のボタンで電話を切りましょう。
現バージョンは電話さえ切れば、歪みは治ります。
月とウサギと竹林。ほとんどの世界は不気味ですが、こうした美しい場所もあります。
そういえば竹は、とある発明品に活用されたことで有名ですが……。

 「世界観の浅さ」の指摘があったためか、メニューに「書庫」が追加され、確認済みのオブジェクトの解説を見られるようにもなりました。
 初期版はどのオブジェを調べても、ほとんど「……。」しか表示されていなかったのですが、これも何らかのメッセージが返ってくるようになっています。

 エンディングもスタッフロールのあるメインエンドの他に、いくつか特殊なものが追加されていて、ゲームに広がりを与えています。

 ただ問題は、この追加されたエンディングのひとつ。
 ネタバレになりますが、「酷い」と思ったのであえて言ってしまうと…… 最後のものは隠しエンディングに近く、特定のナンバーに電話をしないと達成できません。
 ところが、そのナンバーをゲーム中に知ることはできません。

 ではどうするのか?
 ゲーム外の「ネット上で」見つける必要があります。

 つまり、すべてのエンディングを見ようとしても、それを知らずにゲームをひたすらやっていると、永久に無駄な努力を続けるハメになってしまいます。
 ググって調べないと完結しない。

 ゲーム外にヒントがあるトリックは『Playdead’s INSIDE』など、他のゲームにもありましたが、そちらは隠しエンディングの存在が文字通り「隠されていた」から、問題はありませんでした。
 しかしこちらは、ゲーム開始前の画面に到達/未到達のエンディングの種類を示す表示があり、そこにこの隠しエンディングの分も含まれています。
 つまり、そのエンディングの存在は最初から示唆されており、完全クリアを目指すプレイヤーは、そのままゲームを続けてしまうでしょう。
 偶然そこに到達するには、300万分の1の世界を見つけるしかないというのに……。

 そもそもアドベンチャーゲームなんて今のご時世、ググった時点ですべて明らかになってしまいます。
 それをせず、あえて自力で解こうとしている人にとって「ググらせること」が必須とは、なんとも悲しいではありませんか……。

ゲーム開始前の画面。ここにあるQRコードのようなものが、エンディングの種類と到達状況を示しています。
バッドエンドもエンディングのひとつ。
なお、新しいデータでゲームをリスタートしても、エンディングの達成状況は保存されたままです。

 全体としては遊びやすくなっていて、“完成された”という印象です。
 初期版は難しすぎるうえに、すぐに終わっていたので、「意味不明なゲーム」という感想の人が多かったと思いますが、アップデート後は普通にショートアドベンチャーとして楽しめ、謎解きも行うことができるでしょう。

 過剰な期待…… たとえば『ゆめにっき』並のボリュームと不気味さを求めたりせずにプレイするのであれば、楽しめる…… というか、雰囲気を味わえるゲームだと思います。

 昨今、『ゆめにっき』の他にも『INSIDE』『Anodyne』『The Binding of Isaac』などの「狂気」をはらんだゲームが登場し、特にネットユーザーから賞賛されていますが……。
 このゲームはそこまでいかない、適度な奇妙さを可愛いキャラで手軽に楽しむ、もっとライトな作品です。
 それはそれで、この作品の魅力でしょう。

Strange Telephone

番号で生成される奇妙な世界を旅するショートストーリー

(画像はStrange Telephone – AppStoreより)

・アドベンチャー
・HZ3 Software(日本、個人)
・iOS/Android 480円、Steam/Playism 498円

文/カムライターオ

【あわせて読みたい】

ホラゲにゲームデザインの常識は通用しない!? Jホラーゲームの第一人者『零』×『SIREN』開発者が語り合うホラーの摩訶不思議(柴田誠×外山圭一郎)【ゲームの企画書第八回】

『サイレントヒル』や『SIREN』の開発者・外山圭一郎氏と『零』シリーズの開発者・柴田誠氏に、ホラーゲームについて語っていただいた。外山氏が数年かけて製作したという『SIREN』タイムテーブルと、柴田氏による初代『零』の企画書も公開。

関連記事:

“『バイオハザード』らしさ”とはなんなのか? 20年の時を経て甦った傑作、リメイク版『バイオ2』を通じて考える

【ロメロ追悼】「ゾンビ」がなければ、現在のゲームはなかった――ゲーム史に最も影響を与えた監督の訃報に思う…ゾンビとゲームの幸福な関係:「なんでゲームは面白い?」第十回

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧